« 平標山 2011.7.15 | トップページ | 礼文島 2011.8.2~8.5 »

白神岳 2011.7.28~30

越後駒ヶ岳から丹後山への縦走を計画していたのだが、予報ではその周辺の天気は悪くなりそうなことを言っている。他の地域をチェックしたら、東北地方がよい天気になりそう。鳥海山か白神岳が候補に挙がり、今回のメンバーでは誰も行ったことがない白神岳に行くことになった。前日かなり慌ててプランを作ったので、交通費と時間をかけて、登ったのは白神岳だけという非常に贅沢な山になってしまいました。越後駒ヶ岳は昨年も計画して、やはり天気が悪くて行けなかった。行けない山になってしまいそう。
P7293504s P7293508s P7293528s

○ 白神岳  2011.7.28()7.30()

 
28日) 
 白神岳登山口(17:34)-登山口休憩所(18:30)
 五能線に乗ると、日本海が見えだす。白神岳登山口の駅に近づくと、山が見えだしてきた。青空が広がってきて期待も広がって来た。登山口駅の近くでビールを仕入れたかったが、店を見つけられなかった。休憩所まで歩いてかなり汗をかいたこともあり、ビールが飲みたかった。持参した酒で、明日の好天を祈った後、休憩する。

7月29日(金) 曇時々雨
 登山口休憩所(5:50)-二股分岐(6:35)-水場(6:507:00)-最後の水場(7:20)-十二湖分岐(9:40)-白神岳(10:0011:50)-蟶山分岐(13:25)-二股分岐(14:30)-登山口休憩所(15:05)
 休憩所の脇を通って舗装道路に出る。暫く行くと記帳所と標示された小屋があって、登山届を出すようになっているので持参した届を置いていく。届を出す時にいつも思うのだが、届には個人情報が記載されているので他人のものを見ることができないような配慮をしてほしいと思う。見られるのが嫌で届を提出しない登山者もいるのではないだろうか。エアリアマップには旧登山口と記載されていて、ここから登山道になる。ガクアジサイが咲いている。駅の近くでもアジサイが咲いていたが、関東地方と比べると花の時期が遅いのだろうか。二股分岐まではほぼ平坦な道。何箇所か水場を過ぎ、最後の水場を過ぎると急な傾斜の登りになる。最後の水場には特注と思われるステンレス製の重いひしゃくが置いてあった。しばらく急な登りに喘いでやがて尾根に乗る。尾根上の登山道をしばらく進むと蟶山(まて山と読む)分岐は来た方向である旨を示す標識があった。気がつかずに通り過ぎてしまったようだ。雨が降り出したが、強くなく、樹林帯の中でそれほど影響がないのでそのまま進む。ガスが巻いているブナ林の好ましい雰囲気の尾根道。暫く平坦な尾根道を進む。やがて急な傾斜になり、暫くで低木帯になってナナカマドやダケカンバが目立つようになった。森林限界を過ぎるとクルマユリなどの花が見られるようになる。十二湖への分岐を過ぎ、白神岳P7293531s の最高点を越えるとイブキトラノオ、ギボウシ、ツリガネニンジンや咲き残っているニッコウキスゲなどの花々が咲いている。帰りの白神岳登山口の駅で我々に話しかけてきた白神岳の植物に詳しい方のお話によると、イブキトラノオはエゾイブキトラノオでギボウシは一応タP7293511s チギボウシだが、新種ではないかという説もあるということだった。さらに進むと前に立派な建物が見えだした。これがキジ場で、さらに先にもう一つ建物があってこれが頂上避難小屋。頂上はさらに少し上がったところ。頂上からは日本海や岩木山などの展望が楽しめるはずだが、真っ白で何にも見えない。時折ガスが薄くなってほんの少しだけ陽の光を感じることがあり、ちょっと期待を持たせるが少し経つと又ガスが濃くなってしまう。そんなことを何度か繰り返し、一喜一憂しながら2時間ほど頂上で頑張ってみたが、結局ガスが晴れることはなかった。あきらめて下ることにした。登って来たのと同じ道を下る。樹林帯に入ってから、急な傾斜をぐんぐん下る。途中ギンリョウソP7293533s ウに似ているがちょっと形が違う花?が見られた(戻ってから調べるとギンリョウソウの実のよう)。登るときには気がつかなかった蟶山分岐は下りでは尾根から離れるところ。まっすぐ尾根を上がっていけば蟶山に登れるようで、小さな標識があった。一時止んでいた雨がまた降り出した。音からすると本降りのようだが、葉の繁った木の下にいるので濡れることはない。しかし舗装道路に出ると濡れるだろうと水場で一本を取った時にカッパをつけた。二股分岐を過ぎて旧登山口に下り立つ頃には雨は小降りになり、カッパは必要がなさそうなので脱いだ。さらに少し行って休憩所へ。

7月30日(土) 曇
 登山口休憩所(5:00)-白神岳登山口(6:10)
 朝外に出て空を見上げると、青空が広がっている。う~ん。秋田駅の待合所で見たテレビでは新潟の魚沼方面では大雨で被害が出ていることを報道していた。どうも越後駒ヶ岳は縁がなさそうだ。 
P7293514s P7293517s P7293518s P7293520s P7293540s

|

« 平標山 2011.7.15 | トップページ | 礼文島 2011.8.2~8.5 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平標山 2011.7.15 | トップページ | 礼文島 2011.8.2~8.5 »