« 御坂・雪頭ヶ岳~大石峠 | トップページ | ニュータウンと多摩川(ポタリング) 09.9.28 »

大峰南奥駈道 09.9.19~9.22

熊野古道のひとつ大峰奥駈道の南半分を歩いてきました。本当に久しぶりで重荷を担いでの4日間の山歩きは、かなり不安だったが、問題なくまずまず歩けてほっとしました。前半は展望が楽しめ、山深い雰囲気や天狗の稽古場では夕陽と日の出が同じ場所で見ることができたり、地蔵岳では岩場っぽい登り下りがあったり結構楽しかった。しかし後半は単調な尾根歩きが続き、正直のところちょっとうんざりしてきた。それでも最後まで忠実に奥駈道を行き、最後は熊野川を渡渉までして達成感は非常に大きかった。機会があれば北半分も歩いてみたいと思っています。
Dscn16090001 Dscn16490012

○ 大峰南奥駈道  2009.9.199.22  

19日) 
 熊野市駅前(8:30)=前鬼口先ゲート(9:4510:05)-前鬼小仲坊(10:3511:00)-両童子岩・二つ岩(12:1512:30)-太古の辻(13:2013:45)-石楠花岳(14:30)-天狗山(14:5515:10)-奥守岳(15:30)-嫁越峠(15:50)-天狗の稽古場(16:05)
 バスは、途中渋滞に巻き込まれたようで、1時間30分ほど遅れて熊野に着いた。すぐにタクシーに乗り、前鬼口先のゲートへ。鎖を越えて車道の続きの舗装された道を進む。4日分の重荷がぐんと肩、腰に圧し掛かってくる。30分ほどで小中坊へ。上の水場はあてにならないと言われ、ここで水を汲んでいくことにする。2リットルの水が増え、さらに荷が重く圧し掛かってきた。今回は馬力のある若い人が参加してくれていて、8リットルの水を担いでくれた。唯、唯感謝。ここから杉林の中の山道になる。「大峯縦走線歩道」と書かれたきれいな標識が設置されていた。いつしか周囲は自然林に変わっている。涸れた沢に沿った山道を上がっていくが、この沢には去年は水が流れていたという。栃の木が多く、その実が沢山落ちている。エアリアマップに記載されている水場に、水はなかった。小中坊で水を汲んできて大正解。天気が良く、暑くて汗が噴き出てくる。木製の階段が設置され、高度を稼いでいく。両童子岩(二つ岩)は2本の岩が立っている。両童子は不動明王の従者の制吒迦童子と矜羯羅童子のことだそうだ。岩の反対側に行くと、釈迦ヶ岳が見えた。さらに上がって太古辻へ。主稜線に出て、ここからいよいよ大峰南奥駈が始まる。このDscn16120005 あたりでは、紅葉が始まっていて、赤く色づいた葉が見られる。最初のピークは山頂に仙人舞台石がある蘇莫岳。仙人舞台石で仙人が役行者の笛に合わせて舞ったそうだ。笹の中の山道をさらに上がると、シャクナゲの木で覆われたピークで、まさに石楠花岳。次のピーク(無名峰)には、トリカブトが沢山咲いていた。天狗山からは釈迦ヶ岳やクジャクだけの展望が素晴らしく、超望遠で撮った写真にはお釈迦様の像が映っていた。この先では、イチゴの実がたくさん見られた。奥守岳、嫁越峠を過ぎしばらく上がってから少し下りた 窪地状になっているところが今日の幕営地の天狗の稽古場。自然林に囲まれた草Dscn16180006_2 原がなかなかの雰囲気で、水場があれば最高のテント場だ。馬力のある若い人が持ち上げてくれたキャベツ、ベーコンを炒めた物をつまみに、やはり彼が持ち上げてくれた水で割った泡盛を飲みながら日の入り(6時)を見る。簡単には味わうことができないすごい贅沢。大々感謝です!!早々にシュラフに入る。夜行バスの寝不足状態があってすぐに寝着いたが、夜半の猛烈な風で起こされた。

