« 石割山 2010.3.17 | トップページ | 山菜採り 2010.4.3 »

戸隠 2010.3.20~22

昨年、年末の飲み会の席でスキーの話題になり、何気なく自分は滑るスキーはやりたいとは思わないけど、歩くスキーは体験してみたいと話したところ、それを聞いてくれていた知人が、戸隠でのクロカンスキーをセットしてくれました。真ん中の日が雪で、スノーシュウになりましたが、最後の日は素晴らしい天気で残念ながら半日でしたが、西岳や戸隠、高妻山などを眺めながらのクロカンスキーを楽しみました。スノーシューもクロカンスキーも初めての体験。とても楽しかったです。はまってしまいそう。来年もよろしくお願いします。
Dscn29020005 Dscn29290008 Dscn28790002 Dscn29240007

○ 戸隠  2010.3.203.22  

 320日(土) 晴

 長野駅から戸隠スキー場行きのバスに乗って、中社で下車し「うずら家」というソバDscn28670001屋で昼食をとることに。この店は何故か有名なソバ屋だそうで、店の前に行列ができていた。30分ほど待って、やっと店に入り、1700円也の天ざるそばを食べた。その後今回の雪遊びの本拠となる、宿「戸隠小舎」へ。荷物を置いて、 戸隠神社の奥社への途中にある隋神門に散歩がてら行ってみることに。今日は好天で気温も暑いくらい。樹林帯の先に戸隠の山が見られる。周囲の樹林帯にはまだかなりの積雪があるが、車道には雪は全くない。今日は雪のない車道を歩いて奥社の参道に。ここからは雪の上を歩くようになるが、雪は踏み固められていて潜ることはない。参道の両側の樹林帯の中には、スノーシューやスキーを履いた人たちが見られた。

21日) 

 夜半に猛烈な雷雨で、何度か目を覚まさせられた。朝になると雷雨はおさまっていDscn28900003 たが、強い風が吹いている。ニュースでは発達した低気圧とそこから延びる前線の影響で、今日は日本列島全体が大荒れだと脅かしている。それでも、朝食後には風が収まってきたので宿でスノーシューを借りて雪の上を歩くことにした。歩き始めて少しすると薄日が出てきて、晴れてくることを期待したが束の間で、小雪がちらついてきた。みどりヶ池を通って奥社への参道に出る。折角スノーシューをつけているので、なるべくトレースのない雪の上を歩くことにする。隋神門で一旦参道に出て、門をくぐり奥社に向かう。ここから先は傾斜が強くなり暑くなってきた。奥社は雪に埋まっていて、正面は雪を掘って参拝ができるようになっていた。戸隠神社には天照大神の天の岩戸伝説にゆかりDscn28940004 の神々が祀られているそうです。隋神門に戻り、ここからクロカンコースの標識に従って進み、鏡池に出た。ここは池に映る戸隠の眺めがよいそうだが、池の上には雪が積もっているし、肝心の戸隠が雲に隠れてしまっている。池からはかなりの積雪量で埋まっている車道を表通りに向かう。時折見える、カーブミラーが標識代わりになる。表通りまでは意外と時間がかかった。やっと出たところにあるソバ屋で昼食をとることにした。この店も昨日の店と同様、かなりの客が待っていて、30分以上まってやっと食事にありつけた。食堂を出たころに雪が激しくなり、除雪された車道から宿に戻った。

3月21日(月) 晴

 朝、目が覚めて外を見ると素晴らしい天気。そして昨日降った雪がしっかりと積もDscn29120006 っている。昨日までは雪がなかった宿の前の道も雪で覆われている。山も一昨日見たのより真っ白になっている。スキー場に行って、スキーの板や靴、ストックを借りていよいよクロカンスキーの初体験。まず、靴をスキー板に固定させるのに一苦労。なんとかそれをクリアーして雪の上を歩き始める。せっかくなので、昨日降った新雪の上を歩くようにする。潜らずに快適に歩ける。ただ、上から見たのではわからない、下り坂で予期せずに板が滑って、ついて行けずに何度か転倒してしまった。はっきり分かる緩傾斜の下り坂では、板を滑らせてみる。快適だ。今日は昨日と違って素晴らしい天気で、山がきれいに見える。昨年9月に登った垂形の高妻山、西岳の格好の良い山容、そして戸隠の蟻の戸渡りが間近に見える。もっとゆっくりとクロカンスキーを楽しみたかったのだが、今日帰らないといけないということで、残念ながら昼頃には板等を借りたスキー場に戻る。初めてのスノーシュー、クロカンスキーの雪遊び十分に楽しませてもらった。
Dscn29440009 Dscn29540011 Dscn29640012 Dscn29730013   

|

« 石割山 2010.3.17 | トップページ | 山菜採り 2010.4.3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石割山 2010.3.17 | トップページ | 山菜採り 2010.4.3 »