« アサンテ ケニア | トップページ | 富士山 2010.8.16 »

北八ヶ岳 2010.8.8~8.9

テントを担いだ山歩きをしようと、プランを考えたがかなり迷う。ほぼ1年ぶりなので、弱気になってしまい、様子が分かっている八ヶ岳に。計画は、クロユリ平にテント泊をし翌日天狗岳、硫黄岳を越えて美濃戸に下りるコース。予報では昼間は概ね晴れると言っていたのだが。

P80809870001 P80810090003 P80910660009 P80910960014

○ 北八ヶ岳  2010.8.8()8.9()  

8日 

 茅野(10:20)=渋の湯(11:201135)-八方台分岐(12:55)-唐沢鉱泉分岐(13:30)-黒百合平(14:4015:00)-ニュウ分岐(15:35)-黒百合平(16:00)

 朝出がけに天気が気になって予報をチェックすると、茅野のピンポイント予報では、今日も明日も昼間は概ね晴れと言っているので安心して家を出た。渋の湯でバスを下りると、びっくりするほど涼しい。というより暑さに慣れてしまっている体には、肌寒くさえ感じる。空には雲が広がってしまっている。握り飯を食べ、足腰を伸ばして出発。久し振りの重荷に肩や腰にぐっと来る。高見石経由で黒百合平へ上がる計画をしていたが、予報では夜雨があるようなことを言っていたので、早くP80810000002なって夕方から降り出すと嫌だなと思い、直接上がるコースに変更。シラビソ林の中の苔むした登山道で、いかにも北八の雰囲気。唐沢鉱泉への分岐を過ぎたあたりで、ゴゼンタ チバナを見る。あまり日が当らないためだろう、花はあまり見ることができない。時折薄日が出てくるが長続きしない。ゴロゴロとした岩の上を歩くようになると、しばらくで上に小屋が見え黒百合平。小屋のすぐ近くには、トリカブトが咲いていた。テントをP80810110004 張り、まだ時間が早く、とりあえず雨がすぐ降ってくる様子もないので、中山方面に行ってみることにした。中山峠から少し行ったところで南側が開け、硫黄岳や天狗岳が見える。キリンソウやシナノオトギリソウが咲いていた。さらに行くと東側が開けているところがあり、独特の形をした男山、天狗山、その上に奥秩父が望められる。奥秩父は稜線付近に雲がかかってしまっていた。ニュウへの分岐まで行って引き返す。

8月9日(月) 曇

 黒百合平(7:40)-ニュウ分岐(8:10)-中山(8:25)-展望台(8:308:50)-高見石(9:45)-丸山(10:1010:20)-麦草峠(11:0011:05)-オトギリ平(11:3011:40)-五辻(12:00)-ロープウェイ山頂駅(12:4513:40)=ピラタスバス停(13:5014:57)=茅野(15:50)

 夜半から雨が降り出す。予報通りと思ったが、朝になっても止む気配がない。ラジオで、予報を聞いてもあまり良いことを言わない。午後から雷雨の情報もある。それでは、早く下りたほうがよさそうだと、天狗岳、硫黄岳を越える計画は中止し、高見石経由で渋の湯に下りることにした。なんか、黒百合平で以前も同じように迷い、同じ判断をしたような記憶がある。どうも黒百合平は相性がよくないようだ。雨が小振りになったのを機に、雨具をつけて外に出てテントの撤収をし、パッキングをして、歩き始めた。天狗岳や硫黄岳は結構はっきりと見えている。しばらくして雨は止んだが、又降り出しそうなのでカッパは着たまま歩く。奥秩父なども見え、天気が悪い割には展望が良い。雲が切れて、青空が見えるようになり、天狗岳でも往復してくればP80910810010_2 良かったかなと、ちょっと後悔。中山のすぐ先の展望台では、槍ヶ岳や穂高岳、乗鞍岳などが意外とくっきりと見えてびっくり。甲斐駒ヶ岳や中央アルプスなども見えているが、こちらは何故か穂高等と違って、ちょっとぼんやりしている。天気が良ければ素晴らしい展望が楽しめそう。ここから高見石への下りが長く、ゴロゴロした濡れた岩がP80910880011_2 続くので滑りそうで気を使う。高見石に着くとなんと、陽が射してきた。それ と高見石まで意外と時間がかかってしまって11時台のバスがぎりぎり。そのバスを逃すと、次まで3時間以上ない。それで、ピラタスまで歩くことにした。丸山への登りにかかるが、渋の湯への分岐は見落としてしまった。丸山でカッパを脱ぐ。先ほどと同様の滑りそうな岩の下りをしばらく行き、小さなこぶを越えて麦草峠へ。峠の手前は草原状になっていて、ハクサンフウロが群生していた。また、霧ヶ峰で見たネバリノギランを見た。自然観察園があったが、以前からあったのだろうか。入口に入園料を入れるための、料金箱が置かれていた。入園料は100円。入口近くをちょっとのぞいてみるとギボシ、ツルボ、アザミなどが咲いていた。ここからは上り下りの少ない、単調な山道。13時台のバスに乗りたいと気が焦るが、ピッチが全然上がらない。久し振りの重荷で、足に来たようだ。結局間に合いそうもないので、坪庭を散策してからロープウェイに乗り、ピラタスのバス停へ。坪庭の散策中に雨が降り出した。


P80810260005 P80810450006 P80810570008 P80910900012 P80910980015

|

« アサンテ ケニア | トップページ | 富士山 2010.8.16 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アサンテ ケニア | トップページ | 富士山 2010.8.16 »