« 鶴見川(ポタリング) 2010.9.21 | トップページ | 中央アルプス 2010.10.1~2 »

谷川岳・西黒尾根 2010.9.26

谷川岳に行ってました。2007年には巌剛新道から上がったので、今回は西黒尾根を歩いてみました。夏の高山植物などは終わり、紅葉にはまだ早いこの時期は人は少ないかなと思ったのですが、かなりの人でした。
P92615110001 P92615260006 P92615280007

○ 谷川・西黒尾根  2010.9.26(日) 晴

 上毛高原(8:00)=谷川ロープゥエイ(8:458:50)-西黒尾根登り口(9:00)-ラクダの背(11:10)-巌剛新道合流(11:15)-ザンゲ岩(12:05)-谷川岳・トマノ耳(12:2512:45)-いわお新道分岐(13:30)-天神平(14:0014:05)=谷川ロープゥエイ(14:1515:13)=上毛高原(16:03)

高崎を過ぎたころ、噴煙を出している山が左に見えたが浅間山?電車から見えるのだろうか。上毛高原からのバスは、前回来た時には水上駅で降ろされ、乗り換えをさせられた。今回もそれを覚悟していたが直通になっていた。上毛高原までの電車は空いていたので安心していたが、バスは一杯で座れない人が出るほど。バスを下りてロープウェイの駅を覗いてみると、お客が多そう。帰りはロープウェイで下る予定なので、ちょっと心配。10分ほど車道を歩いて、西黒尾根の取り付きへ。前回入った、車道脇のショートカットコースの入り口は気がつかなかった。というより、前回西黒尾根の登り口を見落としたのだろうか。大部分の人は天神平に向かったようで、こちらに来る人は少ない。西黒尾根は最初から急傾斜の登りが続き、しごかれる。バスを下りた時は涼しくて、長袖を着たまま歩き始めたが、急な登りを30分ほど歩いたところで暑くなり、半袖のTシャツ1枚になる。ブナ林の展望がない単調な登山道を高度を稼ぎながら登って行く。見上げると空は真っ青だ。1000mを過ぎると涼しくなってきた。さらに上がって日向を見つけて一本をとる。ちょっと前までは一本は日陰を見つけてとっていたのに。腕時計の高度計が1350を示したあたりで南側の展望が開け、天神平のロープウェイ駅が見えた。さらに遠くにとがった山が見えたが、方向からすると武尊山のようだ。さらに上がると反対側も見え出し、白毛門が見えるようになった。最初の鎖場を越えると、マチガ沢の上部が見え出した。登山道の脇P92615170003 に、ウメバチソウやリンドウなどが咲いている。花はもうないだろうと思っていたので、びっくりというか嬉しかった。鎖場を何箇所か過ぎ、ラクダの背を越えて少し下ったコルで、巌剛新道と合流する。この先もマチガ沢の上部を正面に見ながら岩場状の尾根を上がって行く。やがてザンゲ岩の横を過ぎると、岩場状の尾根から笹やぶの中の広い尾根に変わり、トマノ耳やオキノ耳が間近に見えだした。オキノ耳には行列ができている。この頃から雲が広がり始め、時折太陽を隠すようになってしまった。さらに上がって天神尾根と合流すると西黒尾根の静かさがうそのように人が多くなる。さらに登って、三角点の立つ谷川岳・トマノ耳頂上へ。登ってくる人が多く、山名標識の前で記念写真を撮るのに順番待ちをしている。朝に比べるとだいぶ雲が広がってきてしまったが、展望は十分に楽しめる。北方向のオキノ耳の先には一ノ倉岳、茂倉岳が。西側は仙ノ倉山、平標山につながる尾根。さらに途中から分岐する爼嵓山P92615510012稜のやせた尾根が。さらに遠くには平らな稜線の苗場山も見えている。振り返った東方向 には白毛門、その右奥には平ヶ岳や尾瀬の至仏山、燧ヶ岳、笠ヶ岳など。さらに右にとがった武尊山等々。オキノ耳は前回行っている、ロープウェイが混むのが心配でなるべく早く下った方がよさそうということで、今回は行かないことに。展望をしばらく楽しんでから、下ることにする。肩の小屋の前を通って天神尾根に入ると、西黒尾根と違ってこちらは人が多く、行列ができている。列の後をついて行くのはイライラするので、広いところでひんしゅくを覚悟して強引に追い越していく。下ってから見る爼嵓山稜が上から見るのと違ってよい感じ。ただ、黒い雲が出てきたのがちょっと残念。谷川温泉に下るいわお新道の分岐までは岩場状のザレタ道だったが、樹林帯の中の道になり木道なども出てくる。ここからも人が多く、道を譲ってくれない時は広いところで強引に追い越していく。夏山のシーズンは過ぎて花はなく、紅葉にはまだ早いこの時期で人は少ないだろうなと思っていたが、予想に反して大勢の人。心配したロープウェイの混雑はなく、待つことなく乗ることができた。下の駅の構造がわからず、迷って上に行ったり下に行ったりしてしまったがそれでもバスの時間の1時間ほど前にはバス停に着いた。土産物屋で地酒「谷川岳」を買ったり、記録の整理をしたりで時間をつぶす。バスの発車時刻が近づく頃には列がだいぶ長くなっていた。上毛高原からの新幹線は、越後湯沢発のためかガラガラ。

P92615140002 マチガ沢上部
P92615220005 白毛門
P92615320010 西黒尾根

|

« 鶴見川(ポタリング) 2010.9.21 | トップページ | 中央アルプス 2010.10.1~2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴見川(ポタリング) 2010.9.21 | トップページ | 中央アルプス 2010.10.1~2 »