« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2011.12.24 | トップページ | 南高尾~東高尾 2011.12.25 »

ネパール通信11-12

 今回では、最後の通信になるようです。近くの保育園を訪ねたそうで、保育園の様子を報告してくれています。ネパールではどの宗教のお祭りも休みだそうです。先日訪ねた韓国では、春のお釈迦様の誕生日(日本では一般的には花祭りと言いますが、韓国では何と言っているのかは聞きそこないました。)とクリスマスの日が休みだと言っていた。

顔見知りの保母さんにばったり出会った時に「保育園に来てね」と言われ、「行きます」と返事したのを やっと果たすことができました。
保育園はキルティプルに2つありますが、一つは私の暮らす地区、歩いて5分もかからない場所にあります。
実は昨日行ったのですが、クリスマスの休みでした。
新しいネパールでは どの宗教の祭日も休みになったのを忘れていました。
訪ねた昼前には 屋上の陽だまりに移動して 紙芝居をしていました。
元気に機嫌よく保育園に来ましょう・・・という内容の紙芝居が終わると 魚が泳ぐ指遊びをしていました。
お休みの子も何人かいたようですが、ぐずってずっと抱かれていた子や ぐっすり眠ってる子もいました。
見慣れない外国人が来たからか 寒い季節で身体が縮こまっていたのか 保母さんの問いかけに元気に応えている子は一人だけでしたが・・・
集合写真を撮り終えると 次々にズボンを脱がせて 決められたコンクリートの一角にしゃがませて おしっこをさせているのが 何だかネパールらしく微笑んでしまいました。
子ども用の小さい便器が並んだトイレなど 作る余裕もないのでしょう。
この保育園は ドイツの援助で始まり、援助が打ち切られてから保母さんは無給の奉仕をしていると何年か前に聞かされました。
同じようなケースはあちこちで聞かされます。
始める時には 何年か後には政府援助に移行するとの約束が反故になるのです。
たいていは無給で働く人などいなくて閉鎖されてしまいます。
外から入り込んだNGOの人に保母さんの給料を出すことを期待されて話しを持ちかけられたことが実はあるのですが、ケーキを焼いて持って行って、写真を撮って届けること、私個人の力量の範囲で ここに暮らさせていただいている間は続けたいと思っています。
今回の滞在も残すは実質1日となり、年の瀬の日本に帰ります。
日本を離れて安らぎたいと放射能汚染の地を逃げ出したとも言える今回の滞在でしたが、ネット情報遮断までは出来ず、やはりずっと「フクシマ」を追っていました。
また来年 メールでお会いしましょう。
どうぞ皆様 よいお年をお迎えくださいませ。
12/27深夜 一日10時間の停電の隙間を縫って キルティプルから
Pc260001 Pc260010 Pc260016

|

« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2011.12.24 | トップページ | 南高尾~東高尾 2011.12.25 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2011.12.24 | トップページ | 南高尾~東高尾 2011.12.25 »