« ネパール通信13-1-12 | トップページ | あじさい »

多摩の小さな川を結ぶ(ポタリング) 2013.6.28

ポタリングのガイドブックに「多摩の小さな川を結ぶ」というコースが紹介されていた。深大寺から井の頭公園を経て、神田川、玉川上水、仙川をはしごするコース。さらに、野川、多摩川、乞田川、境川を加えて7つの川をはしごしてきました。
Dscn0541s調布駅近くの商店街

○ 多摩の小さな川を結ぶ(ポタリング) 2013.6.28(金) 曇時々晴

 調布(9:55)-深大寺(10:15)-井の頭公園(11:15)-神田川(11:25)-玉川上水(11:40)-仙川(12:20)-野川(13:00)-多摩川(13:40)-関戸橋・乞田川(14:15)-境川(15:10)-橋本(15:15)

 いつものことだが、自転車を担いで調布の駅の外に出るのはかなり大変。いつもは、三鷹へは甲Dscn0544s_8州街道を経て三鷹通りを行くのだが今回はGBのコースに従って、深大寺の前を通ることにした。調布の卸売市場の前を通り、野川と中央道が交差している所を過ぎ、お寺の横の急傾斜の坂を上ると深大寺の前の通りに出る。ウイークデイのためだろうか、人の通りは少ない。お寺の山門を過ぎ、神代水生植物園の前を通って、三鷹通りに出る。東八道路を越え、人見街道、むらさき橋通りを通り、さらに東側の吉祥寺通りに出てから北上し井の頭公園の中Dscn0550s_4に入る。ここも土日は多分人が多いのだろうが今日は少ない。公園内の池には蓮の花が咲いていた。井の頭線のガードをくぐると、今日最初の川の神田川に出る。川には葦(だと思う)がびっしりと生えていた。川は井の頭線に沿って流れている。三鷹台駅のすぐ手前の橋を渡り、踏切を越えて三鷹台駅前通りをしばらく行くと玉川上水に出る。橋を渡らずに左岸を進む。遊歩道になっているが、舗装されていないダートの道。あくまでも遊歩道で、自転車は想定外(自転車で走ってはいけないのかな)なのだろう。玉川上水は多摩川の水を江戸に送るための水路だったと思うが、今も水道に使われているのだろうか。東京都水道局が管理しているようで、その旨を記した看板が設置されていた。途中の橋の欄干に腰かけて、三鷹台駅近くのコンビニで仕入れた弁当を食べる。さらに進んで兵庫橋を渡って、確かラグビーが強い学校だったような気がする国学院久我山高校の前を通る。さらに、何軒ものお寺が続く寺町通り(バス停の名称は寺院通となっていた)を進み、中央道の下をくぐり、甲州街道を渡って旧甲州街道に出る。給田3丁目の信号を左折して京王線を越えると仙川に出た。祖師谷公園のすぐ先の鞍橋で川から離れる。鞍橋通りを行き、コースのチェックポイントの西友の横を通って中央電通学園前の信号までは何とか行ったのだが、その先で入った道が行き止まりになってしまった。やむを得ず信号まで引き返し広い通りを進んでみたが、想定していた道とは違う方に来てしまったような感じがする。それで地図を取り出して現在地を確認すると確かに違う方に来てしまっている。自転車では歩くのと違って地図を見ながら進むということができないのが、ちょっと辛い。とにかく野川に出ようとそちらの方向を目指すことにした。細かい道が多く、急な下りがあって間違っていたら引き返すのが大変だなと心配しながら進むと小田急線をくぐってすぐに野川に出てほっとした。このあたりは川の流れが殆んどなく、どちらに水が流れているのかが非常にわかり辛い。下流方向に行ってしまうとまずいので、地図で方向をよく確認して上流方向に進む。京王線をくぐった先の甲州街道で川を離れ、旧甲州街道から調布に戻り、鶴川街道に出て多摩川に出た。関戸橋からいつもはさらに浅川、湯殿川などをはしごするのだが、今日は時間が押してきていることや、足に来ていることなどから最短コースであろう鎌倉街道から多摩ニュータウン通りを行くことにした。少し行くと乞田川が並行していることに気づき、川沿いの道を進むことにした。京王多摩センターの駅前で多摩ニュータウン通りに戻り、町田街道を渡って今日最後の川の境川に出た。
Dscn0554s神田川

Dscn0555s玉川上水

Dscn0557s_2仙川

Dscn0558s野川

Dscn0559s_3多摩川

Dscn0560s_4乞田川

Dscn0561s_4境川


|

« ネパール通信13-1-12 | トップページ | あじさい »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-1-12 | トップページ | あじさい »