« リージェンツ・パーク(ロンドン)の花 | トップページ | ロンドン便りその4 ウィグモアホール »

ロンドン便りその3 ロイヤルオペラ

今回のロンドン訪問の目的は、やはりオペラ鑑賞だったようです。ロイヤルオペラハウスでの鑑賞記を送ってくれました。

今回のロンドン行を決めたのは、前から一度生歌声を聞いてみたかったフローレスのオペラチケットが入手出来た事からでした。
1月15日一般発売日、パソコンに張り付いてゲット出来たのが5月末の<ロッシーニの湖上の美人>真ん中、前から2列目の席。
料金は日本で見る半額の156£(約22500円)です。
今回のメインイベントが行われたのは、奥の建物コベントガーデンのロイヤルオペラハウスです。
手前のガラス張りの建物(フローラル・ホール)の中には、沢山のレストランや、バーコーナー、喫茶等が有り、その充実ぶりは、今まで行った事のある劇場でナンバーワンです。
数日前にオペラハウスからメールでレストラン予約とメニューのお知らせが来ていた理由が解りました。
01 02
現在存在する建築物は3代目にあたる。ファザードと玄関、聴衆席は1856年に作られたものが残っているが、それ以外の部分については1990年代に改装されたもの。
合計2,174人の聴衆を収容できる4階建ての円形観客席を有し、舞台の幅は12.20m、高さ14.80mであり、観客席部分はイギリスの指定建造物となっている。
03 04 05
隣に座っているアメリカから来ていた叔母様方から(先ほど上のバーに居ましたよね、私たちは隣でコーヒー飲んでましたよ!)と話しかけられ、メトロポリタンオペラ、イチロー等の話題に、片言ながら話が弾んでしまいました。
ロッシーニの湖上の美人の舞台です。
スコットランドの雰囲気を感じられる舞台装置と衣装が良かったです。
06 07 08

フローレス王子は絶好調の快進撃で、声量たっぷりでコロコロ転がる声は、もう神業です。歌声がビンビン響いて来ます。
ジョイス・デイドナートとのコンビは聞き応え充分でお見事!
09 10 11_3

指揮者は、ミケーレマリオッティ。まだ若きイタリアペーザロ生まれで今ヨーロッパで注目されている指揮者です。
ズボン役のメゾ・ソプラノ歌手ダニエラ・パルチェローナ(右端のジョイス・デイドナート手を繋いでいる)はとても女性とは見えないけれど、その歌声はますますさえていました。
12 13

|

« リージェンツ・パーク(ロンドン)の花 | トップページ | ロンドン便りその4 ウィグモアホール »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リージェンツ・パーク(ロンドン)の花 | トップページ | ロンドン便りその4 ウィグモアホール »