« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

秋山沢右岸尾根~オソネ~東沢ノ頭~扇平山 2012.5.26

 高校山岳部の山荘が長野県川上村の高登谷という所にあり、そこにOBが集まって飲み会をやるので参加するようにという案内があった。同期のSSさんから近くの山に登ってから参加しないかという誘いがあり、千曲川上流の北側のヤブ尾根を歩いて山荘での飲み会に参加してきた。山は厳しいヤブはなく、展望が楽しめ、そしてカラマツの新緑が非常にきれいで楽しい山歩きができた。山荘での飲み会では、久しぶりで先輩方にお会いでき、楽しいひと時だった。誘ってくれたSSさんありがとう。それと、今西錦司さんがこの山荘を訪れたことがあったそうで、色紙があった。若い頃に「生物社会の論理」、「私の進化論」、「私の自然観」など今西さんが書いた本を何冊か読んでいたので、かなりびっくり。これを機会に読みなおそうと思った。
P5267094s P5267100s

続きを読む "秋山沢右岸尾根~オソネ~東沢ノ頭~扇平山 2012.5.26"

| | コメント (0)

南高尾~小仏城山 2012.5.23

夜に飲み会の約束があり、下山後直接その場所に行きたい。ということはバイクで駅に出ることはできなく、遠くの山には行きづらい。ということで安易に南高尾からの山へ。キンランやホウの花を見ることができました。
P5237027s P5237073s P5237084s P5237053s

続きを読む "南高尾~小仏城山 2012.5.23"

| | コメント (0)

山・花のアルバム「2012年春の花々」に写真を追加しました。

| | コメント (0)

戸隠の花々 2012春

アルバム「戸隠の花々 2012春」を作りました。そちらにもアクセスして下さい。

| | コメント (0)

戸隠 2012.5.16~5.17

 昨年は日帰りで行った戸隠の森林植物園。今年は、飯縄山のセットで歩いてきました。大気の状態が不安定で、突然雷雨が来る可能性があると脅かされ心配しながら歩いたが、大丈夫でした。飯縄山では靄でシャープさには欠けましたが、戸隠や真っ白な高妻山、火打、妙高などの山々の展望、森林植物園では水芭蕉、キクザキイチゲ、カタクリなどの花々を楽しんできました。
P5166794s P5176822s P5176892s P5176844s

続きを読む "戸隠 2012.5.16~5.17"

| | コメント (0)

2012年春の花々

アルバム「2012年春の花々」を作りました。アクセスしてみてください。

| | コメント (0)

御坂・黒岳 2012.5.8

 昨年は4月の終わりに行って、カタクリがまだ咲いていなかった黒岳。10日ほど遅らせてプランしてみた。それにしても、平日に御坂の山に行くのはバスの便が非常に悪い。大石峠付近を歩いてみたかったが、大石峠から下山するにも、朝大石から入るにも良いバスがない。結局今回のプランの三ツ峠入口から黒岳に登って笹子に下りるコースしかとれない。富士急行さん、ご一考をお願いします。
P5086699s P5086705s P5086752s

続きを読む "御坂・黒岳 2012.5.8"

| | コメント (0)

伊豆・天城越 2012.5.4

 伊豆の天城・踊子歩道を歩いてきました。川端康成の「伊豆の踊子」(かなり前に読んだ記憶はありますがどんな話だったかはすっかり忘れています)や石川さゆりの演歌「天城越」の舞台になったところ。途中、昨年の台風の影響のようで一部歩道が通行禁止になっていて、ちょっと困りましたが、楽しく歩いてきました。

P5046650s P5046653s P5046659s

続きを読む "伊豆・天城越 2012.5.4"

| | コメント (0)

沼津アルプス 2012・4・30

 歩き始めたのが遅かったので、香貫山から徳倉山を越えたところで下りました。雲が多くて富士山の展望は楽しめませんでした。タツナミソウが沢山咲いていました。

P4306601s

続きを読む "沼津アルプス 2012・4・30"

| | コメント (0)

南高尾~明王峠 2012.4.28

大チョンボをしてしまった。奥多摩のサルギ尾根から鍋割山、御岳の奥ノ院などを歩いて、イワウチワやカタクリなどを楽しもうというプランで出たのだが、途中で財布を忘れた気がついた。戻ってから出直しても武蔵五日市からのバスには間に合わず、あきらめざるを得なかった。それで結局手軽に行ける、南高尾に急きょ計画変更。情けない。皆さん、気をつけましょう。
P4286444s P4286556s

続きを読む "南高尾~明王峠 2012.4.28"

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »