« ネパール通信13-1-10 | トップページ | ネパール通信13-1-12 »

ネパール通信13-1-11

雨季が始まり、雨による被害が出ているそうです。田植えの様子の写真を送ってくれました。

こちら暦で第3の月アサールに入って今日は6日目。
アサール月は田植えの月です。
雨季も始まり、連日続いた降雨があちこちで洪水や崖崩れを引き起こし、何十人もの人が亡くなり被害が出ています。
ネパールだけでなくインドでも大きな被害が出ていますから、日本のマスコミでも報道されたでしょうか?
暮らし始めた頃にはスコールのようにザーッと降っては上がり、強い陽ざしがあっという間に雨などなかったように水浸しの地面を乾かしていた記憶が強いのですが、3日間まるで日本の梅雨のように太陽も顔を見せずに降っては止み止んでは降っていた雨が上がった昨日、Uさんを誘って、チャパガウン周辺を歩いてきました。
パタンの街の中心から南に8km程のチャパガウンの村には有名なバジュラバラヒ寺院があって、寺院の周りは樹木に覆われた神苑になっていてピクニックの場所でもあります。
でも さすがこの時期の休日でもない午後に苑内で目に止まったのは 折からの木漏れ日の中、前を行く若い男女の二人連れだけでしたが。
リングロードの南端サトバトからますはゴダワリ行きのバスでタイバ村まで下り、ここから田植え真っ最中の畦道を下り、ガングレトク川を渡ってからはこんな山中の道でも・・・と驚かされた舗装道路を辿り、バジュラバラヒ寺院神苑の北に出ました。
途中休んだ学校前の小高い松林の丘からは東南にゴダワリ方面が見晴らせて、ゴダワリリゾートのコテージがきちんと並ぶ斜面や街人の住まいも混じる山の村とはちょっと様子の違う家並みが見渡せました。
この季節の恵み風景をたっぷり味わって最後の休息をした茶店で雨が降り出し 村散策はあきらめて帰途に着きましたが、久方ぶりのこの時期の滞在を満喫できた半日になりました。
 
6/20 キルティプルから 
016w 022w 025w 026w 031w

|

« ネパール通信13-1-10 | トップページ | ネパール通信13-1-12 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-1-10 | トップページ | ネパール通信13-1-12 »