« ネパール通信11-12 | トップページ | 夕日 »

南高尾~東高尾 2011.12.25

城山発電所から歩き始めて南高尾~高尾山~東高尾を歩く環状縦走をしてきました。午後から時折雲が出てきて、太陽を隠すことがあったが、ほぼ1日良い天気。そしてシモバシラという思わぬクリスマスプレゼントをもらいました。

Pc255094s Pc255096s Pc255118s

アルバム「冬の高尾」を作りました。そちらにもアクセスして下さい。

○ 南高尾~東高尾 2011.12.25(日) 晴

 城山発電所(6:00)-三沢峠(6:35)-日の出(6:50)-見晴台(7:207:30)-大洞山(8:15)-大垂水峠(8:40)-もみじ台(9:359:50)-高尾山(10:00)-稲荷山-清滝(11:1011:50)-四辻(12:05)-草戸山(13:1513:25)-城山発電所(13:55)

 発電所から歩き始める頃はまだ真っ暗だが、暫くは広い道なので歩くのPc255056sに、それほど支障はない。やがて東の空が真っ赤にきれいになってきた。ちょうど日の出の時に 東側が開けている所にいて、日の出を見ることができた。見晴台からは真っ白な富士山がきれいに見えている。蛭ヶ岳の頂上が光っているが、小屋のソーラーに日が当っているのだろうか。大洞山頂上の前後でシモバシラを見た。全く予想をしていなかったのPc255066s で、ちょっとびっくりというか嬉しかった。大垂水峠から高尾山に上がっていく途中でも、何箇所かでシモバシラを見ることができた。結構大きいのもある。やがて高尾山から城山方面への縦走路に出る。縦走路では、ススキが多く日が当って光っているように見えてきれい。もみじ台のすぐ下から見える富士山には、雲がかかってきてPc255110sしまった。高尾山頂上には、カメラの三脚が何本も立っている。もしかして、ダイアモン ド富士が見られる日でこんなに早い時間から場所取りをしているのだろうか。ご苦労様です。頂上からは稲荷山コースを歩く。頂上まではあまり人に会わなかったが、ここでは登ってくる人が大勢いる。下に木の間越しに工事中の圏央道が見えた。ケーブルカーの清滝駅に降り立ち、日向で韓国製のラーメンを作って昼食にする。R20を渡って、東高尾の尾根に上がる。標識に「かたらいの道」と書かれていた。雲が出てきたようで、時折太陽を隠してしまう。この山道は数人のハイカーと出会うが、静かで自分は好きな尾根道。ただ、途中バラ線が張ってある箇所があって雰囲気を壊しているのが残念。草戸山からは城山湖の周遊路。台風の影響で、暫く立ち入りを禁止していたが、歩けるようになったよう。本沢ダムに下りて、城山湖発電所に戻り環状縦走の完了。

|

« ネパール通信11-12 | トップページ | 夕日 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信11-12 | トップページ | 夕日 »