« ネパール通信13-1-6 | トップページ | ズーラシア »

景信山・東尾根 2013.5.14

先週景信山から東尾根を下ろうかとちょっと思ったが、結局辞めてしまった。それで、今回は東尾根から景信山に上がって、先週の続きで陣場山まで歩く計画。
P5141716s P5141730s P5141772s P5141751s

○ 景信山・東尾根~陣場山 2013.5.14(火) 晴

 日影(7:30)-478(8:15)-581(8:50)-小下沢林道への分岐(8:55)-655(9:259:40)-景信山(9:55)-堂所山(10:55)-明王峠(11:2011:30)-陣場山(12:0512:20)-栃谷(13:15)-陣場山登山口BS(13:50)-藤野(14:10)

 日影のバス停から小仏方向へしばらく行き、中央線の下をくぐった先で右(小下沢林道方向)に入る。中央道の下をくぐったすぐ先のプレハブが建つ広場の中に、景信山・東尾根への取付きがある。誰かに咎められないかを気にしながら入口にある鎖を乗り越えて、広場に入り横切る。取付きには日本道路公団のコンクリート杭があり、その上に手書きで景信山と記された標識が設置されていた。景信山の東尾根も標識が設置されるコースになったということだろうか。ヒノキ林の中に結構しっかりとした踏み跡が付けられている。かなりの急傾斜だが、階段状に踏み跡が付けられていて結構歩かれているようだ。しばらく中央道に沿って歩く感じで、車の音がかなりうるさい。やがて尾根にのると周囲は自然林になり、傾斜も少し緩んだ。日本道路公団が設置した“道路敷界”と書かれた杭が埋まっていた。その杭より中央道寄りを歩いたが、中央道の中を歩いてしまったということだろうか。再び出てきた急傾斜を登り、ヒノキ林に入ると420m圏の平坦地。さらに上がって478の広いピークへ。北側がヒノキ林、南側が自然林になっている。ここまで来ても微かながら中央道の車の音が聞こえてくる。さらに進むと木が揺れる音がしたので、そちらの方向を見るとお猿さんが木登りをしていた。犬の鳴き声が聞こえてきたが、近くに人家はないはずなので離れ犬がいるのだろうか。さらに進むと今度は、キツツキのドラミングの音が聞こえてきた。時折フジの花びらが落ちているのが見られるので、その都度上を見回すのP5141713sだが見つけられない。もう花が落ち切ってしまったのだろうか。この尾根では、木の花は何種類か見られたが草の花は見られない。581のピークには、林野庁の境界杭が埋められていた。また、大きな赤いビニールのテープがヒノキの枝に結ばれていた。ここまで来てやっと中央道の車の音から解放された。ここから新緑がきれいな広葉樹の林になり、やがて尾根から小下沢林道へ下っていく道との分岐のすぐ手前で一般道と合流した。合流する地点にはロープが張ってあって、景信山方向から来た人に見えるように「この先登山道ではありません」と書かれた看板が下げられていた。今回は時間の余裕がありそうなので、数年前に何度か訪ねたことがある景信山の北東方向にある655P5141727sのピークに久しぶりで行ってみることにした。右側を注意して上がっていくと、ジグザグ道が終わったころ右に入っていく微かな踏み跡があったので入る。かなりの急傾斜を下り、少し登り返すと655の頂上。木に囲まれて展望はないが、いつも人の話し声が絶えない高尾の主尾根から少し離れただけで、静かな雰囲気を楽しむことができる。聞こえてくるのは鳥の鳴き声だけ。静かな雰囲気にしばらく浸ってから、先ほど下った急傾斜を今度は登って一般道に戻り景信山頂上へ。頂上から陣場山方向に少し下ったところで、残念ながらまだ花弁が開き切っていないが、キンランが見られた。さP5141737sらに進むと、クサイチゴ、チゴユリ、フタリシズカなどが出てくる。こぶを巻いている所で、巻かずに尾根通しを行くと、道の真ん中にジュウニヒトエのご褒美が。堂所山もご褒美を期待して巻かずに頂上へ向かったが、手持ちがないようで、ここもジュウニヒトエ。明王峠を通って久しぶりで、陣場山頂上へ。富士山は靄の中に入ってしまって全く見えない。三つ峠や黒岳、滝子山、丹沢の大室山や蛭ヶ岳、奥多摩の大岳山や三頭山などがモヤの中に辛うじて見ることができた。下りは栃谷尾根を行くことにする。少し下ったところで、登ってくるときには気が付かなかったが、アマドコロが見られた。栃谷尾根に入ると、イカリソウが栃谷からの自動車道路の道端ではタツナミソウ、キケマンが見られた。藤野駅では、中央線が遅れて来て、乗れないはずの電車に乗れてラッキー。
P5141740s P5141755s P5141756s P5141759s P5141779s

|

« ネパール通信13-1-6 | トップページ | ズーラシア »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-1-6 | トップページ | ズーラシア »