« 尾根幹線道路(ポタリング) 2010.1.29 | トップページ | 森戸の夕照 2010.2.5 »

西丹沢・鬼石沢左岸尾根 2010.1.30

久しぶりの藪尾根歩きは、友人からもらった報告をそっくりいただいて、西丹沢の鬼石沢左岸尾根を歩いてきました。鬼石沢は大滝橋から大滝峠に上がる途中にある一軒屋避難小屋のすぐ手前の沢で、その左岸の尾根は権現山から畦ヶ丸への尾根に上がっていきます。友人からの報告にもありましたが、短いのがちょっと難点ですが、冬枯れの時期には木の間越しですが富士山の遠望が楽しめ、なかなか良い雰囲気の尾根でした。下りの途中では下棚の美しい眺めを楽しみました。
Dscn24000001 Dscn24650009

○ 丹沢・鬼石沢左岸尾根  2010.1.31(土) 晴

新松田(7:20)=大滝橋(8:258:30)一軒屋避難小屋(8:358:40)-1000m圏(10:35)-1030m圏(10:50)-1079(11:00)-畦ヶ丸(11:4012:05)-善六のタワ(12:40)-下棚(13:1513:40)-西丹沢自然教室(14:1514:40)=谷峨(15:2515:29)=松田(15:48)

朝、新松田駅の跨線橋から見えた富士山の前には雲がかかっていたが、バスが246を走るころには雲はすっかりとれ、期待が大きくなってきた。大滝橋でバスを下りて大滝沢に沿って上がっていく。今日は気温が上がっているようで、顔に汗が出てくる。一軒屋避難小屋で一本とりみかんを食べた。小屋から少し戻り、鬼石沢を渡って尾根にとりつく。ヒノキ林の中の微かな踏み跡(鹿の糞がたくさん見られたので鹿の通り道?)を辿って急な傾斜を上がっていく。バスを下りる時に、足をぶつけてしまい急な登りではちょっと辛い。10分ほどで傾斜が緩み、自然林となり、日向に入って大変良い雰囲気の尾根になった。見上げると空は真っ青。正面に権現山が見えだした。やがて右から尾根が上がってきた。下りでは、こちらの尾根がまっすぐの方向になるので迷い込みそう。と、心配したが登ってきた尾根の方向に大滝橋と書かDscn24010002_2れた白いテープが木に巻きつかれていた。親切(お節介?)な方が。900m圏では左に鹿 柵が出てきたが、すぐに尾根から離れて行った。さらに上がるときれいな富士山が。970m圏では左から尾根が上がってくる。行く方向はまっすぐ。最近のものと思われる伐採をした跡があったDscn24140003。1000m圏の登りにかかるところには、尾根を横断する踏み跡がある。仕事道だろうか。これは、友人の報告にあったとおり、踏み跡には入らず尾根どうしに上がる。1000m圏のピークの手前ではミツマタが相当数あり、花 がだいぶ膨らんできていた。左方向に見えだした畦ヶ丸が、かなり高く見える。再びヒノキ林になり、日が当らなくなってひんやりした感じになる。林は手入れをしているようで、数字が書かれたテープが木に貼られていたり、何かのエリアを示していると思われるロープが張られていたり、何本かの木が伐採されていたりしていた。南方向の展望が開けているところがあり、広い頂上の大野山や、その先にはやや靄っているが、箱根の山が見えた。大涌谷だろうか、山腹に噴煙が上がっているのが見えた。アセビの木が出てくると、1030m圏に登りつき、権現山から畦ヶ丸への尾根に出る。ここからも富士山がきれいに見えた。1079を越えていよいよ畦ヶ丸への200m超の登りにかかる。右に見え始めたのは大室山だろうか。風が冷たく感じられるようになったが、急な傾斜の連続にシゴカレ、汗が出てきて心地よく感じられる。汗が目に入ってしみる。1230m圏をDscn24290005越えると笹やぶが濃くなってきた。さらに60mほどの登りに喘ぐと畦ヶ丸頂上。頂上からは樹間に富士山や白峰三山などを望むことができた。今日は白石峠まで歩くことも考えていたが、ここまで時間がかかってしまったので、西沢に下り下棚を見ることにした。ということで、時間に余裕ができたので ゆっくりと休む。頂上から少し下ると小さな雪の塊がいくつか見られた。ちょうど太陽のあるところに雲が広がってきて、日が当らなくなってしまった。冬枯れの好ましい雰囲気の尾根を下っていく。善六のタワは両側の沢が崩れてきていて、そのうち尾根も崩れてきてしまいそう。急な傾斜の山道をぐんぐんと下り、本棚沢の出合に下り着く。さらに下って下棚沢の出合に。ここからF1の下棚はすぐ。丹沢で一番きれいな滝だというのを何かで読んだ記憶がある。バスの時間の調整をして、出合に戻り西丹沢自然教室のバス停へ。日向ぼっこをしながら、ビールを飲んでバスを待つというのが最高なのだが、今日は駅までバイクで出ているのでミカンで我慢する。新松田へのバスは空いていました。

Dscn24210004 Dscn24360006 Dscn24570007 Dscn24640008 Dscn24730010

|

« 尾根幹線道路(ポタリング) 2010.1.29 | トップページ | 森戸の夕照 2010.2.5 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根幹線道路(ポタリング) 2010.1.29 | トップページ | 森戸の夕照 2010.2.5 »