« 高妻山 2009.10.16 | トップページ | 丹沢・大室山 2009.10.30 »

八甲田山 2009.10.23

  弘前に単身赴任をしている友人を訪ねて、八甲田山を登ってきました。昨年夏に計画をしたのですが、雨で登れなかったリベンジ。紅葉が麓では真っ盛りで、大いに期待したのですが、山では残念ながら遅かったようです。それでも天気が良くて展望が素晴らしく、楽しい山歩きができました。山の上では、エビのしっぽができていてちょっとびっくり。帰りには奥入瀬渓谷に寄ってくれて、遊歩道を紅葉を楽しみながら、散策しました。
Dscn19100002 Dscn19350008 Dscn19420010

○ 八甲田山  2009.10.23(金) 晴

酸ケ湯温泉(8:40)仙人岱(9:5010:00)-鏡沼(10:30)-大岳(10:4011:00)-上毛無岱(11:45)-下毛無岱(12:0012:15)-酸ケ湯温泉(12:40

酸ケ湯温泉に向かう道の両側は紅葉が真っ盛り。また、殆んど雲のない快晴状態Dscn19090001で、大いに期待が膨らんでくる。登山口には鳥居があり、そこから山を見上げると山肌が薄っすらと白い。雪が降ったのだろうか。樹林帯の中の階段状の急な登りを上がっていく。GBに書かれていた、火山性のガスによって樹林が一瞬のうちに立ち枯れてできたという広場は気がつかず、通り過ぎてしまった。やがて沢を渡り、地獄湯の沢に沿って上がるようになる。振り返ると岩木山が見え、時間的にも、一本取りたいところDscn19160003 だが、硫黄の臭いが強くて先に進む。歩き始めるときにはちょっと寒い感じがしたが、暑くなってきた。さらに上がって仙人岱湿原に入る。ここには湧き出ている水場があり、ペットボトルに水を詰める。ここで一本取り、いよいよ大岳への登りにかかる。火山礫の次第に傾斜を増してくる山道を、ひたすら上がっていく。傾斜が緩んで、鏡沼Dscn19210004 へ。噴火口の一つだそうだ。沼の上の山肌には氷が付いていてちょっとびっくり。下から白く見えたのは、これのようだ。ここからさらにもう一登りで、大岳頂上へ登りつく。頂上には遮るものがなく、まさに360度の展望。まず目にとびこんだのは、北側に見える青森の市街とその先の陸奥湾、そして津軽半島と下北半島。西には岩木山、南には岩手山と八幡平、東には海が見えていると思ったら小川原湖。かなり大きな湖だ。GBには日本海と太平洋が同時に見えると書かれていたが、今日は残念ながら少し靄っていて見ることはできなかった。標識や岩の上にエビのしっぽが付いている。素晴らしい展望に、立ちDscn19270005 去り難かったが寒くなってきたこともあって下ることにする。下りは登ってきたのとは逆方向、北の方向に下る。北側の斜面のせいか、ハイマツにかなりべったりと氷が付いている。避難小屋まで一気に下る。小屋からは向きを西方向に変え、さらに急な傾斜を下って行き、ロープウエイへの分岐を過ぎて上毛無岱の湿原に入る。木道の上を歩くが、ところどころで水が木道の上まで来ている。中ほどにある休憩所で振り返ると、先ほどまで頂上にいた大岳、さらに左に井戸岳、赤倉岳が湿原の上に見える。さらに下っていって、木道が階段になったところで下を見ると、地塘がいくつか見え大きく広がった下毛無岱がDscn19440011 見える。なかなかの眺めだ。湿原に下りて左・南側を見ると駒ヶ峰、櫛ヶ峰等の南八甲田の山々が望めた。今回の山をガイドしてくれた友達の経験では、その時期にはワタスゲなどの花がきれいに咲き素晴らしいそうだ。そのシーズンにもう一度訪ねてみたい。やがて湿原を抜け、木道歩きも終わって樹林帯の中の山道になる。泥んこ道をひたすら下っていくと、黄葉が見えるようになり酸ケ湯へ。山では時期が少し遅かったようで、残念ながら紅葉は楽しめなかったが、少し靄っていたとはいえ頂上からの360度のそして毛無岱湿原から大岳、赤倉岳、南八甲田の展望が素晴らしい山だった。帰りは奥入瀬渓谷に寄ってもらい、石ヶ戸から玉簾の滝まで遊歩道を紅葉を楽しみながらウオーキングした。
Dscn19330007 Dscn19380009
以下は奥入瀬渓谷です
Dscn19550013 Dscn19620014 Dscn19690015
以下は白神の写真です
Dscn19810016 Dscn19850017 Dscn19890018 Dscn19920019 Dscn19940020

|

« 高妻山 2009.10.16 | トップページ | 丹沢・大室山 2009.10.30 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高妻山 2009.10.16 | トップページ | 丹沢・大室山 2009.10.30 »