« 東高根森林公園 2013.7.13 | トップページ | ロンドン便りその10 美術館めぐり2 »

ロンドン便りその9 美術館めぐり

大のオペラファンで、グルメなharuさんは、絵画などの美術品も大好きです。ロンドンの美術館は原則入場が無料だそうです。

テート・モダン美術館

ロンドンは物価が高いけれど、基本的には美術館が無料なのは嬉しいです!
2000年にテムズ河沿いの旧発電所を改装してオープンした20世紀以降の現代美術を展示しているテート・モダン美術館。
この建設コンペには安藤忠雄等も参加したそうですが、スイスのヘルツオーク&ド・ムーロンの案が選れ、今ではロンドンの新名所になっています。
サッチャーの葬儀がつい最近行われたセントポール大聖堂からテムズ河の歩行者専用ミレニアム・ブリッジを渡ると目の前が美術館です
0101 0102
テート・モダン美術館の隣は、シェクスピア・グローブ座劇場です。
0201
ミレニアム・ブリッジもアートの様で素敵な形です。
0301
橋の眺めが面白い
0401
テート・モダン美術館
0501
収蔵作品は、ピカソの(泣く女)シリーズや、モンドリアン、ダリ、ブラック、マチス、ジャコメッティ、セザンヌ、モネ等。
0502 0601 0602 0603 0604 0605 0606 0607 0608 0809 0810 0811 0812

|

« 東高根森林公園 2013.7.13 | トップページ | ロンドン便りその10 美術館めぐり2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東高根森林公園 2013.7.13 | トップページ | ロンドン便りその10 美術館めぐり2 »