« イワタバコ | トップページ | 伊藤君子 »

高尾・泰光寺山南西尾根~入沢川中沢川中間尾根 2013.6.9

南高尾の支尾根を二つ梯子する。最初は津久井湖畔から泰光寺山に南東方向から上がっていく尾根。もう一つは反対側の東京都側から入沢川と中沢川の中間にあって、ベンチPに北東方向から上がっていく尾根。ベンチP(ピーク)とは西山峠から大垂水峠方向に二つ目にある490m圏のピークで、山名は私が勝手に付けた。最初に登った時に今あるのとは違う、なにかの蔓で編んだ大変趣味の良いベンチが置かれていたことからそう呼んでいる。

○ 高尾・泰光寺山南東尾根~入沢川中沢川中間尾根 2013.6.9(日) 晴

尾根取付き(8:20)-380圏(8:55)-420圏(9:10)-泰光寺山(9:259:30)-西山峠(9:35)-尾根取付き(10:00)-348(10:25)-483(11:00)-ベンチP・490圏(11:0511:15)-見晴台(11:25)-大洞山(12:0012:10)-大垂水峠(12:25)-一丁平(12:55)-もみじ台(13:1513:25)-琵琶滝(14:05)-高尾山口(14:20)

 泰光寺山南西尾根の取付きは中沢から津久井湖の左岸を三井方向に行って、三井降車場のバスポールがあるところ。高圧線鉄塔の巡視路でよく見る黒いプラ階段を上がると県営水道のポンプ場がありその脇を上がっていく。落ち葉が積もっていて滑りやすい急斜面を15分ほど上がって尾根にのった。尾根は露岩混じりの細い尾根。時折倒木や枯れ枝が尾根に横たわっていて歩きにくいところが出てくるようになる。380圏から何も記載されていない黄色いプラスチック製の杭が続くようになった。クモの巣が時々顔にかかって不愉快。もっともクモにしてみれば自分の家が壊されてしまうのだからもっと不愉快かな。「水源の森林 神奈川県」と書かれた赤帽子のプラ製の杭が出てきた。杉林の420圏では、倒木に尾根が覆われていて、踏み跡がわかり辛く、コンパスで方角を見極めて進む。鳥のなき声以外聞こえる音がない静かな好ましい雰囲気の中を進んでいく。「神奈川県「水源の森林づくりによる買取り水源森林」と書かれその事業の概要を示す大きな看板が設置されていた。この先の山道が丸太を横たわして階段状になっていたが、この事業でやったのかな。やがて泰光寺山を巻いている一般道に出た。ここから山頂までは、かなり草が覆っていて歩きにくそう。しかしここまで登ってきたら山頂まで行かないと意味がないだろうと思い、ブッシュの薄いところを見つけて泰光寺山の山頂に上がった。西山峠で主尾根から離れて高尾方向に下り今日の二つ目の支尾根、入沢川中沢川中間尾根の取付きに向かう。沢筋を下っていくと山の方からガサガサという音が聞こえたのでそちらの方向を見ると、猿がいた。両川が合流する地点から中沢川の上流方向に少し行ったところでガードレールを越えて山の中に入る。赤帽子の黒い杭があり、その先になんとなく踏み跡があるのでそれを辿る。尾根に向かって猛烈な急傾斜を木に摑まったり、摑まる木がないところでは恐る恐る草に摑まりながらなんとP6091970sか体を持ち上げていく。鉄塔が建っている所で尾根にのった。鉄塔は今は使われていないようで、何のためのものだったのだろうか。少し上がると今度は高圧線が通っている鉄塔の下に出る。かなり草が生い茂っていたしばらく歩きにくかった。そこを抜けると人工林に入り、ブッシュはなくなる。すぐ近くで突然鳥が飛び立って、ビックリ。時折倒木で尾根がふさがれて迂回をさせられるが概ね歩き易い尾根。ただ展望がP6091971sなく、緩い登りが続いて単調にな ってしまう。そんな時、緊張感を与えてくれようとしたのか、お猿さんがガサガサという音をたてて歩き回っていた。露岩混じりの急斜面の登りになり、483へ登りつく。一旦少し下って登り返すと、見慣れたベンチが見えてベンチPの山頂へ。いつ来ても静かで良い雰囲気のピークで、しばらくそんな雰囲気を味わう。ここからは南高尾の一 般道を大垂水峠に向かう。見晴台からの展望は、今日の丹沢は靄の中に入ってしまって望ことができない。大洞山から大垂水峠に下る途中でナルコユリを見た。峠からは一丁平に向かう。一丁平ではヤマボウシの花が満開だった。ここからはこれまでの静けさから一変する。高尾山頂は人でいっぱいだろうと敬遠して琵琶滝コースに入る。単調な下りの上に人が多く、時折渋滞していてかなりうんざりしてきた頃やっと琵琶滝へ。ここまでが長く感じた分、琵琶滝から高尾山口まではあっという間に着いた感じだった。今日は駅からバイクに乗る必要がないので、早速ビールを求めて一人で乾杯をする。
P6091962sベンチPの山頂

|

« イワタバコ | トップページ | 伊藤君子 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イワタバコ | トップページ | 伊藤君子 »