« 神代植物園~野川公園 2012.2.24 | トップページ | 雪 2012.3.1 »

荒倉山 2012.2.26

荒倉山は去年歩いているが、靄がかかって展望が今一だった。それで、富士山、甲斐駒ヶ岳、地蔵岳のオペリスク、八ヶ岳等の鮮明な展望を楽しみたいと天気予報をきっちりとチェックをして出かけたのですが・・・・。どうも自分と同じ行動をした人の中に、雨男(女)がいたようです。

○ 荒倉山 2012.2.26(日) 曇

 穴山(7:467:50)-穴山橋(8:25)-龍珠院(8:50)-平川峠(9:259:35)-つぶらの松(10:2010:30)-荒倉山(10:3510:45)-平川峠(11:35)-龍珠院(12:55)-穴山(13:5014:25)

 駅近くの電光掲示の温度計が3℃を表示していた。笹子駅の近くでは線路わきに雪が見られたが、トンネルを抜けたら見られなくなった。穴山駅で電車を降りると、弱いながらも冷たい風が吹いている。フリースが脱げない。甲斐駒ヶ岳やオペリスクは見えているが、空はどんよりとした曇空。最近早朝は曇っているが、暫くして晴れてくる天気が多い。予報では晴れると約束しているので、その内雲はとれて青空が広がってくるだろう。ジグザグ道を下ってR20に下りるのだが、途中ショートカットをしようと草原に入って2度こけてしまった。1度は、落ち葉が詰まっているU字溝に気がつかなくて踏みこんでしまった。もう1度は蔓に足をとられた。R20の電光掲示は2℃を表示していた。穴山橋からは八ヶ岳が見える。龍珠院から山道になる。10人超の集団が後ろから迫ってきた。速いペースで追い越されてしまった。平川峠で一旦林道に出るP2265647s がすぐ山道に戻る。雪は全くない。再び林道に出て、少し行くと林道の終点。道の上に少し残っている雪が凍っていた。太陽がちょうど雲の薄い所に来たのか、少しだけ陽の光を感じたが、すぐに元に戻ってしまった。もうすぐ頂上かなと思われるところでは、凍った雪が残っていて、滑らないように道を外して歩く。頂上からの展望は富士山だけで、その富士山は雲の中。ということで、八ヶ岳の展望が楽しめる頂上手前のつぶらの松で休むことにした。前回来た時は霧ヶ峰や北アルプスが見えたのだが今日は見ることができない。八ヶ岳は見えているが、曇空ではなんとP2265644s なくさえない。しばらく展望を楽しんでから頂上へ向かう。頂上は通り過ぎて南西方向に少し下った、鳳凰の展望地へ。オペリスクに時折雲に隠れそうになりながらも、姿を見せてくれている。展望を楽しんでから頂上に戻り下ることにする。林道終点には車が止まっていて、車の中から犬の鳴き声が聞こえる。車から少し離れたところ何人かいてその内の一人に「登山者は大勢いるか?」と聞かれたので「大勢いる。」と答えた。どうも猟の連中のようだ。そういえば登っている時に、銃の音が聞こえた。登山者が多い所で、怖い!平川峠からは時間に余裕があるので林道を行くことにした。時折木の間から甲斐駒ヶ岳が見える。林道歩きもうんざりしてきた頃、円池に着いた。水が全くない。さらに行くと、荒倉山に上がっていく道と合流し、少し下って龍珠院へ。ここからは朝歩いた道を穴山駅に向かって歩く。穴山橋からの八ヶ岳は稜線付近に雲がかかってしまった。朝2℃を表示していたR20の温度計は、7℃を表示していた。ジグザグの道に入るとトンネルの手前に、ほぼまっすぐに上がっていく歩道があったのでそちらに入る。かなりの急傾斜で辛かった。穴山駅に着いた頃には、甲斐駒ヶ岳の前に雲が出てきてしまい、殆ど隠れてしまった。

|

« 神代植物園~野川公園 2012.2.24 | トップページ | 雪 2012.3.1 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神代植物園~野川公園 2012.2.24 | トップページ | 雪 2012.3.1 »