« 南高尾~小仏城山 2012.5.23 | トップページ | 滝子山 2012.5.31 »

秋山沢右岸尾根~オソネ~東沢ノ頭~扇平山 2012.5.26

 高校山岳部の山荘が長野県川上村の高登谷という所にあり、そこにOBが集まって飲み会をやるので参加するようにという案内があった。同期のSSさんから近くの山に登ってから参加しないかという誘いがあり、千曲川上流の北側のヤブ尾根を歩いて山荘での飲み会に参加してきた。山は厳しいヤブはなく、展望が楽しめ、そしてカラマツの新緑が非常にきれいで楽しい山歩きができた。山荘での飲み会では、久しぶりで先輩方にお会いでき、楽しいひと時だった。誘ってくれたSSさんありがとう。それと、今西錦司さんがこの山荘を訪れたことがあったそうで、色紙があった。若い頃に「生物社会の論理」、「私の進化論」、「私の自然観」など今西さんが書いた本を何冊か読んでいたので、かなりびっくり。これを機会に読みなおそうと思った。
P5267094s P5267100s

○ 秋山沢右岸尾根~オソネ~東沢ノ頭~扇平山 2012.5.26(土) 晴

 秋山(7:10)-金網(7:25)-林道(8:05)-1508(8:15)-1636(8:35)-林道(8:408:50)-オソネ・1853.9(9:5010:00)-1884(10:35)-1907(11:05)-東沢ノ頭・1933(11:4011:55)-分岐(12:10)-1821(12:45)-扇平山(13:1513:25)-1566(14:00)-梓山(14:30)-秋山(15:10)

 昨晩は夜半1時頃清里・美し森の駐車場に着き、そこにテントを張って仮眠した。猛烈寒くて、何度か目が覚めてしまった。秋山の駐車場所から千曲川を渡り、目的の尾根の末端に着いた。末端には金網が張ってあって、尾根に取り付けない。網を越えられる所を探して網に沿って歩いて行くとやっと途切れて、越えることができた。10分ほど急傾斜の登りに喘いで尾根に乗る。尾根上には微かながら踏み跡がある。尾根に乗ると傾斜が少し緩んだ。ハナネコノメ(だと思う)や高尾ではすでに終わって しまったヒトリシズカが咲いていた。やがて林道が出てきて下り立ったが、林道を渡って尾根に戻りたいのだが、道を造るために尾根が削られているため反対側が崖状になっていて、尾根にとりつくことができない。左右を探して何とか登れそうなところを見つけて、やっと尾根に戻る。林道を造るために尾根を削ってしまったら、階段を造る等、山道を確保してほしい。できれば、やたら林道なんか造らないでほしい。境界を示すためのものなのか、オレンジ色のプラスチックの杭が続いている。急な斜面を登って、1508へ登りつく。ここからしばらく痩せた岩混じりの尾根になった。木のP5267097s 間にやや靄のかかった八ヶ岳が見えだした。1636を越えて少し下ると再び林道が出てきた。林道からは八ヶ岳が展望できるが、雲が上がってきて赤岳の頂上を隠してしまった。近くには独特の山容をした男山が見えている。ここも林道の反対側が崖状になっていて、登れそうな場所をやっと見つけて尾根に戻る。鹿の糞が沢山見られる。振り返ると五丈岩がある金峰山や小川山、左方向には北岳、甲斐駒ヶ岳、鋸岳が見えだした。上がっていくと最近切ったと思われる木の切り株が見られた。また、まだ新しい菓子の包装が捨てられていた。重たいわけではないし、大きいものでもないので捨てないで持って帰ってほしい。幅が広くなった尾根を登りきると、三角点のあるオソネ頂上。山名標識と思われる板を打ち付けた杭が立っていたが、字はすっかり消えてしまっている。頂上は樹木に覆われて展望はない。オソネから少し行くと大きな岩に行く手を阻まれた。右側から巻いて岩の上に出る。その先しばらく岩の尾根が続く。金峰山から甲武信岳への尾根が良く見える。エイザンスミレが見られた。又、ミヤマカタバミも見られたが花P5267103s びらを閉じてしまっている。この後も大小の岩が出てくるが、微かではあるが踏み跡があり、適格に導いてくれ楽しく歩ける。オソネまであったオレンジのプラスチック杭と中部森林管理局の境界見出標の両方が続いて立てられていて、マーキング代わりになっている。ただ、あまりこれに頼りすぎると、違う方向に導かれてしまうことがあるので、尾根が分岐している箇所では、地形図を確認して歩いていく。いくつかのピークでは、オソネの頂上にあったのと同様の板を打ち付けた杭が立っていたが、いずれも杭に書かれている文字は確認できるが、板の表面には文字が確認できない。山名標識ではなく、もともと板の表面には何も書かれていなかったのでは、とも思えてしまう。尾根の両側は新緑のカラマツ林が続き非常にきれい。又、シャクナゲの木が続くが、残念ながら花はまだ先のようだ。1907を越え、扇平山への分岐を過ぎ岩場、ザレを登って東沢ノ頭へ。岩のピークで展望が良く、八ヶ岳にかかっていP5267107s た雲がすっかりとれて、靄がかかってシャープさには欠けるものの、北八も含めて全山見えている。暫く展望を楽しんで、扇平山への分岐に戻り主稜線から離れる。登って来た尾根にはなかった笹ヤブが続く。一応ヤブの中に踏み跡は有るが、かなり濃いヤブなので、消耗し歩くペースも遅くなる。途中岩ピークがあって、奥秩父などの展望が楽しめた。1821の登りでやっと笹ヤブから解放された。扇平山の登りにかかる所では、ツツジが咲き始めていた。扇平山は頂稜という感じで、南の端が頂上。ここからは、1566に向かっていく南東方向に伸びる急な尾根を下る。少し下ると林道に出た。林道に下り立つのに、急で崩れそうな斜面を慎重に下る。1566からは南方向にむかって急な斜面を下る。やがて畑のすぐ手前に下り立ったが、朝と同様金網に行く手を阻まれてしまった。かなりの距離網に沿って歩いて行くと、網を外して通れるようにしてある所がありそこから外に出ることができた。畑の作物を鹿などの動物から守るための対策なのだろうか。千曲川を渡り、車道に出て十文字峠に向かう時に下車するバス停梓山の前を通って、車道を秋山へ向かう。途中「チロリン村」などというバス停があった。車道を40分ほど歩いて、秋山のバス停近くの駐車場所へ。川上村の高登谷にある山荘で先輩方と落ち合い、その夜はおでんやコブクロなどを食べながら、しこたまお酒を飲んでしまった。

P5267104s

|

« 南高尾~小仏城山 2012.5.23 | トップページ | 滝子山 2012.5.31 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南高尾~小仏城山 2012.5.23 | トップページ | 滝子山 2012.5.31 »