« 徳島・千羽ヶ岳(千羽海崖) 2011.8.10 | トップページ | 鷲ヶ峰 »

鳥海山 2011.8.21

 白山を計画していたのに、天気が悪くなるような予報。他の地域の天気をチェックすると東北地方の日本海側が良くなりそう。それで、急きょ鳥海山に行くことにした。1ケ月前にも同じようなことをしたような気がする。特に今回は、2~3日前まで暑くて良い天気が続いていたのに、何故だ~!!!鳥海山もすっきりとした良い天気というわけにはいかなかったけど、展望は有り、花もたくさん見られて楽しい山歩きができました。
P8214082s P8214123s P8214086s P8214091s P8214121s

○ 鳥海山  2011.8.21(日) 曇

 鉾立(6:10)-賽ノ河原(7:25)-鳥海湖上(8:008:10)-千蛇谷・外輪分岐(9:20)-御室(10:4510:50)-新山(11:1511:25)-文殊岳(13:00)-分岐(13:25)-鳥海湖上(14:1014:30)-鉾立(15:40)

 前の日に登山口の鉾立まで車で入り、山形の酒を楽しんだ後、車の中で寝る。夜半に目が覚めた時には雨が降っているようで心配したが、朝には雨は上がり雲が垂れこめているものの、展望はある。予報をチェックすると、朝と夜には雨が降るようだが、昼間は曇で雨はなさそう。昨晩の酒が大変美味しかったので、飲みすぎたのか少し残っている。ちょっと不安だが、頂上に向かって出発する。登山口で登山届を出しP8214083s たが、ここはポスト式の箱に届を入れるようになっていて、他人のものは見られないように配慮されていた。さすがに人気の山そして日曜日のためか、登山者が多い。ここまでする必要はないだろうという感じで整備された石畳の山道を上がっていくP8214107s。ギボウシやダイモンジソウ、ニッコウキスゲなどが咲いている。御浜小屋から少し上がったところからは、下に鳥海湖が望める。ハクサンシャジンが見られた。七五三掛か ら少し上がったところで頂上に向かう道は、千蛇谷コースと外輪山コースとに分かれる。短い時間で登れる千蛇谷コースから行くことにした。梯子などがかかる急傾斜を谷まで下って雪渓を渡ると急な登りになる。ニッコウキスゲが群生している箇所があった。しばらく喘ぐと、大物忌神社のある、御室に登りつく。白い小さな花が群れて咲いていたが、P8214130s チョウカイフスマというようだ。ガスが時折広がって、展望を隠す。ここからは岩場状の急傾斜の登りになる。岩の狭い割れ目のようなところを通ったりして慎重に上がっていくと、やがて鳥海山の最高峰・新山へ。頂上は非常に狭く、数人しか立てない。風が強くて、寒く感じるようになってきた。ガスがかかって展望を隠してしまったりしまったり、とれて展望が広がったり一喜一憂を繰り返す。すっかり晴れてしっかりと展望があるのも良いが、かかっていたガスが晴れて展望が一瞬望めるのもそれはそれで良いものだ、などと強がってみる。下りは登って来た岩場状のルートを、白ペンキを確かめながらルートを外さないように慎重に御室まで下る。大物忌神社に無P8214097s 事の下山をお願いする。下りは外輪山コースをとることにする。ガレ場状になっている山道を上がって尾根に乗り、尾根の上につけられた山道をいく。時折振り返ると頂上(正確には頂上の手前のピークのようだが)がガスに隠れたり、姿を現わしたりを繰り返している。ハクサンシャジン、アザミ、ハクサンフウロ、イワギキョウなどの花々を楽しみながら下っていく。花が下を向いているアザミが見られたが、チョウカイアザミというようだ。これはもう花の時期が終わってしまっている。千蛇谷コースとの分岐に着き、さらに下って御浜小屋のすぐ手前、鳥海湖を真下に見るところで最後の一本をとる。ここで、今回のパートナーのSさんが持ってきてくれたグレープフルーツをごちそうになった。非常に美味しかった。ここからは、登山口の鉾立まで石畳で整備された登山道を一気に下る。

P8214104s P8214106s P8214120s P8214129s P8214144s P8214149s P8214159s P8214172s

|

« 徳島・千羽ヶ岳(千羽海崖) 2011.8.10 | トップページ | 鷲ヶ峰 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

 高山植物の綺麗な写真と一緒に鳥海山紀行を楽しく拝見しました。以前、月山と対にして夫婦で2回出かけ、1回目の大物忌神社の山小屋泊りが連合いの小屋泊アレルギーの発端になりました。汚くて粗末な食事で高い値段。私はそんなものと思いましたが、連合いは我慢できない悲惨な体験だったようです。それから、麓の温泉に泊まってピークのピストン往復の厳しい山行ばかり。今回の山行は白山の代替だったようですが、白山は福井県登り口の平泉寺から岐阜県下り口の平瀬が面白そうです。平泉寺は苔が美しいし、平瀬の山小屋には雄大な露天風呂があります。石川県の白峰口ほどポピュラーではありませんが。      また、登戸のTさんと新宿あたりで飲みませんか。

投稿: 千葉・N | 2011年8月31日 (水) 14時26分

千葉・Nさん、コメントを度々いただきありがとうございます。今回我々も、月山にも行くプランでした。鳥海山から下山後、月山の8合目まで行って駐車場で宿泊。剣山に登って帰る予定だったのですが、朝から雨でやめました。今夏は、計画していた山に雨で行けないことが多くてイライラの連続でした。鳥海山は数年前にも行ったことがあります。その時は御浜小屋に泊りました。「汚くて粗末な食事で高い値段」というのは主観的な感覚で何ともコメントできませんが、御浜小屋に泊った時の今でも覚えている印象では、おかずは特別のものではなかったのですが、ご飯(米)が非常においしかったです。さすが米どころだなと思いました。登戸Tさんと飲む件、企画して下さい。

投稿: wakaba3 | 2011年8月31日 (水) 19時46分

 (追伸)御浜小屋のご飯が非常においしかった・・。私も庄内米のおいしさを思い出しました。それは2回目の鳥海・月山行の時、鶴岡・湯田川温泉に泊まって早朝月山に向かう折、朝・昼食のおにぎりを宿で作ってもらいました。月山8合目行のバスの中で食べた朝食のおにぎりが涙の出るほどおいしかったのです。温かさの残っていた勢もありますが、17年前の味の記憶がまだまだ舌に残ってます。
登戸Tさんと飲む件、追って連絡します。

投稿: 千葉・N | 2011年9月 1日 (木) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徳島・千羽ヶ岳(千羽海崖) 2011.8.10 | トップページ | 鷲ヶ峰 »