« 桜三景 2013.4.15 | トップページ | ネパール通信13-1-3 »

白谷沢~棒ノ嶺~日向沢ノ峰 2013.4.18

予報では今日は暑くなりそう。それで、沢登(歩き)の真似事でもと、有馬ダムから棒ノ嶺に上がる白谷沢を歩くことにした。棒ノ嶺から日向沢ノ峰への尾根ではカタクリやイワウチワの花が期待できそう。
P4181489s P4181515s P4181540s

○ 白谷沢~棒ノ嶺~日向沢ノ峰 2013.4.18(木) 晴

 飯能(6:55)=河又名栗湖入口(7:40)-有間ダム(8:00)-白谷橋(8:108:15)-林道(9:20)-岩茸石(9:30)-ゴンジリ峠(9:50)-棒ノ嶺(10:0010:10)-槙ノ尾山(10:25)-長尾丸山(11:00)-鉄塔(12:35)-日向沢ノ峰(13:0013:15)-踊平(13:30)-分岐(13:55)-大ダワ(14:4014:45)-林道・大根ノ山ノ神(15:20)-鳩ノ巣(15:48)

河又名栗湖入口のバス停付近は歩道がなく落ち着かないこと、ストレッチは駅で済ませたことで、下車後すぐに歩き始める。空には雲が見当たらず、青空が目いっぱい広がっている。しかし、少し離れた山はモヤがかかってぼんやりとした感じに見える。歩き始める時に衣類の調節ができなかったので暑い。有間ダムで、ダムの上を右岸に渡った。白谷橋で白谷沢を渡ると、棒ノ嶺方向を示す標識があるのでそれに従って登山道に入る。やっと上を脱いで、長袖Tシャツ1枚になる。今日は暑くなりそう。半袖の方が良かったかな。杉林の中の整備された登山道を上がっていく。下にはスミレの花が見られる。サクラの花びらが落ちていたので、周囲を見回したがサクラの木は見つけられなかった。かなり遠くから飛んできたのだろうか。やがて何段(4段かな?)かになっている滝(「藤懸の滝」と書かれた標識があった)が現れた。すぐ横に花を着けたサクラの木があった。ここまでは登山道は沢の上の方を高巻いていたが、ここからは沢に沿って進むようになる。ゴルジュになっている所もあって、なかなか良い感じ。沢歩きの雰囲気は十分に味わえる。このルートは「関東ふれあいの道」になっているようで大変よく整備されている。岩を積み重ねて階段状にしているP4181498s所もあり、ちょっとやり過ぎでは、と思ってしまった。白孔雀の滝の先で、ネコノメソウ、エイザンスミレが咲いているのを見た。林道が出てきて、それを渡ると沢から離れるようになる。新緑の自然林の中に入り明るくなったが、急傾斜の登りで辛い。水平道になって一つ尾根を横切り、さらに進むとカタクリが見られ、そのすぐ先が岩茸石。ここからは尾根の上の登山道を上がっていくようになる。まだ花びらをつけたヤマザクラが見られた。かなりの急傾斜に喘いで、ゴンジリ峠へ。ここで、小沢峠から上がってくる道と合わせる。さらにもう一喘ぎして棒ノ嶺頂上へ。頂上にもサクラの木がP4181508s何本かありいずれもほぼ満開状態。武甲山や大持山がモヤの中に辛うじて見えている。上空にはうす雲が出てきたようで日射しが弱くなり、空の色が白っぽい感じになってきてしまった。今日は先が長いので早々に頂上を後にする。左(南)側が人工林、右側が自然林になっている尾根道を淡々と進む。槙ノ尾山を越えて少し下ったあたりでカタクリが見られた。その後も点々と長尾丸山との鞍部付近まで続けて咲いていた。花が終わってしまったと思われる葉もかなりあった。長尾丸山の頂上へ向かう道と巻いていく道と分岐したが、ピークハンターとしては当然頂上に向かう道に入る。頂上は樹林に囲まれて、残念ながら展望はない。この先から、しばらく両側とも自然林になり明るくなった。左前方にこれから向かう日向沢ノ峰がやけに高く聳えて見える。右側の斜面にツツジが咲いていた。地形図が「武蔵日原」に変わると、厳しい登りが出てきた。ゴソゴソと音が聞こえたので、そちらに目をやるとトカゲが出てきて励ましてくれた。二つこぶを越えた先でイワウチワが出てきた。先週のサルギ尾根と違い、まだ開き始めた直後のようだ。足場がかなり悪くて、カメラに収めるには危険を伴P4181527s
う。良いアングルでは撮れなかったが、痛い思いをするのを覚悟してまで、ということでもないだろう。その先でエネルギーと水分の補給をして、いよいよ日向沢ノ峰への300m余の急傾斜の登りにかかる。途中鉄塔で息継ぎをする。蕨山とそれに続く尾根が見られた。林道が何本か見えたが、山が削られている様子が痛々しい。急傾斜の登りにシゴカレて頂上に登りつく。バテタ~!!頂上には馬酔木の木が何本かあったが、なぜか2本にだけ花が着いていた。雲取山、鷹ノ巣山がうっすらと見えている。頂上からは急な傾斜を踊平まで一気に下る。しばらく緩い傾斜だが登りになる。先ほどの急傾斜の登りで足に来ているのと、急な下りからの切り替えが難しくてかなり辛い。アップダウンを数回繰り返してから、川苔山への道と分かれて鳩ノ巣へ下る道に入る。しばらく行くと、山裾を巻いていく道と、大ダワを通って下る道とに分岐した。コースタイムを計算し、若干短い大ダワ経由を選択した。こちらは尾根通しの道で、登りが何箇所かあったり、慎重に下らないといけない岩場状の急斜面が出てきたりで選択を後悔した。林道を過ぎた頃に鳩ノ巣での電車の時間をチェックしたら、あと20分ほどで来る。それを逃すと30分ほど待つようになる。飛ばせば間に合いそうなので、必死になって歩き最後はダッシュ。必死に駅の階段を駆け上り、駆け下って、ホームに立ったのと電車が入ってきたのが同時だった。電車に乗り座席に座ると汗が噴き出てきた。
P4181496s P4181518s P4181520s P4181530s P4181542s

 

|

« 桜三景 2013.4.15 | トップページ | ネパール通信13-1-3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜三景 2013.4.15 | トップページ | ネパール通信13-1-3 »