« ネパールからのたより 10-2-1 | トップページ | 谷川岳・西黒尾根 2010.9.26 »

鶴見川(ポタリング) 2010.9.21

今年の2月に源流の里を訪ねた鶴見川。いつか自転車で走ってやろうと思っていたのを、約半年経って実行してきました。長距離の自転車は久しぶりだったので、ちょっと不安があったが、達成感が味わえたポタリングだった。
Img_07870004 Img_07990006

○ 鶴見川(ポタリング) 2010.9.21(火) 晴

  鶴見(6:00)-鶴見川(6:05)-日産スタジアム(7:007:10)-鶴川駅(8:00)-桐蔭学園(8:208:30)-鎌倉街道・新袋橋(9:15)-鶴見川源流の泉(10:0010:20)

 いつも乗客が多い横浜線も早朝では混むことはなくホッとする。東神奈川からの京浜東北線も時間が早いためか空いていた。鶴見駅は多分初めて下りる駅。というより、東神奈川から東京方面に行く京浜東北線に乗った記憶もない。西口からImg_078600035分ほどで、鶴見川に出る。森永製菓の工場がある。森永が金を出したのだろうか、森永橋という橋があった。堤防の上の歩行者と自転車の専用道は幅が広く、なかなか快適な道。ウイークデーの早朝でそれほど多くはないが、ウオーカーやランナー、通勤と思 われる自転車の人などと走る。ちょうど雲の上から太陽が出て、それが川面に映ってちょっと良い感じ。鷹野人道橋で左岸に渡る。川が大きく左に曲がり、さらにImg_07880005 右に曲がると対岸に大きなお皿を伏せたような、日産スタジアムが見え出した。第3京浜の下からサイクリング道路が始まった。何故かサイクリング道路になったら、道幅が狭くなり、路面も悪くなってきた。先ほどまでの道と予算が違うのかな。この辺りは、横浜線が近くを通っていて、時折横を電車が通り過ぎていく。鴨池人道橋は鴨居駅に向かう橋で、この周辺にはPanasonicやKenwoodの工場があり、この橋の前後ではこれらの工場に通っていると思われる人が多く歩いていた。この先、恩田川と分かれると横浜線は恩田川に沿って行っているので鶴見川は横浜線から離れる。やがて東名高速道路の下をくぐる。インターチェンジと国道246を結ぶアーチ状の道が見える。川の周囲には畑などが見られ、のどかな感じ。地図を見ると、この先の常盤橋から桐蔭学園が近い。久し振りで行ってみることにした。覚えているところもあり、すっかり忘れているところもあった。常盤橋でサイクリング道路は終わったようだが、標識は気がつかなかった。また、この先の寺家橋で対岸に渡るとGBに書かれていたが、これも気がつかずに通り過ぎてしまったが、特に支障はなかった。適当な橋で右岸に渡り鶴川の駅の前を過ぎる。この先の小田急線は、右岸からは渡れず左岸に渡る。サイクリング道路が終わっても時折車と並走する個所もあるが、大部分は川に沿った歩行者・自転車専用道が設Img_08000007 けられている。新袋橋で鎌倉街道を横切るが、近くにある薬師池公園までは数回来たことがあり、見たことがある風景だ。さらに進んだ図師大橋のあたりから川に沿った道がなくなり、大きな通りを進むようになる。日大三高の入り口、小山田バス停を過ぎて軽く上がって行き、鶴見川源流の泉へ。今回は残念ながら河口からとはいかなかったが、概ねの河口から全長42.1kmのうちの40kmくらいは走ったと思う。達成感は十分に味わえた。
Img_07790001_2 今回は鶴見駅から走ります。
Img_07840002 駅から5分ほどで鶴見川に出ました。
Img_08010008 源流の泉で見た花です
Img_08020009 源流の泉に咲いていました

|

« ネパールからのたより 10-2-1 | トップページ | 谷川岳・西黒尾根 2010.9.26 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

 曼珠沙華が咲き始めたものの、残暑見舞の気温です。お元気ですネ。貴兄の先を急ぐようなご活動に畏敬の念を覚えます。鶴見川(ボタリング)の花の写真、ひとつ咲いてるのはツリフネソウ、いっぱい咲いてるのは、ミソハギです。

投稿: 千葉N.N | 2010年9月22日 (水) 13時14分

N.Nさん、花の名前を教えていただきありがとうございます。さすが専門家ですね。下の花はなんとかハギだろうなと思ったのですが、自信がなかったので書きませんでした。

投稿: wakaba3 | 2010年9月22日 (水) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパールからのたより 10-2-1 | トップページ | 谷川岳・西黒尾根 2010.9.26 »