« ネパールからのたより | トップページ | ネパールからのたよりー2 »

南高尾~明王峠 2010.2.14

金曜日・土曜日に降った雪でスノーハイキングが楽しめそう。どこに行こうか、かなり迷った結果南高尾へ。1ヶ月前に歩いたばかりだが、雪があれば違った雰囲気だろうと思って行きました。雲が多くて展望は楽しめませんでしたが、雪の着いた白い木と青空とのコントラストが素晴らしかったです。
Dscn26390004 Dscn26580007 Dscn26600009

○ 南高尾~名王峠  2010.2.14(日) 晴後曇

発電所(6:40)-三沢峠(7:20)-ベンチP(8:00)-見晴台(8:20)-中沢山(8:35)-大洞山(9:10)-大垂水峠(9:35)-城山(10:3010:40)-景信山(11:3012:00)-堂所山(12:55)-名王峠(13:2513:35)-相模湖(15:00)Dscn26260001

発電所の手前で、日の出を見る。発電所からしばらく行った、城山湖の野鳥を観 察するための建物の中に入って長袖Tシャツ1枚になり、スパッツをつけた。城山湖は、何か作業をしているのか水が抜かれていた。峰の薬師への近道に入ると雪の上を歩くようになる。雪の上には動物(犬?タヌキ?)の足跡が続いている。上空はうす雲が少しあるが、ほとんどが青空。見上げると、枝に白い雪をつけた木が青空に映える。見晴台に着いた頃には、ガスが出てきて展望がぼんやりしてしまっているが、それはそれで何となく良い雰囲気だ。大垂水峠Dscn26300003 でR20を渡るが、車道の上には雪は全くない。凍ってもいないようで、峠越えの自 転車が上がってきていた。城山に上がる道では、下ってくる何人かのハイカーにあった。城山に着くころからだいぶ気温が上がってきたようで、木の枝に着いた雪あるいは雪が融けた水が上からぽたぽたと落ちてきて、ザックや帽子を濡らす。時折大きな雪の塊がドサッと大きな音をたてて落ちてきてびっくりさせられる。城山では、ベンチが 濡れていて座ることができず立ち休みでお茶を飲む。ここからの尾根道は、ハイカーが多く雪が踏み固められていて特に下りでは滑らないように気を使う。前回の記録と比較すると、今日は1時間ほど余計に時間がかかっている。雪のためだろうか。歩くのに支障があるほどの雪の量とは思えないのだが。山には雲がかかって、富士Dscn26460006山や丹沢を隠してしまい展望はほとんど楽しめない。景信山では濡れ方が少ないベンチがあったので、タオルを敷いて座ることができた。景信山を越えたころから上空にも雲が広がってきてしまい、太陽を隠してしまった。景信山からは人が減って、登山道上の雪の踏み固められ方が緩んできて、歩きやすくなった。陣場山まで歩く予定だったが、時間がかかってしまったこと、雲が広がってしまって展望が楽しめなさそうということで名王峠から相模湖に下ることにした。峠から少し下ると雪は消え、岩ではないところは、泥んこ道。ここで滑ってこけると大変なので雪道以上に気を使って下る。与瀬神社の先で中央高速を渡るが、休日の割には上り車線も全く渋滞がなく、スムースに流れていた。今日は駅からバイクに乗る必要がないので、ビールが飲める。電車の時間を調べるとすぐに来る。あわててビールを買いに酒屋へ。おいしかった。

Dscn26270002_2 Dscn26400005 Dscn26590008

|

« ネパールからのたより | トップページ | ネパールからのたよりー2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパールからのたより | トップページ | ネパールからのたよりー2 »