« 北海道への山旅 08.9.25~27 | トップページ | 日野・豊田 08.10.3 »

御坂・毛無山東尾根 08.10.2

Dsc_01080002_2 御坂の山が続いていますが、今回は毛無山の東尾根を歩いてきました。快晴の天気で、ほぼ1日富士山の展望が楽しめました。また、毛無山の東尾根は尾根の分岐が何箇所かあり、地図読みが楽しめる尾根でした。藪尾根歩きや、富士山の展望が楽しめる季節になりました。

○ 御坂・毛無山東尾根~大石峠 2008.10.2(木) 快晴

富士吉田(7:077:15)=真如苑前(7:407:45)-950圏(8:10)-1053.(9:059:10)-淵坂峠(9:35)-毛無山(10:2510:35)-キレット(11:20)-十二ヶ岳(11:40)-金山(12:15)-節刀ヶ岳(12:2512:40)-大石峠(13:15)-大石プチペンション村(14:1014:33)=河口湖(15:0015:10)=大月(15:5016:20)

 富士吉田の駅から、頭を白くした富士山が良く見える。今日は富士山の展望が期待できそうだ。雨が上がってからあまり時間がたっていないのか、ベンチが濡れている。ブッシュの中を歩くと濡れてしまうかな。バスに乗って経路図を見ると、報告に書かれた「吉原」というバス停が記載されていない。運転手に確認しようと思ったがなんとなく聞くタイミングを失ってしまい、エアリアでこのあたりだろうと思う場所で降りた。帰りのバスで確認できたが、自分が降りたバス停「真如苑前」の次が「吉原」だった。バス停を降りて進行方向に進むと、しばらくで奥川を渡る。「静かなる尾根歩き」では、うの島のあるあたりに下りている尾根から登っているが、webの報告では奥川から登っている。車道をさらに歩くのは嫌なので、ここからとりつくことにした。橋を渡って川に沿ってブッシュの中を上流に向かう。倒木があって歩きにくかったが、それを越えると微かな踏み跡が先に続いている。踏み跡はすぐに左に上がっていくようになり、それに従って急な傾斜を上がっていくと、5分ほどで傾斜が緩み、尾根の形になってきた。スギ、ヒノキと雑木が混じった尾根を上がっていく。うの島からの尾根を合わせて950m圏。尾根上には微かながら踏み跡が続いている。コウヤボウキが咲いているのを見る。いったん下り再び登り始めて少し行くと尾根が左右に分かれる。958は過ぎたと思ってしまい、今の場所はその先の尾根が左に曲がっている地点で、右の尾根は北方向に下っていく尾根だと思い、左の尾根に入った。少し行くと下に河口湖が見えてこのまま行くと湖に下りてしまいそう。コンパスで方向を確認すると南に向かっている。左に曲がった地点まで戻り地形図と方向からここが958だと確認し、右方向の尾根に入った。この先で、尾根を何か動物(鳥のよう)が横切っていくのが見えた。天神峠まで下り、1053.7のやや傾斜のきつい登りにかかる。ここから何となく道形がきれいになったような気がする。15分ほどで三角点の設置された1053.7に登りつく。木に囲まれて展望は全く効かない。今の登りで暑くなったので、長袖のシャツを脱いで半袖Tシャツになる。すぐ先のコブでは湖の方向から上がってくる尾根を合わせる。尾根上には微かながら踏み跡が付けられていた。淵坂峠は自然の地形なのか、人の手が入っているのか広い道路状になっている。ここから毛無山まで約400mの一気の登りにかかる。しばらく急な傾斜が続く。時折倒木が踏み跡を遮り、迂回をさせられる。自然林に囲まれ展望のない尾根道をひたすら高度を稼いでいく。トリカブトが咲いているのを見た。今日はコースにトリカブトが咲き続けていた。傾斜が緩んだ1400あたりから南側の木が低木に変わってくる。キノコ採りと思われる人に会った。頂上の手前で一般道と合流した。頂上からはきれいな富士山を望むことができたが、逆光で写真は駄目かな。これから先、岩尾根のアップダウンを十二ヶ岳へ。前回の報告で、十ヶ岳は鞍部と書いたが、十ヶ岳の頂上は巻いていて標識はその基部に設置されているということのようだ。十一ヶ岳から慎重にキレットに下り、十二ヶ岳への岩の尾根を楽しみながら登る。十二ヶ岳からも正面に富士山、真下には西湖、遠くに本栖湖が見えた。その上は雨ヶ岳あたりだろうか。さらに左は、七面山とか十枚山?ここから先にも何箇所か展望が楽しめるところがあった。金山から今回は右方向の節刀ヶ岳、大石峠に向かう。節刀ヶ岳は縦走路から少し外れている。正面には大分霞んでしまったがどっしりと富士山、北方向には奥秩父の山なみが。富士山の手前には十二ヶ岳が聳えている。コースタイムを計算するとバスの時間にあまり余裕がないのでここからはとばしていく。いくつかコブを越えて大石峠へ。前回・1か月前には、カイフウロやマツムシソウなどが咲き誇っていたが、今はもうそんな花はなく、ヤマラッキョウの花が3本ほど咲いているだけだった。ここから半ば走りながら下る。前回見落とした大石峠への登り口は、下から来ると標識のある地点で右に入りすぐに右に分かれる広い道にはいると左方向に上がっていく登り口が。登り口には目立たない標識が立っていた。大石プチペンション村のバス停にはとばしたおかげで、かなり余裕で着くことができた。河口湖駅では10分ほどでふじさん特急というのが出る。普通の電車はさらに10分待つ。その10分待つのが辛くて特急券300円をはたいて乗った。でも大月に着いたら特急の新宿行きには連絡していたが、普通列車は30分待つ。結局次の普通の電車に乗っても多分同じことになったようだ。

Dsc_00950001_2 コウヤボウキ

Dsc_01210003_2 ダイモンジソウ 十ヶ岳近くの岩に咲いていました

Dsc_01230004_2 キレットの吊り橋

Dsc_01300005_2 1日中富士山の展望が楽しめました

Dsc_01360006_2 今日のコースでは、ずっとトリカブトが咲いていました

Dsc_01430001_2 大石峠ではヤマラッキョウの花を見ました

|

« 北海道への山旅 08.9.25~27 | トップページ | 日野・豊田 08.10.3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御坂・毛無山東尾根 08.10.2:

« 北海道への山旅 08.9.25~27 | トップページ | 日野・豊田 08.10.3 »