« ウィーンからの便り-おいしい食べ物- | トップページ | ネパール通信12-2-12 »

滝戸山、荒倉山 2012.11.24~25

 例年やっているshoさんとの忘年山行。今年も自分にとっては非常に新鮮なプランを作ってくれました。1日目の滝戸山は山域としては御坂になるのだろうか。御坂の釈迦ヶ岳から西方向に延びる尾根で、全く初めて歩く尾根。2日目の荒倉岳はすでに登っている山だが、下りのコースが新鮮。

Pb250048s Pb250052s Pb250069s Pb250102s

○ 滝戸山、荒倉山 2012.11.24()11.25() 

 

11月24日(土) 曇後晴

 藤垈の滝・駐車場(6:05)-金刀比羅神社(7:057:15)-狢山(8:058:15)-滝戸山(9:059:10)-鶯宿峠(9:50)-分岐(10:2010:30)-名所山(10:50)-黒坂峠(11:00)-春日山(11:1511:25)-名所山(11:55)-分岐(12:10)-1171.8(12:15)-849.3(13:05)-車道(13:35)-駐車場(13:50)

 駐車場からしばらく車道を行き、石柱が2本立っている間を入る。しばらく舗装された道を行くと、やがてジグザグに上がっていく山道になった。神社への参拝道になっているのか道形はしっかりしている。暑くなってきたので、長袖Tシャツ1枚になる。やがて、金刀比羅神社に登りついた。山の上にあるにしては、社や鳥居、狛犬が結構立派だった。よくここまで持ち上げたなと感心したが、信仰の力だろうか。社の裏から尾根を少し下ると、階段があって林道に出た。裏参道と書かれた石の標識が立っていた。空はどんよりとした曇り空で寒くなってきたので、シャツを1枚着る。林道を右方向に少し行って傾斜が緩いところから、尾根に取りついた。樹林帯の中の尾根を単調に上がっていき、再び出てきた林道を渡って少し上がると三角点のある狢山頂上。突然アラレが降ってきてちょっとびっくりしたが、すぐに止んだ。左方向に、釈迦ヶ岳や黒岳が見えた。周囲の木は殆んど葉を落としていて、冬間近の感じ。滝戸山の頂上は木に囲まれていて展望はない。やっと青空が広がってきて、日射しを感じるようになってきて、なぜかホッとする。林道に下りて、そのまま林道をしばらく行ってから、山道に戻り少し行くと鶯宿峠。リョウメンヒノキの大木が、なんじゃもんじゃの木と呼ばれているようだ。カラ松が辛うじて葉を残してくれている。今までに比べると踏み跡が薄くなった感じで、かん木が被ってきてうるさい。下る予定の北方Pb240017s_2
向に延びる尾根との分岐を過ぎしばらく登ると名所山。山梨百名山・春日山最高点と書かれた看板が立っていた。林道が横切っている黒坂峠を経由して電波塔がたつ春日山へ。雲に覆われている部分が多いが、八ヶ岳が見えた。その左には甲斐駒ヶ岳とオペリスクが立つ地蔵岳。右には奥秩父の山々が望めた。名所山に登り返し、1172圏から北方向に延びる尾根に入る。踏み跡が薄い尾根を下っていき、破線路のある沢への分岐を過ぎ、三角点のある849.3に登りつく。下っていくと、朝登った神社のある山が正面に見えた。車道に下りた立ったところからは、甲斐駒ヶ岳と鳳凰そして茅ヶ岳がやけにくっきりと望めた。畑にホトケノザが咲いていてびっくり。車道をしばらく歩いて駐車場へ。

11月25日(日) 晴

 登山口駐車場(5:30)-平川峠(6:20)-つぶら松(7:207:25)-荒倉山(7:307:55)-平川峠(8:30)-尾根取付(9:05)-881.3(9:209:30)-林道(9:55)-670(10:00)-車道(10:25)-駐車場(10:55)
 今日は朝、キジのために外に出るとまさに満天の星で良い天気を約束してくれている。そのためだろうかPb250042s、昨日と違って猛烈寒い。龍珠院のすぐ先、登山口にある駐車場からヘッドランプをつけて歩き始める。道形はしっかりとしているが、時折倒れた木が道をふさいでいて歩きにくい。また、暗くて周囲の様子が解りにくいので、ルートを外れていないかちょっと心配になる。やがて、以前来たときに見た記憶のある塩ビパイプの鳥居が見えてホッとする。今日の楽しい、安全な山歩きを祈願して手を合わせた。東の空が赤くなってきて、樹間に朝日の当たった八ヶ岳が見えるようになった。やがて平川峠で林道に出て、少し左方向に行ってから山道に入り、しばらく上がってから再び林道に出る。今度は、やはり朝日の当たった甲斐駒ヶ岳が木の間越しに見えるようになった。少し林道を歩くと、林道の終点になり山道に戻った。しばらく上がると、道の両側にシモバシラが見られた。今朝が寒かったことを実感し、そして全くの予想外だったので嬉しかった。さらに上がったつぶらの松からは八ヶ岳が今日はきれいに見ることができた。カメラに収め、しばらく展望を楽しんでから荒倉Pb250073s
山・頂上へ。頂上からは富士山の展望が期待だったが、逆光のためか残念ながらぼんやりとした富士山になってしまっている。残念。登ってきた方向と反対方向に少し下ったところからオペリスクの立つ鳳凰の地蔵岳を眺めることができる。しばらく展望を楽しんでから下ることにする。平川峠まで一気に下り、登ってきたルートから分かれて林道をしばらく進む。途中鳳凰や下の方はすぐ前の山に隠されているが甲斐駒ヶ岳が上の方だけ望めるところがあった。30分ほど林道を歩いてから、北方向に向かう尾根に取りついて、三角点のある881.3のピークに登りつく。そこから向きを変えて東方向への尾根に入る。道形ははっきりしているが低い木が被ってきてちょっとうるさい。林道を渡りやせた尾根のコルから少し登ると670のピーク。この前後は黄葉が素晴らしくて、どうカメラに収めようか悩んでしまう。さらに東方向に進み少し笹薮漕ぎをして車道に出た。八ヶ岳の展望が素晴らしい。反対側には富士山が見えるが、頂上からと同様ボンヤリとしてしまっている。車道を30分ほど歩いて登山口の駐車場へ。龍珠院のモミジが真っ赤に色づいていた。
Pb240011s Pb240026s Pb240034s Pb250050s Pb250079sPb250089s Pb250094s

|

« ウィーンからの便り-おいしい食べ物- | トップページ | ネパール通信12-2-12 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィーンからの便り-おいしい食べ物- | トップページ | ネパール通信12-2-12 »