« 座間キャンプ周辺ぐるっと一周 2008.10.13 | トップページ | 愛鷹山・黒岳 08.10.19 »

天子山塊・雪見岳、熊森山 08.10.18

高校山岳部の創部60周年の記念式典が富士山の裾野であり、Dc10191250001 同じ山岳部出身で、やはり式典に出席する友人から、その前に天子山塊の藪尾根を歩こうと誘われました。雪見岳の東尾根から、毛無山から長者ヶ岳への尾根に上がり、熊森山から五宗山を往復するプランです。雪見岳の東尾根が笹藪が濃くて時間と体力を消耗してしまい、残念ながら五宗山は宿題に残してしまいました。富士山の南側からの日の出が見られました。トリカブトや、リンドウ、ノギクなどの花も楽しめました。

○ 天子山塊・雪見岳、熊森山 2008.10.9(土) 晴

  駐車場所(5:35)-1115(6:30)-雪見岳(8:358:50)-猪之頭峠(9:10)-熊森山(9:359:50)-湧水峠(10:25)-1373(10:4510:55)-951.2(12:00)-車道(12:25)-駐車場所(1335)

前日の夜、毛無山登山口の駐車場にテントを張って宿泊。翌朝富士宮道路の朝霧グリーンパーク入口の富士宮方面へのすぐ先にあるコンビニの、反対側に入る。東海道自然報道に合流するすぐ手前に車を停めて、歩き始める。自然歩道を左に向かい、しばらく行って自然歩道の標識が立っているすぐ手前で右に入る。住宅の前を過ぎると道が消える。杉林の中に入り微かな踏み跡をたどってしばらく山裾を進む。やがて尾根が近付いてきたので、尾根に向かって上がることにする。杉林の中には、獣道なのか、仕事のためのものか踏み跡が縦横についている。歩きやすい踏み跡を拾って尾根に向かって登っていく。やがて尾根に乗ると反対側は自然林になっていた。しばらくして、両側とも自然林になった。急傾斜の尾根をしばらく上がり、その傾斜が緩んで、杉林が出てくると1115のコブ。コブを越えたあたりにはトリカブトが咲いていた。微かながら踏み跡は続いている。1207の登りにかかる頃から結構濃い笹藪が出てきた。踏み跡を外すとかなり大変なことになる。そんな笹籔と格闘している間に1207は気付かずに通り過ぎてしまった。笹藪を抜けてほっとするが、しばらくするとまた出てくる。そんなことを繰り返しながら、高度を稼いでいく。1500からの急な傾斜を登り、その傾斜が緩むと、毛無山から長者ヶ岳に通じる尾根に出た。尾根上には、雪見岳と書かれ右方向が毛無山、左方向が長者ヶ岳を示す道標が立てられていた。この尾根も藪の尾根だと想像していたが、立派な道標が設置され、道形もしっかりしているのにちょっとびっくりした。少し南方向に行ったところが道標の設置されているところより高そうなので、そこまで行って今日初めての一本を取る。ここからは主尾根を南方向に進む。かなり急傾斜の尾根を猪之頭峠まで標高差200m余を一Dc1019250002気に下る。途中東側の展望が開けるところがあり、靄の中に富士山が見えた。峠の上には、林道を示す標識が立てられていた。エアリアを見ると確かに峠の上を林道が通っている。峠を横切る登山道は、林道の扱いになっているのだろうか。ここから急傾斜の尾根道を熊森山に登り返す。既に紅葉し始めた気の早い数枚の葉が、展望のきかない尾根歩きの中で目を楽しませてくれる。熊森山から五宗山を往復する計画 をしていたが、雪見山の登りでの笹ヤブとの格闘で、予定より時間と体力を使ってしまったので、次回の楽しみに残しておいた。熊森山の頂上は、展望はないが、自然林に囲まれ良い雰囲気だ。熊森山からの下りも急傾斜。アップダウンの激しい尾根だ。湧水 峠に降り立ち、小さなこぶを超えると高圧線鉄塔。ここからは、西Dc1019490003_2 側の展望が開け、七面山や十枚山を望むことができた。1373で主尾根から離れ、東方向に下りて行く尾根に入る。鉄塔の巡視路になっているようで、下の鉄塔まではしっかりした道形が付いていた。鉄塔から南東方向に下りて行く巡視路と別れ東方向への尾根に入る。分岐してからしばらくは灌木の藪で歩きにくい。尾根が分岐する地点では、慎重に方向を見極め、三角点のある951.2に。地形図には北西の方向に登山道が記載されているが、見つけられなかったので、北東方向の尾根を下ることにした。最近は手入れしていなさそうな人工林の中を下って行くと、20分ほどで涸れた沢に降り立つ。沢を渡り少し上がると平坦な草原に出て、そのすぐ先には人家があった。車道をしばらく歩き、東海自然歩道に合流してからは、自然歩道を行く。今朝、雪見山の尾根に取りついた地点への分岐を過ぎ、やがて駐車場所へ。

|

« 座間キャンプ周辺ぐるっと一周 2008.10.13 | トップページ | 愛鷹山・黒岳 08.10.19 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天子山塊・雪見岳、熊森山 08.10.18:

« 座間キャンプ周辺ぐるっと一周 2008.10.13 | トップページ | 愛鷹山・黒岳 08.10.19 »