« 野川公園 2011.9.9 | トップページ | 御坂・毛無山~雪頭ヶ岳 2011.9.14 »

笠取山 2011.9.10

 歩く会で、笠取山を歩いてきました。ポタリングでよく走っている多摩川の、水源・水干がある山です。今回は残念ながら時間がなくて、水干には寄れませんでした。

○ 笠取山  2011.9.10(土) 晴

 作業平橋(9:20)-ヤブ沢峠(10:35)-笠取小屋(10:5011:00)-笠取山(11:5012:20)-笠取小屋(12:5013:00)-ヤブ沢峠(13:15)-作業平橋(14:10)

 登山口の作業平橋には、国道411から高橋川に沿った道に入り犬切峠を越えて行く予定だったが、途中通行止めになっていて行けない。やむを得ず国道411に戻りさらに丹波方面に行って、一ノ瀬川に沿った一ノ瀬林道を上がることにする。作業平橋の駐車場には既に10台程度の車が駐車されていた。準備をして歩き始める。一休坂への分岐を過ぎヤブ沢に沿った山道を上がっていく。周囲は、モミジ等の広P9104383s葉樹が主で紅葉の時期には良さそうだ。沢を渡る箇所では、立派な(資材を運ぶのが大変だっただろうなと思われる)橋が架けられ、よく整備されている。やがて、ヤブ沢峠に出ると柳沢峠から来る尾根に乗る。尾根の上の道は幅の広い道で、車が走れそう。やがて、笠取小屋へ。ここには重機が置いてあったが、幅広い道を走って来たのだろうか。いままでも、ここでも道標には水干を目指すように書かれていて、笠取山の記載が一切ない。笠取山に来る人はあまりいないのか、道標を立てた方の意図なのか。こ こかP9104389s ら少し行くと、草原状になっていて、マルバダケフキの畑になっている。大部分の花は既に終わってしまっているが、まだきれいな花もあった。やがて「小さな分水嶺」へ。ここは富士川、荒川、多摩川の3川の分水嶺になっているようで、その旨を記した石碑が建っていた。でも何故“小さな”分水嶺なのだろうか。雲が広がってきて、太陽を隠してしまった。いったん下って、いよいよ笠取山の急登へ。標高差100m余を一気に登ってしまう。東側のピークが本当の頂上のようだが、西側のピークの方が眺めが良いので、登山者もほとんど西側のピークで休んでいる。甲武信岳等近くの山は見えているが、遠くの山には雲がかかってしまっている。登る途中では見えた富士山にも雲がかかってしまった。雲の間には南アルプスと思われる山も見えているが、稜線に雲がかかってしまっているので、どこが見えているのかわからない。下りは登って来た道を行く。急傾斜を落石しないよう、気をつけて下る。笠取小屋で一本を取り、ヤブ沢峠で尾根から離れて沢沿いの道を作業平橋の駐車場へ。

P9104390s P9104392s P9104405s

|

« 野川公園 2011.9.9 | トップページ | 御坂・毛無山~雪頭ヶ岳 2011.9.14 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野川公園 2011.9.9 | トップページ | 御坂・毛無山~雪頭ヶ岳 2011.9.14 »