9月20日(日) 晴
 天狗の稽古場(7:05)-地蔵岳(7:15)-般若岳(7:35)-滝川辻(7:50)-涅槃岳(8:509:00)-証誠無漏岳(9:25)-阿須迦利岳(10:1010:10)-持経ノ宿(10:3510:45)-平治ノ宿(11:5012:25)-転法輪岳(12:50)-倶利迦羅岳(13:2013:35)-行仙岳(15:1015:20)-行仙宿山小屋(15:50)
 猛烈な風で、外に置いたコッヘルやバーナーが飛ばされないか心配だったが、無事Dscn16240007_3 だった。朝にはすっかり風は収まった。日の出(5時45分)を見る。同じ場所で日の入りと日の出が見られるという大変贅沢な体験をした。今日もよい天気だ。今日の最初のピーク地蔵岳にはたくさんの標識。登ってきた連中が勝手につけて行くのだろうか。かなり見苦しいので、規制したほうが良いような気がする。般若岳、滝川辻、剣(乾)光門を過ぎて今日一Dscn16290009番の登りになる涅槃岳の登りにかかる。赤いとげとげ状の ものが落ちていたが、ホウの実だそうだ。良いペースで一気に登る。次の証誠無漏岳は、深い笹の中で展望のないピーク。石楠花の古い木がある鎖場のついた細い尾根の下り。次の阿須迦利岳も樹林帯の展望のないピーク。ここから急に下って不動堂が立っている持経ノ宿へ。ここには、林道が上がってきている。ここから少し上がると持経千年檜。林野庁が選んだ「森の巨人たち100選」になっているようだ。樹齢200年以上と看板に書かれていたが、何故千年檜なのだろう。衰弱が進んでいるということで、2代目の千年檜が植樹されていた。もしかして、千年というのは樹齢ではなくて、木の種類?無名のピークを二つ越え、さらに中又尾根の分岐になっているコブを越えると平治ノ宿。西行法師の碑や今西錦司の来山記念の桜が植えられている。「水場3分」の標識があり、メンバーが確認に行ったが涸れていた。行仙宿の水場が心配になってきた。転法輪岳を越えてから小さなアップダウンをいくつか繰り返す。途中鎖場があり、岩場状のところをトラバスする。2ヵ所目の鎖場を上がったところが倶利迦羅岳。ここで、主稜線に出てから初めて人に会った。5連休の熊野古道で賑やかな山を予想していたが、意外と静かな山だ。怒田宿跡から猛烈な約120mの急登で行仙岳。久しぶりで展望のあるピーク。正面に倶利迦羅岳、その右に転法輪岳さらに奥に釈迦ヶ岳が望めた。しばらく久し振りの展望を楽しんだ後、行仙宿山小屋に下る。エアリアには10分下ると水場があると記載されていたが、涸れているようだ。今年は雨が少なく、水場は殆んど涸れているということだった。小屋の建設、管理にかかわっている「新宮山彦グループ」の代表の玉岡さんが来られていて水を担ぎあげてくれていた。非常に助かった。ボランティアで水の管理を含めて小屋の管理をしていること、そして帰ってからネットで確認したことだが南奥駈道の整備等をしていることなど敬意を表したい。小屋の建設などの苦労話を大変楽しく聞かせてもらった。小屋の中から、木の間越に夕陽を見た。今日の小屋の宿泊者は、倶利迦羅岳で会った方と、その後に来た2名と単独行者そして我々の計9名。

