« 四国・高越山 7月13日 | トップページ | 北アルプス・氷河公園7.31~8.2 »

荒船山 08.7.19

荒船山に行ってきました。やはり遠いです。梅雨明けがあったようで、猛烈暑かったです。あの独特の山容は、山の中では全く感じられませんでした。北側・内山峠Dsc_00990001 のほうからから登ると感じられるのかな。三ツ瀬から登る人がいないのは、そのためでしょうか。全く展望のない山でちょっとがっかりでした。

三ツ瀬(9:509:55)-相沢登山口(10:30)-中の宮(11:1511:25)-内山峠分岐(12:05)―経塚山(12:3512:55)-星尾峠(13:1513:25)-艫(トモ)(13:4513:55)-相沢登山口(14:4014:45)-三ツ瀬(15:2515:48)

 やはり、遠い。バスを降りて歩き始めるまで、途中連絡の悪いこともあったが家を出てから、5時間30分かかった。バス停には、荒船山まで2時間という標識があったが、この荒船山ってどこのことだろうか。一番高いのは経塚山だが、そこまで2時間は辛いだろうなという感じ。舗装道路を30分ほど行くと相沢の集落。相沢川を渡りさらに少し行くと登山口の標識があり、右へ自動車道を離れて登山道に入る。熊の生息場所だから気をつけるようにという看板があったので、鈴をつけようと探したら、ない。ポーチから出して、そのままにしてしまったようだ。ないと余計気になる。気休めかなと思ったが、咳払いをしたり、鍵束を鳴らしながら歩く。沢から離れ、しばらくで尾根にのった。自然林と人工林が交互にでてくる、日陰の道を高度を稼ぎながら登っていく。登山道はいつか尾根を離れ、沢の近くを歩くようになった。中の宮で水場があったので、今日初めての一本を取る。人気の山かと思ったが、まったく人に会わない。白い花が落ちていたので周囲を見渡したが、杉林の中でそれらしい木はない。遠くから飛んできたのだろうか。1000mを過ぎたころから、空気がなんとなく涼しく感じるようになった。急な斜面にジグザグつけられた単調な道を上がっていく。3人パーティーを追い越した。倒木を何本か越えていくと、木が少なくなり下草が増えてきてやがて尾根に出た。内山峠からの尾根に出たのかとちょっと期待したが、残念ながら違った。ここからしばらく急登が続く。エアリアに胸突き八丁と書かれていたのがここのようだ。やがて木製の階段が出てきてパイプのガードレイルが設置されている急な登りに息を切らせてから、傾斜が緩くなると内山峠に分岐する尾根に出た。トモ岩200mの標識があったが、時間に余裕がないので、先を急ぐ。ここから、さらにきれいな山道になった。少し行くと尾根なのに水が流れていて、なんか不思議。自然林の中の展望のない平らな道を進む。ここからは、いくつかのパーティーに会った。10人以上の大パーティーもいた。いつものことながら、そんなに大勢で山を歩いておもしろいのか、自分にはまったく理解できない。内山峠に車をおいて経塚山を往復するという歩き方が多いのだろうか。バスで入山するハイカーはいないのかな。星尾への分岐を過ぎて10分ほど登ると今日の最高点の経塚山。木に囲まれて展望はない。わずかに西側に木の間から山が見えた。トモ岩に行かなかったことが後悔された。風が心地よく、汗で濡れた体には肌寒くさえ感じられた。星尾への分岐に戻り、急な下りを行く。星尾峠では、荒船不動尊に行く道は台風の影響で崩れていて歩けない旨の看板があったが、星尾方向については特に注意はなかった。それで先に進んだが、少し行くと崩れているようで、道が消えてしまっている。時間があればいろいろ試してみるのだが、今日は余裕がない。トモ岩に行って来いということかと理解して星尾方面に行くことは諦めて、来た道を引き返すことにした。トモ岩は、すとんと落ちた岩場で、遠くから荒船山を見るときの特異の山容はここをみているのだろうか。北側の展望が開けているが、靄がかかって遠くの山は見えない。それでも浅間山や妙義山などを見ることができた。今日唯一の展望だ。分岐に戻り、登山口まで一気に下る。バスの時間には余裕で間に合うことが確認できたので、水を飲み、服を着替える。ここからバス停まで花の写真を撮ったりしながらゆっくりと歩く。三ツ瀬からのバスは朝と同じ運転手だった。終点の下仁田まで結局自分一人。土日は空気を運ぶだけのことのほうが多いのかな。バスには両替機がなくて、朝は本来400円の料金を有小銭全部で200円しか払えなかった。駅でも、運転手が両替してもらえるところを探し回ってやっと朝の分と合わせて正規の運賃を払うことができた。下仁田の駅前に土産物屋があり、地ビールのポスターが貼ってあった。悪魔の声が「バイクを乗るまでには3時間くらいあるし、万が一捕まってももう退職金はもらっているからどうってことないよ。」と囁く。かなり戦った末、悪魔の誘惑に負けずお茶を買って、のどの渇きを癒して我慢した。家に帰り、入浴後のビールが美味かった。

|

« 四国・高越山 7月13日 | トップページ | 北アルプス・氷河公園7.31~8.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒船山 08.7.19:

« 四国・高越山 7月13日 | トップページ | 北アルプス・氷河公園7.31~8.2 »