« 森山良子コンサート 2010.3.15 | トップページ | 戸隠 2010.3.20~22 »

石割山 2010.3.17

前日の予報では、素晴らしい天気になると言っていた。それで、富士山の展望を楽しみに、富士山のビュースポットを繋げるプランだったのですが・・・・・・・・・。ということで、きれいな富士山の写真をお見せする予定だったのですが、カメラを一度も出しませんでした。

○ 石割山  2010.3.17(水) 曇

 内野(7:35)立ノ塚峠(8:55)-二十曲峠(9:5510:05)-石割山(10:40)-平尾山(11:00)-大平山(11:2511:40)-長池山(12:05)-山中湖畔(12:35)-山中湖畔・ホテルマウント富士入口BS(13:1013:58)=富士吉田(14:3014:47)

空はどんよりとした曇空。予報を信じて晴れてくることを期待。バスを降りて歩き始めるころには、雲が少し切れて青空が見え出し、薄日だが日も射してきた。富士山の前にもしっかりと雲があるが、取れてきそうな気配(期待)もある。人家がなくなり、林道になると、「熊出没注意」の看板があったので、念のため鈴を鳴らしながら歩くことにする。雪は道の端に所々に残っている程度で、道路の上には全くない。立ノ塚峠で尾根にのる。歩き始めた頃には見えた雲の切れ間、青空がすっかり見えなくなってしまった。富士山の前の雲も厚くなってきた感じがする。東に見える御正体山の頂上にも雲がかかっている。雪は尾根の上にもない。1275で向きを左に変える。風の通り道になっているようで、冷たい風が通る。先週歩いた九鬼山で見た立ち入り禁止のテープが、ここでも多く見られた。何か意味があるのだろうか。二十曲峠は富士山のView Pointだが、きょうは雲に遮られて全く見ることができない。右側の斜面が植林帯になり、それを保護するためと思われる鹿柵が出てきた。吹きだまりになっているところでは、雪が尾根を覆っている。石割山でも、富士山は全く見えない。それで、バスの時間に余裕がないこともあって、頂上を確認してすぐに大平山方向に向かう。ここからの尾根は、しばらくは滑りそうな急傾斜の下りだが、その後は広い小さなアップダウンを繰り返す。天気が良いという予報通りなら、富士山を正面に見ながらの陽だまりのハイキングを楽しめるはずだった。長池山から少し下って忍野への分岐を過ぎて少し行くと車道に出た。別荘地を通って山中湖畔に降り立つ。バスの時間が気になってかなりとばして歩いたためか、計算よりかなり早く下りてしまった。寄り道などしながらバス停に、湖畔をゆっくりと向かったが結局バス時間の50分ほど前に着いてしまった。相変わらずの曇空で、寒くてじっとしていられなくて湖畔をうろうろしながらバスが来るのを待った。

|

« 森山良子コンサート 2010.3.15 | トップページ | 戸隠 2010.3.20~22 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森山良子コンサート 2010.3.15 | トップページ | 戸隠 2010.3.20~22 »