« ロシアの古都ノーブゴロド | トップページ | 鳥屋山・北尾根~矢平山 2012.7.11 »

ドストエフスキーが愛したスタールヤルッサ

 HGさんから、続けてドストエフスキーが愛したというスタールヤルッサへの訪問記が届きました。

 ノーブゴロドからイリメニ湖を経由して90km先のスタールヤルッサにドスト
エフスキー博物館があります。ここで晩年を過ごして悪霊、未成年、カラマーゾフの兄弟を書いた川沿いの家(とても住み心地の良さそうな立派な家)が復元され公開されていました。カラマーゾフの兄弟に出てくる16の通りが実在し保護区になっているそうです。
 
今回の旅の直前にドストエフスキーの白夜とカラマーゾフの兄弟を再読。この地を訪れて小説の背景を深く感じることが出来た様な気がします。
イリメニ湖
01_2
ドストエフスキー博物館
02_2
博物館入口のプレート
03_2
ドストエフスキーの息子が洗礼を受けた教会
04_2
ドストエフスキー像
05_3 

|

« ロシアの古都ノーブゴロド | トップページ | 鳥屋山・北尾根~矢平山 2012.7.11 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシアの古都ノーブゴロド | トップページ | 鳥屋山・北尾根~矢平山 2012.7.11 »