« ネパール通信11-7 | トップページ | ネパール通信11-8 »

日向山 2011.11.26

 地域の歩く会で、日向山を歩いてきました。甲斐駒ヶ岳を展望する山でなんとなく以前から気になっていたけど、車ではないとアプローチが大変そうで、行きそこなっていた山。期待どおり、甲斐駒や八ヶ岳の展望、紅葉などが楽しめました。
Pb264837s Pb264852s Pb264856s Pb264859s

○ 日向山 2011.11.26(土) 快晴

 尾白川駐車場(9:20)-矢立石(10:10)-日向山(11:40)-雁ヶ原(11:4512:30)-矢立石(13:30)-尾白川駐車場(14:25)

    中央道から、富士山や鳳凰、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳などの眺めが素晴らしい。山からの展望が大いに期待できそう。尾白川駐車場にはすでに何台かの車が駐車されていた。道標に従って、山道に入る。落ち葉が積もった山道を上がっていく。見上げると真っ青な空に紅(黄)葉が映えている。いったん自動車道に出て、再び山道に入りさらに急な傾斜の山道を暫く上がると矢立石。ここでまた、自動車道を渡る。さらに上がっていくと、富士山が見えるようになったが、靄がかかり始めてしまいボンヤリとしている。樹間に甲斐駒ヶ岳や地蔵岳のオペリスクが見え出し、これらの山を見ながら登っていく。やがてカラマツ林に入ったが、今はすっかり葉を落としてしまっている。もう少し前に来れば、紅葉が楽しめたことが想像できる。また、新緑の時期も良さそうだ。道の両側には、シモバシラができていた。雨量計が出てきて、さらに進んで右に入ると三角点が置かれた、日向山の頂上。頂上は自然林に囲まれ展望はないが静かな雰囲気。頂上からさらに少し行くと突然、白砂の平・雁ヶ原に出る。白い岩の塔がいくつか立っていて、ちょっとした感じ。目の前に、甲斐駒ヶ岳が見えるが、こちらの方向からは見慣れないので、うん?という感じ。反対側には八ヶ岳、その左に霧ヶ峰、さらに白い山なみが少しだけ見えているのは北アルプスだと思うが、どこが見えているのかわからない。お昼の時間を過ぎると靄が少しかかり、シャープさがやや欠けてしまう。暫く展望を楽しんでから、下ることにする。下りは、今日は登って来た道をそのまま下ることに。紅葉を楽しみながら、駐車場まで一気に下る。

Pb264838s Pb264840s Pb264841s Pb264842s Pb264843s Pb264846s Pb264848s Pb264858s Pb264862s Pb264869s

|

« ネパール通信11-7 | トップページ | ネパール通信11-8 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信11-7 | トップページ | ネパール通信11-8 »