« ベニー・グッドマン・オーケストラ 2011.10.1 | トップページ | 中央アルプス・越百山~南駒ヶ岳 2011.10.6~7 »

ネパール通信11-1

 ネパールに行った知人から、便りがきました。ネパールに入った時には既に始まっていた、ダサインのお祭りの様子、凧上げのことや、ご馳走のことなどを紹介してくれています。

お久しぶりです。
お元気でお暮らしでしょうか?
今年は 日本から出る気になれずに(私がいたところで何の力にもなれないのに・・・)秋の滞在だけになりました。
ダサインのお祭りが始まってからのネパール入りでしたが、昨日10日間のお祭りが終わりました。
今年は 雨が多く雨季が長引いたそうで、私が来てからも激しい夕立がありましたが、雨が止んだ空にはたくさんの凧が上がっていました。
この季節の風物詩の凧揚げは 街中ではめっきり見ることが少なくなりましたが キルティプルではまだまだ健在です。
昨日の最終日は 一族の長老から幸運長寿祈願のティカをいただく日で 皆が集まります。
誕生から知っている隣のスベチャの新築のお家にも大勢が集まり、屋上に陣取った人たちが凧の動きに一喜一憂の大声を上げていました。
当地の凧揚げは 伝統的にケンカ凧なのです。
凧揚げの風習からもダサインは日本のお正月を連想させます。
凧揚げは雨季明けに適当な風が吹くからの遊びでしょうが、働きに出てきている人たちが村に帰り、一族が集まって絆を深める 年に一度の機会なのです。
貧しかった昔は肉を食べられるのはこの時だけだったそうで、ごちそうも楽しみですが、昨今は訪ねる先々で出されるごちそうを食べるのが拷問に近いとも街の人は言います。
ネワールの人たちの中に暮らす私はネワールのごちそう「ベエー」が大好きで この時期の滞在はとりわけうれしいです。
ネワールたちのダサインの最大のごちそうは 8日目のクーチベエーです。
この日下宿では家主の奥さんと未婚のお姉さんが作ったベエーが夕食に届けられますが、その前に一部がバジ(おやつ)として供されました。
十ヶ月ぶりのキルティプルで 慣れ親しんだ料理をしみじみ味わいました。
10/7 キルティプルから
 
バジ チウラ(米を炊いてから平たく潰して乾燥させたもの)の上にウォー(豆ハンバーグ)、皿の上部左手からアチャール(こちら風サラダ)、焼肉(水牛肉)、ブテ(豆の一種を煮たもの)。
Pa040005

ベエー  大皿右手 上 アチャール、中 トマト味タルカリ(野菜煮もの)と焼肉、下 ブテとサーグ(青菜)  小皿左手から パウ(甘酸っぱい実 トウガラシとマサラで味付)、ヨーグルトとバナナ、煮肉(水牛)、ミー(豆もやし 消化を助ける 苦い)、チャナ(ひよこ豆)
Pa040007

|

« ベニー・グッドマン・オーケストラ 2011.10.1 | トップページ | 中央アルプス・越百山~南駒ヶ岳 2011.10.6~7 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベニー・グッドマン・オーケストラ 2011.10.1 | トップページ | 中央アルプス・越百山~南駒ヶ岳 2011.10.6~7 »