« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

ニコンD80

ニコンD80をかなり衝動的に買ってしまいました。レンズは1本で殆どカバーできると思って、SIGMA28-300MACROにしました。が、これって重たいですね。山に持っていくのはかなり辛いかな、”しまったかな”とちょっと思っています。それDsc_00470004 で、早速カメラを持って「四季の森公園」に行って来ました。池にカワセミがいて、カメラマンが沢山、超望遠レンズを構えていました。私もその中に混じってみましたが、さすがカワセミは300mmでは辛いでしょうか。菖蒲が咲きそろっていました。草原でネジバナを見つけました。アジサイも咲いていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネパールからの報告

ネパールの言葉の勉強するために、現地の大学に行きそしてその後も日本とネパール(キルティブール)を年に何回か往復をしている、知人(女性)がいます。ネP5200042 パールに行っているときには彼女から、メイルで現地からレポートが送られてきます。その中で、5月の下旬に送られてきたお釈迦様の聖誕祭にかかわるレポートを引用させてもらいます。

続きを読む "ネパールからの報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境川

14日(土) 二日続きの梅雨の晴れ間に、自転車で境川に沿って町田まで行ってきました。ポタリングというのだそうです。境川というと以前は汚れた川の代表のように思っていましたが、今はかなりきれいになった感じがします。川の中の岩の上で日光浴をしている鴨の子供や、甲羅干しをしている亀、水の中で泳ぐ鯉などが見られました。帰りは、自然観察園があるということで、忠生公園に寄ってみました。季節のせいか、特に興味のあるものはなかったです。往復3時間弱のポタリング。家に帰り着いた頃には、足の腿が結構張ってきていました。いつか江ノ島まで行きたいと思っているのですが、大丈夫かな。Img_17450001

Img_17470003

Img_17480004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野川

13日(金)  野川公園に行ってきました。自然観察園の中ではコウゾリナ、  ホタルブクロ、ウツボグサその他名前の知らない花が見られました。暫く観察した後、野川沿いを丸山橋まで行き、武蔵小金井の駅まで歩きました。川原ではムラサキツメクサや、イヌホウズキなどが見られました。ただ、川のすぐ脇は草がだいぶ被ってきていてちょっと歩 きにくかったです。

Dscn90650001_2

Dscn90700002_2

Dscn90730003_3

ウツボグサのウツボって、矢をさして、背に背負う道具のことだそうです。Dscn90820004_2

Dscn90890006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中尾根~大洞山~大沢山

10日が、五月晴れ(梅雨の晴れ間をこういうそうです)になるという予報で、前日かなりDscn90120001焦ってGBで見つけた、笹子~中尾根~大洞山~大沢山~笹子を歩いてきました。平日のせいかあるいはそういうコースなのか山の中ではまったく人に会わず、ブナやミズナラの自然林に囲まれた静かな尾根歩きが楽しめました。現役バリバリの友人に羨ましがられましたが、天気を見ながら平日に山へ行けるのが嬉しいです。

続きを読む "中尾根~大洞山~大沢山"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引地川

Dscn89970001 6月6日の金曜日は、職場時代の仲間と茅ヶ崎で飲み会がありました。それで4月に湘南台で切り上げた引地川の源流から鵠沼海岸までの全流域のウオーキングに行くことにした。舗装された固い道を歩くのはちょっと不安だが、何とかなるかな。右サイドバーにアルバムを追加しました。こちらも見てください。

続きを読む "引地川"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地本願寺

築地本願寺に行ってきました。築地本願寺ってなんとなく木が沢山あImg_17170001 る敷地の中のお寺を想像していたのですが、まったく違っていました。敷地内の空地は駐車場になっていて樹木はほとんどありません。建物も我々が見慣れている日本のお寺という感じではありませんでした。ウエブによると、関東大震災で今までの建物が崩壊してしまったため、東京(帝国)大学の先生の設計で再建し、1934年に落成した古代インド様式の建物だそうです。ステンドグラスがあったり、本堂の中にパイプオルガンがあったりで、私たちがもっている伝統仏教のお寺のイメージとはかなり違っていました。定期的にパイプオルガンのコンサートも開かれているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »