« 井の頭公園の紅葉 2012.11.9 | トップページ | ネパール通信12-2-7 »

丹沢・鳥ノ胸山~畦ヶ丸 2012.11.10

 休日でなければ、月夜野から道志に行くバスがあるはずだと調べてみると、今もあり土曜日でもOK。そのバスでアプローチできる山を物色し、次週歩く会で登ることになっているが、違うルートを選択して鳥ノ胸山とその先の畦ヶ丸を経由して、西丹沢まで歩くことにした。紅葉と下棚との組み合わせも期待。
Pb109953s Pb109957s Pb109985s Pb100003s Pb100017s

○ 丹沢・鳥ノ胸山~畦ヶ丸 2012.11.10(土) 晴

 唐沢(8:30)-鳥ノ胸山(10:0010:10)-雑木ノ頭(10:40)-林道(11:10)-大界木山(11:5012:05)-モロクボ沢ノ頭(12:35)-畦ヶ丸(12:5513:00)-善六ノタワ(13:30)-下棚沢出合(14:15)-下棚(14:2014:30)-西丹沢自然教室(15:10)

 登山口に向かうバスの車窓からは、葉が色づいた木が多くみられる。唐沢でバスを降りると下の方は手前の山で隠れているが、富士山がきれいに見えた。R413から道志川に下りて対岸に渡るが、秋葉山に向かう道がわからない。きょろきょろしたら、秋葉山(地元では秋葉様というようだ。)を案内する看板があり、登山路を示してくれていた。舗装された落ち葉が積もった道をしばらく上がると、鳥ノ胸山を示す標識があったのでそれに従って舗装路を離れ登山道に入る。あまり歩かれていないよPb109951s
うで、道形ははっきりしない。しばらく行って尾根を越え、沢に下りるとそこで消えてしまった。右側の尾根に向かって上がっていく微かな踏み跡(獣道?)があったので、それに従って急な傾斜を上がり尾根に乗る。地形図でどの尾根に乗ったのかが確認できないが、尾根は最終的には山頂に集まるという法則を信じてとにかく上がっていく。境界を示すためのものと思われる杭が出てきた。やがて右からの小さな尾根を合わせ、さらに上がって左からの尾根を合わせた。ビニールテープのマーキングあり、踏み跡も今までの尾根よりははっきりとしている。これが秋葉山を経由する尾根と思われたが、高度計付きの時計を最近紛失してしまい、今日の時計は高度が確認できないので、高度での位置確認ができないのが辛い。この周辺はちょうど紅葉が見ごろで、位置確認ができない不安はあるが紅葉を楽しみながら上がっていく。やがて右方向から上がってくる尾根と合わせたが、しっかりとした道形がついているので一般道に出たようだ。ビニールテープに秋葉山方向を示す記載があったが矢印の向きが微妙。樹間にきれいな富士山が見えた。左方向に少し上がると、鳥ノ胸山の頂上に着いPb109959s
た。自分が登ってきた尾根が予定していた秋葉山経由の尾根で、秋葉山よりだいぶ上で道形が消えたと思った地点で取りついた尾根と合わせたようだ。ということは微妙な向きをしていた秋葉山方向を示す矢印は、自分が登ってきた尾根の方向を示していたようだ。頂上からは富士山の展望が素晴らしい。しばらく富士山の眺めを楽しんで、下ることにする。下りはヒノキ林の中の急な下り道。急な下りでは、一気に下りてしまうので踏み跡を外さないように気を付けて進む。所々トラロープが張ってある。急坂を下りきって登りになると、ブナ林になり黄葉を楽しみながらの尾根歩きになる。雑木ノ頭を越え、平指山は気が付かないうちに越え、林道に下りた。少し左方向に行って大界木山への登りにかかる。かなり近くで銃の音が聞こえてビックリ。怖い~!!急な傾斜をしばらく上がり、菰釣山に続く尾根に出た。振り返ると樹間に富士山がこの時間でもくっきりと見えている。やがて登りついた大界木山からは、大室山や檜洞丸が木の間に見えている。畦ヶ丸に向かう途中、畦ヶ丸ではなく白石峠と書かれた標識が出てきて分岐を見過ごしたか心配になった。不安に思いながら先に進むと、やがて白石峠に分岐するモロクボ沢ノ頭に着いてホッとする。紛らわしい標識はやめてほしい。一旦下っていよいよ畦ヶ丸の登りにかかる。さすがに富士山には少し靄がかかってきたが、それでもまだ結構しっかりと見えている。このあたりでは紅葉はすでに終わってしまったのか、葉を落とした木が目につくようになった。避難小屋で大滝峠への道を分け、最後のしばらくの登りに喘いで畦ヶ丸の頂上へ。先客が十数人ほどいた。バスの時間に余裕ができれば下棚に寄りたいと水分を補給してすぐに出発する。少し下ると道志の山の向こうに、雲取山を中に右方向に石尾根、左方向に奥秩父のPb100008s山々が望めた。善六ノタワでリンドウが咲いているのを見て、ビックリ。ここから西沢方向に下っていく尾根に入り、やせた急傾斜の尾根をしばらく下る。この尾根の上でも何輪かのリンドウを見た。やがて沢に下り立って沢に沿った道になる。下棚沢の出合に着いた頃はバスの時間まで余裕があるので、下棚を見に行くことにした。意外と早く着き、しばらくきれいな滝の眺めを楽しむ。夏の暑い時期であれば、“涼感が・・”というところなのだろうが、この時期では寒い。出合に戻り沢に沿った道を、堰堤を越えるなどして進み最後中川川にかかるつり橋を渡って西丹沢自然教室バス停へ。バス停に着いてから西丹沢自然教室の中に入ってみると、リンドウが咲いている旨の紹介があった。

Pb109997s  Pb109961s Pb109978s Pb109983s Pb109987sPb109989s_3 Pb109994s Pb100011s Pb100021s

|

« 井の頭公園の紅葉 2012.11.9 | トップページ | ネパール通信12-2-7 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 井の頭公園の紅葉 2012.11.9 | トップページ | ネパール通信12-2-7 »