« 調布野草園(ポタリング) 2013.4.9 | トップページ | 尾根緑道のサクラ 2013.4.13 »

奥多摩・サルギ尾根 2013.4.12

イワウチワ、カタクリを期待してサルギ尾根~御岳山奥の院を歩いてきました。期待どおりで、楽しんできました。
P4121343s P4121379s

○ 奥多摩・サルギ尾根 2013.4.12(金) 晴

 武蔵五日市(6:247:04)=大岳鍾乳洞入口(7:25)-イワウチワ(8:559:10)-高岩山(9:30)-上高岩山(10:05)-鍋割山(10:55)-奥ノ院(11:0511:35)-大塚山(13:0013:05)-古里(14:05)

拝島から五日市線に乗って少し行くと、車窓から富士山が見えることを発見した。また、武蔵五日市の2つくらい手前の駅付近から観覧車が見えたが、地図で確認するとサマーランドのもののようだ。サマーランドと五日市線との位置関係を初めて認識した。拝島では予定していた電車より一つ早い電車に乗れてしまったので、武蔵五日市では40分ほどバスを待つことになってしまった。上養沢行きのバスは小さなバスで、駅を出る頃は満席だったが、途中で自分以外の乗客は全員が降りてしまい、自分が降りると乗客はゼロになってしまった。バス停のすぐ前に養沢神社があったので安全で楽しい山歩きをお願いした。ストレッチは駅でバスを待つ間に済ませたので、お参りを済ませてすぐに歩き始める。神社の境内を通って登山道に入る。登山道の入り口には上高岩山方向を示す標識が設置されていた。かなりの急傾斜だが、鉄製の手すりが設置されていたり、道の上に丸太を渡して階段状にしてあったり、整備された登山道。スミレが咲いているのが見られた。人工林に入ると傾斜が緩んだ。サクラの花びらが舞っているのが見えたので周囲を見回すと、ヒノキ林の中にヒノキと高さを競うほどの大きなサクラの木があった。歩き始める頃には寒くて上の服を脱ぐことができなかったが、30分ほど歩くとだいぶ体が温まってきたので長袖のTシャツ1枚になる。人工林を抜けると岩が露出した細い尾根になる。空の様子が見えるようになったので、見上げると雲一つない真っ青な空だった。予報では、午後から曇ってくるようなことを言っていたが、外れて1日中この青空が見えることを期待する。炭焼きの窯の跡があり、その先のこぶを越えると今日のお目当てのイワウチワが出てきた。しばらく可憐な花に見入り、カメラに収める。さらに細い尾根を進んで行くと右方向に御岳神社の社や宿坊が見えだした。高岩山を越えた先がイワウチワの二つ目の群生地。上高岩山の座敷状の展望台がかなり上の方に見える。また、大岳山荘がここからは目立っている。展望台へは150mほどの急傾斜の登りに喘ぐ。展望台から少し行くと右方向、上高岩山という標識があった。展望台ではなく、こちらが上高岩山のようだ。芥場峠の先で大岳山への道と分かれ、鍋割、奥の院方向への尾根にのる。上空に雲が出てきて時折太陽を隠すようになってしまった。ちょっと早過ぎるんじゃない。少し行くとカタクリの葉が見られるようになったが、花は見えない。さらに行くと閉じている花が見られた。さらに行くと今度は開いている花が見られるようになった。閉じていたのは、日陰だったからのようだ。鍋割山から先では小学生の集団とすれ違った。新学期が始まったばかりだと思うが、もう遠足?奥ノ院では頂上から少し下りたところにイワウチワが群生しているはずだが、上から見た感じでは見られない。咲いていないのかと思ったが、念のためと思い下りてみると咲いていた。ただ、まだ早いのか蕾がかなりあって、咲き揃うのは少し先のようだ。奥ノ院から少し下るとカタクリが群生していたが、風に揺られていてカメラに収めるのにちょっと苦労。長尾平の入り口には、長谷川恒男の碑があった。最近建てられたようだ。御岳山神社は、奥の院にお参りをしたので、今日はパスをする。大塚山への道は、途中で間違えてしまい遠回りをしてしまった。雲が広がってきて、太陽が時折隠れるから、太陽が時折顔を出すに変わってしまった。予報通りになったようだ。人工林の中の単調な道を古里駅まで一気に下る。
P4121346s P4121354s P4121391s P4121412s P4121418s P4121423s P4121452s

 

|

« 調布野草園(ポタリング) 2013.4.9 | トップページ | 尾根緑道のサクラ 2013.4.13 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調布野草園(ポタリング) 2013.4.9 | トップページ | 尾根緑道のサクラ 2013.4.13 »