9月21日(月) 晴時々曇
 行仙宿山小屋(5:30)-笠捨山(7:157:30)-高圧線鉄塔(8:05)-地蔵岳(8:358:45)-四阿宿跡(9:15)-菊ヶ池(9:25)-高圧線鉄塔(9:45)-香精山(9:55)-貝吹金剛・塔ノ谷峠(10:45)-如意宝珠岳(12:00)-蜘蛛の口(12:15)-花折塚(13:50)-玉置山・沖見嶽-玉置神社(15:20)
 朝、外に出るとガスが出ている。ガスの中にぼんやりとした太陽を見る。高圧線鉄塔の下を通る。イノシシの仕業か、下の土が何箇所かで穿られている。アップダウンを何回か繰り返してから、いよいよ笠捨山の登りにかかる。頂上にはガスがかかっている。厳しく130mほど登って道祖神が祀られている、笠捨山の頂上へ。ガスがやっと取れて、これから行く先の尾根が望まれた。ここで、向きを西方向に変える。石がガラガラした急傾斜を滑らないように気をつけながら下る。右が自然林になっているが、紅葉の時期には良さそうな感じ。地蔵岳の巻道を左に、高圧線鉄塔の巡視路を右に見送ってから人工林の中の地蔵岳への登りになる。鉄塔からは右に行仙岳、先には尖った地蔵岳が見えた。鉄塔から少し上がったコブが、山名標識はなかったが槍ヶ岳と思われた。少し下って、いよいよ地蔵岳の登りにかかる。岩や木の根、鎖に摑まりながら岩場状の登りを上がっていく。やがて着いた頂上は狭く、小屋で一緒だった2人パーティが先に着いていたので少し下った広いところで一本取る。鎖が付けられた岩場状の尾根の下りを、慎重に下る。細い尾根を少し登り返して、四阿宿跡。このあたりでも、石楠花の木が見られる。花が咲く時期にはきれいだろう。鉄塔では左下に集落が、振り返ると地蔵岳、笠捨山が見られた。香精山から急に下って、貝吹之野。ここはクラックの入った岩があり靡(なびき)がある。さらに下った鞍部が貝吹金剛・塔ノ谷峠で、古い峠道といった雰囲気。ここでは山伏はホラ貝を吹くのだそうだ。さらに下っていくが、松ぼっくりが下にたくさん見られ、見上げると松の木が多く見られた。この先の古屋辻からは15分ほど下ると車道に出て「21世紀の森新林植物公園」という施設があるようだ。今まで山深い所を歩いていると思っていたのでちょっとがっかり。この頃から雲が広がってきた。いよいよ天気は下り坂になってきたのだろうか。如意宝珠岳、蜘蛛の口を過ぎて、林道に出る。すぐに山道に戻る。林道に再度出て、展望台。笠捨山が見えたが、頂上は雲の中に入ってしまっている。この先に、「世界遺産・大峰奥駈道」の石でできた立派な記念碑が設置されていた。ある本に、この石碑は「奥駈道を破壊した上に建っている。」と書かれていたが、なるほど。このすぐ先で玉置山への登り、カツエ(餓)坂に喘いで頂上へ。玉置山は熊野灘が望めることから、別名沖見嶽と呼ばれているということだ。玉石に囲まれた御神木などを参拝しながら、玉置神社の宿坊へ。ここでの宿泊は昨日と同じメンバー。風呂が用意されているようだが、渇水状態なので、かけ湯だけにしてくれということだった。自分は、山での入浴は抵抗があったので、それも遠慮した。禁酒だということだったが、自由に飲めとお神酒が置いてあった。食後に、内緒で部屋で飲んでしまった。宿泊ではなく、参籠ということなのでお勤め(神社ではそういう言い方ではないのかな?)があるのかと思ったが、それは全くなかった。 

