« ネパール通信12-2-7 | トップページ | ウィーンの建築物 »

ネパール通信12-2-8

11月14日はネパール歴の元日だそうです。

私の暮らすネワール社会はネパール暦で月日が過ぎますが、今日はネパール暦1133年の元日でした。
私がここに暮らし始めてから始まったのでしたが、元日の新年ラリーは年中行事の一つになっています。
近年は バイクラリーもあり、今日は2回に渡って前の道を 旗を掲げたバイクが歓声を交えた音と共に通過して行きました。
今年は下宿の主人と一緒に出発点の広場に出向き、写真を撮りながら行程のほぼ半分2時間を皆と一緒に歩いてきました。
通り道を飾るマンダラは 隣村のナガウンで金魚の入った金属容器をあしらったものにまで出会い、去年感じたマンネリ化は吹き飛びました。
辻辻のマンダラの数は減りましたが、義務ではなく、ほんとうに作りたい人たちが趣向をこらしてやっているようにみえたのはうれしいことです。
今年のラリーの様子と芸術作品のようなマンダラを見てください。
出発広場に建てられた門は稲藁の上にナスとウリ類の一種で装飾されていました。
 
11/14 キルティプルから 
1011 1019 1031 1048 1078 1083 1106

|

« ネパール通信12-2-7 | トップページ | ウィーンの建築物 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信12-2-7 | トップページ | ウィーンの建築物 »