« ネパール通信13-1-9 | トップページ | 男の料理 »

東高根森林公園(ポタリング) 2013.5.31 

湿性植物園をお目当てに、何度かウォーキングで訪ねている東高根森林公園。数年前にポタリングで挑戦したが、途中で迷ってしまって行きつけず敗退した。今度はしっかりと地図で下調べをし、地図を持って再度挑戦。

○ 東高根森林公園(ポタリング) 2013.5.31(金) 晴

京王稲田堤(9:55)-東高根森林公園(10:201055)-多摩川(11:15)-多摩水道橋(11:25)-京王相模原線(11:55)-関戸橋・大栗川(12:25)-大田川(12:55)-南大沢(13:0513:35)-相原(14:00)

 今回は、京王稲田堤駅からのスタート。天気が良く、気温が上がってきているので半袖のTシャツ1枚でstartする。駅西側の府中街道に出て、東方向に向かう。幅広い道ではあるが、大型の車両が多くて、ポタリングをするにはあまり快適ではない。多摩署前交差点で、津久井道と交差した。津久井道は東に行くと世田谷通になり、西に行くと鶴川街道になる。何故津久井道というのだろうか。川崎にも津久井という地名がある(あった)のだろうか。向ヶ丘遊園駅のすぐ西側で小田急線を越えて、2週間ほど前に生田緑地に行ったときに通った稲生橋の交差点を通る。この先で道は2方向に分かれるが、二ヶ領用水に沿った道を進む。道が狭くなって、ちょっと気を使いながら自転車を走らせる。あじさい寺の信号で右に入る。ここからしばらく坂道に喘ぐ。東名高速道路の脇に出ると傾斜が緩み、東名を陸橋で渡って東高根森林公園の北口へ。ウォーキングの時は、公園の中を歩き回るのだが、今日はこれから何時間か自転車をこがないといけないので、湿性植物園だけとした。コウホネやアサザなどの水生植物は咲き始めたところのよう。群がって咲いているワスレナグサ、キショウブなどは見頃だった。二ヶ領用水に沿った道まで戻り、さらに来た方向に少し行って長尾橋の信号を右折し、しばらく行って多摩川に出る。サイクリングロードを上流に向かって進み二ヶ領せせらぎ館を過ぎ、さらに行った多摩水道橋で左岸に渡る。堤防の上の道は、しばらく砂利道。砂利を敷いた直後と思われるところもあって、そこでは油断するとハンドルを取られる。ベンチがあったので、途中のコンビニで仕入れた弁当で昼飯にする。今日はウイークデイのためだろうか、河川敷のグランドは静か。京王相模原線の下をくぐり関戸橋で右岸に渡る。前回大栗川への道を迷ったので確認ということで再度大栗川を行くことにした。今回は迷うことなく大栗川に入ることができた。途中から別れる大田川沿いの緑道は由木緑道という名称で、その注意書きを見ると自転車は通るなと書かれていた。う~~ん。南大沢でしばらく休んで、今日は多摩ニュウタウン通りではなく少し北側の道を行くことにした。小山内裏公園の先で尾根緑道に入り、R16に出てから町田街道に入って相原方向に向かった。
Dscn0503s今日のスタートは京王稲田堤駅
Dscn0524s東高根森林公園の入り口
Dscn0510sクリンソウ
Dscn0519sアサザ
Dscn0520sワスレナグサ
Dscn0522sキショウブ
Dscn0525sウォーキングコースになっています
Dscn0529s大栗川にはこんな像が


|

« ネパール通信13-1-9 | トップページ | 男の料理 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-1-9 | トップページ | 男の料理 »