9月22日(火) 晴時々曇
 玉置神社(5:30)-旧篠尾辻(7:05)-大森山(7:307:40)-大水の森(7:45)-五大尊岳(8:509:00)-五大尊岳南峰(9:20)-大黒天神岳(10:4011:00)-宝経塔(11:45)-展望台(13:0013:15)-七越峰(13:30)-熊野川(14:1014:30)-本宮旧社地(14:50)-熊野本宮大社(15:20)=新宮(16:302000)
 いよいよ今日は最終日。まだ外が暗い時間では、空に星が見えたようだが、出発する頃には薄い雲が広がってしまった。しかし雨の心配はなさそうだ。急な斜面を削った登山道をしばらく行くと、車道に出た。この先もやはり同様の道。いったん尾根にのったが、なぜか山道は尾根の上を歩かず、尾根の下に付けられている。やがて山裾を右に巻いていく道が出てきたので今までと同様そちらに行くものと思ったら、それは仕事道で奥駈道はまっすぐの急登。かなりのアルバイトで汗が噴き出てきた。大平多山への分岐を過ぎると、傾斜が少し緩む。風が出てきて、涼しくなってきた。しばらく上がると、東側の展望が開け、下に集落さらに奥に熊野灘が見られた。今回の山行で初めて海を見た。やがて登りついた大森山は東が自然林、西が人工林に囲まれていて、展望は全くない。さらに少し行くと三角点のある大水の森。エアリアには大森山三角点(大水の森)と記載されている。しばらく急な傾斜の下り。切畑辻を過ぎ、小さなこぶを巻くと今度は急な登りになって、石の仏像がある五大尊岳。下に、熊野川が見えるようになった。岩場状の急傾斜の尾根を下り、すぐ先のピークに登り返す。こちらの方が、先ほどのピークより高そう。山名標識には五大尊南峰と書かれていたが、エアリアの五大尊岳はこちら。分岐注意と書かれていた支尾根は、地元自治会の権利地だから入るなという看板が設置されていた。これから先も岩場状の急傾斜の細い尾根で、慎重に下る。腕時計の高度計で550位から傾斜が緩み、広い尾根になってほっとする。西側の展望が開けるところでは、熊野川が見られるようになった。金剛多和を過ぎていよいよ最後の登り(になると思った)の大黒天神岳。頂上で、玉置神社で用意してくれためはり寿司の弁当を食べる。これは、この付近の郷土料理だそうで酢飯を高菜の漬物でくるんだもの。ここから一気に下り、宝経塔へ。さらに下って、山在峠で車道を横切る。山道に戻りコブを二つほど越すと先が、先ほどの五大尊岳南峰の支尾根と同様、自治会の権利地だから入るなと通せんぼ。越えたコブの二つのうちのどちらかが、吹越山だったようだ。山道は西方向に行っている。しばらく行くとまた車道を横切る。このころから、なぜか標識がだいぶ減ってきた。地形図を持っていないので、現在地の把握がしづらい。だらだらと進むとアンテナがありその先で突然下の展望が開け、本宮旧社地の大きな鳥居が真下に見えた。位置からするとエアリアに書かれている、展望台かと思ったが、アンテナがあることから吹越峠かとも思えた。しばらく展望を楽しんでから、少し行くと七越峰に登る手前の広場に出たので、先ほどのは展望台だったようだ。本宮近道の標識があったが、ここまで来たら奥駈道を忠実に行こうということでそちらには入らず七越峰を登る。七越峰からはすぐに熊野川に下りるのかと思ったら、さらにコブを二つほど越えてやっと熊野川の河原に下り立った。ここもやはり橋を渡らず、奥駈道を忠実に熊野川を渡渉する。膝より少し上の水深。鳥居が日本一の大きさだという、旧の本宮に行き、さらに現在の熊野本宮大社を参拝する。これで、南奥駈道を完全踏破。参拝前に飲んだ、待望のビールが達成感もあって非常においしかった。参拝後タクシーで新宮へ。銭湯に行って4日間の汗で臭くなった靴下やTシャツを脱ぎ、体にこびりついた垢や汗を落としてさっぱり。その後、駅前の飲み屋で、水不足で水分が枯れ気味の体に生ビールで水分補給。地酒を飲みながらのサンマ寿し、魚の刺身、クジラのさえずり(舌)、尾の身やさがりなどが大変おいしかった。
Dscn15880001小中坊の行者堂
Dscn15950002太古の辻。ここから南奥駈道が始まります。
Dscn16080004天狗山の靡。神仏が祀られている霊地だそうです。
Dscn16060003釈迦ヶ岳と孔雀岳
Dscn16280008_2 天狗の稽古場
Dscn16420011ホウの実
Dscn16520013傘捨山山頂
Dscn16740014本宮旧社地の大斎原

|

« 御坂・雪頭ヶ岳~大石峠 | トップページ | ニュータウンと多摩川(ポタリング) 09.9.28 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御坂・雪頭ヶ岳~大石峠 | トップページ | ニュータウンと多摩川(ポタリング) 09.9.28 »