« ネパール通信12-1-7 | トップページ | 沼津アルプス 2012・4・30 »

南高尾~明王峠 2012.4.28

大チョンボをしてしまった。奥多摩のサルギ尾根から鍋割山、御岳の奥ノ院などを歩いて、イワウチワやカタクリなどを楽しもうというプランで出たのだが、途中で財布を忘れた気がついた。戻ってから出直しても武蔵五日市からのバスには間に合わず、あきらめざるを得なかった。それで結局手軽に行ける、南高尾に急きょ計画変更。情けない。皆さん、気をつけましょう。
P4286444s P4286556s

○ 南高尾~明王峠 2012.4.28(土) 曇後晴

 城山発電所(6:50)-泰光寺山(7:50)-ベンチP(8:15)-見晴台(8:30)-中沢山(8:50)-大洞山(9:209:25)-大垂水峠(10:05)-一丁平(10:35)-城山(11:0011:05)-小仏峠(11:20)-景信山(11:5512:05)-堂所山(13:00)-明王峠(13:2513:35)-与瀬神社(14:35)-相模湖(14:5015:01)

 発電所に上がっていく道のわきには、ケマンソウが沢山。見上げると、八重P4286449s咲きの桜が満開状態。また、クサイチゴも見られるが、白い花なので汚れが目立ってしまっ ている。発電所を過ぎて山道に入ると、チゴユリが出てきた。今日は晴れるという予報だったのに、あるいはこれから晴れてくる予兆なのか、ガスが濃い。水滴が落ちてくるが、雨が降っているのか、木に着いた水滴が落ちてくるのか。気になるほどの量ではないので、そのまま進む。ベンチPではクサボケのダイダイ色の花が目立っていた。見晴台では丹沢等の山はガスに隠れているが、下の沼本の集落には日が当たり始めている。これから晴れてくれることを約束してくれているのかな。先に進もうとしたら、P4286494s 休んでいた方が「ホタルカズラがあるよ。」と教えてくれた。採っていってしまうとんでもない輩がいるので、枯れ枝や枯葉で隠しているのだと言っていた。野草は家の庭で見るのではなく、自然に咲いている場所に行って見るのが楽しいのだと思うのだが。採っていく輩の心情は理解できない(理解したくない)し、許せない。少し先ではタツナミソウが一輪だけ咲いていた。ジュウニヒトエも見ることができた。コンピラ山を越えた頃には薄日を感じるようになったが、一瞬だった。大洞山の先ではヒトリシズカが群生、そしてイカリソウが見られた。ヒトリシズカは、今日歩いたコースP4286578sの中ではスミレに次いで多く見られた花。大垂水峠を過ぎた頃からやっとガス・雲が取れてきて青空が広がってきた。一丁平の手前では、昨年キンランを見たのでそれを期待したのだが、今年はまだ早いのか見ることができなかった。残念。一丁平からの丹沢は山腹にはまだ雲が残っているが、上の方の雲はすっかり取れて、尾根がきれいに見えた。富士山は残念ながら雲がかかっていて、雲の中にうっすらと見える程度だった。2週間前に来た時には、桜はやっと咲き始めたところだったが、今日はほぼ満開状態でお花見をしながらの山歩きになった。草の花では、スミレがずっと続いて咲いている。スミレの花が続いて見られる。私はスミレはスミレで良いと思っているので、○○スミレまで同定する必要はないと思っている。細かい同定はマニアに任せましょう。ただ、エイザンスミレだけは葉の形で簡単にわかるので。上空はすっかり青空が広がり、気温も暑く感じるくらいまで上がって気持ちの良い尾根歩き。この後、桜やヒトリシズカ、スミレ、クサボケなどの花々を楽しみながら、明王峠まで歩く。峠からは、与瀬神社に下りるのでは2週間前と同じでつまらないとも思ったが、遅くなりたくないという気持ちの方が勝ってしまい、結局与瀬神社に下りてしまった。今日はバイクに乗って帰る必要がないので美味しくビールを飲みながら、電車に乗った。

P4286455s P4286462s P4286488s P4286496s P4286517s P4286531s P4286584s P4286594s

|

« ネパール通信12-1-7 | トップページ | 沼津アルプス 2012・4・30 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信12-1-7 | トップページ | 沼津アルプス 2012・4・30 »