« ネパールからのたより 10-2-4 | トップページ | 奥多摩・上段歩道~四間小屋尾根 2010.11.3 »

奥多摩・水根沢林道 2010.10.23

   奥多摩の水根沢林道の紅葉がきれい、というのをなにかで読んだような記憶が。ネットでの紅葉情報では、奥多摩湖は色づき始めとなっていた。山ではもう紅葉が始まっているだろうなと期待したのですが。
Pa2300640010 Pa2300850014 Pa2301050017 Pa2300610009 

○ 奥多摩・水根沢林道  2010.10.23(土) 曇

 奥多摩(6:55)=奥多摩湖(7:10720)-木橋(9:20)-榧ノ木尾根(10:5511:05)-石尾根(11:30)-鷹ノ巣山(11:5512:15)-六ツ石山分岐(13:35)-奥多摩(15:1515:26)

青梅線の電車から外を見ると、どんよりとした曇り空。奥多摩湖に着いた頃に、やっと少しだけ青空が見え出したが、まだ雲の方が多い。稜線には雲がかかっている。水根沢に行くには、一つ手前のバス停の「水根」で下りるのが正解だったよう。でも、「奥多摩湖」のバス停近くにはキジ場があったので、キジを済ませて歩き始める。沢に沿ってしばらく車道を上がって行く。道路の脇には、ノギクやツリフネソウが咲いPa2300050001_2 ている。道路工事をしているところがあり、車道はそこで終わり。古い道標が右に上がることを示しているが、それに入ると沢から離れてしまいそう。さらに沢に沿って行ってみると、奥で工事をやっているようでモノレールが設置されている。この先には行けないから戻れ、といった旨の看板が設置されていた。やむを得ず古い道標のところまPa2300170002 で戻って地図を確認してみると、地形図の点線は沢から離れて急傾斜をジグザグに上がって行くように記載されていた。標識に従って上がって行くと杉林の中の急な傾斜をジグザグに上がって行くので、これが正解のよう。水根から直接上がってくる道があったようで、やがてその道に合流した。ここからは急な斜面を削ってつけられたPa2300270004水平道になる。狭くなっていて、ロープがつけられている箇所もある。しばらく行くとダイモンジソウが群生していた。マムシ草の赤い実や、コウヤボウキなども見られる。さら に行くと小さな沢を横切るので、そこで最初の一本をとる。しばらくは自然林だったが、いつの間にか人工林になってしまった。上空は雲しか見えない。やっと自然林になったが紅葉は全くしていなくて、まだ早かったようだ。車道から離れてからは沢の様子が全く見えない、高巻きの道だったが沢の近くまで下りて行き、やがて木の橋で右岸に渡る。沢筋につけられた道で、紅葉していれば非常に良い感じのところだ。この先、枝沢を木橋で渡った頃Pa2300290005 からやっと青空が広がり始めて、太陽が顔を見せてくれるようになった。この先で沢から離れ、人工林の中の急な傾斜の登りになる。しばらく喘いで榧ノ木尾根と合流する。この頃からガスが出始めた。登っているときは暑くて汗もかくが、一本取ってじっとしていると寒くなってくる。1500mを越えると、やっと色づいた木が出てきた。さらに石尾根に出ると、色づいた木が目立つようになる。ガスに巻かれた紅葉の木が、それはそれでなかなか良い感じ。頂上に近づくとガスが取れて、青空が見え出した。最後の急な登りに喘いで、頂上へ。頂上は人がいっぱい。北から東側は青空が広がっているが、西側は雲。展望は全く駄目。晴という予報はどうなった。下りは石尾根を奥多摩駅に向かう。下るに従って、青空が見えなくなってしまった。しばらく下ると、まだ色が変わっていない緑の葉が目に付くようになったが、時折真っ赤な葉もあって、目を楽しませてくれる。急な下りが出てきて、地形図を確認したが、そんな地形ではない。変だなと思ったが、六ツ石山方向を示す標識があるので首を傾げながら下って行くと、やがて右方向からの登山道と合流し、自分が来た方向には鷹ノ巣山(尾根筋)と書かれた標識が設置されていた。この先で六ツ石山の分岐。今日は六ツ石山はパス。ここから先では、紅葉は全くなし。途中で、奥多摩駅での時刻表を確認すると、急げば15時26分のホリデイ快速に間に合いそう。思いっきりとばし、間に合った。

Pa2300400007 Pa2300540008 Pa2300780013 Pa2300900016 Pa2301070018 Pa2301090019 Pa2301160021_2

|

« ネパールからのたより 10-2-4 | トップページ | 奥多摩・上段歩道~四間小屋尾根 2010.11.3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパールからのたより 10-2-4 | トップページ | 奥多摩・上段歩道~四間小屋尾根 2010.11.3 »