« ロンドン便りその6 | トップページ | ロンドン便りその7 »

霧ヶ峰 2013.7.10

3日前に歩く会で計画して、雨で中止になってしまった車山をリベンジしてきた。ニッコウキスゲがシカの食害で絶滅状態だといわれているのを聞いたような気がするが、十分に楽しめた。シカが食害する前はもっとたくさん咲いていたのかな。
P7102039s P7102045s P7102052s P7102067s

○ 霧ヶ峰 2013.7.10(水) 晴

 茅野(8:05)=車山高原(9:059:10)-八島ヶ原分岐(10:05)-車山(10:2010:30)-蝶々深山(11:00)-物見岩(11:15)-ゼブラ山分岐(11:30)-八島ヶ池(11:5512:10)-強清水(13:3514:32)=上諏訪(15:05)

 電車の中から、何気なく外を見たら山にガスがかかっている。上空には雲が広がっている。予報と違うじゃねーか!しかし小淵沢の近くまで来ると、うす雲が若干ある程度で青空が広がってきて、予報通りの天気になってきた。甲斐駒ヶ岳がかなりクリアーに見えている。茅野からのバスは理科大の入り口で学生が降りていくと、残っている乗客は自分一人になってしまった。今日は静かな山が楽しめるかなと思ったが、車山高原でバスを下りると、観光バスP7102041sで来たのだろうか大勢の人が。リフトで上がるのだろうか。自然歩道に上がると蓼科山を始めとした八ヶ岳の山々が見えてきたが、靄がかかってクリアーではない。今日は、展望はあまり楽しめないかな。少し行くと早速ニッコウキスゲが迎えてくれた。前方の草原の緑の中に黄色がかなり見られるがやはりニッコウキスゲなのだろう。シカの食害でニッコウキスゲはほとんど絶滅状態だというのを見た、あるいは聞いたような気がするが。シカ対策なのだろう、電気柵が張り巡らされていた。「野生動物の生態と管理」という最近受けた授業で、電気柵は夜になると電源を切っているのが多いが、それでは効果があまりない。と言っていたが、ここではどうなのだろう。ハクサンフウロやイブキトラノオ、ウツボグサなどが出てきた。ただ、ヒメジョオン、アカツメクサなども見られて、シカの害以上に危機感。八島ヶ原への分岐から急傾斜の登りに喘いで車山頂上へ。ここからの展望はまさに360度のようだが、今日はモヤがかかってクリアーな眺めではない。それでも蓼科山から編笠山までの八ヶ岳のほぼ全山、辛うじて富士山、南アルプスの北岳、甲斐駒ヶ岳等が展望できた。美ヶ原は見えているがその奥の北アルプスは雲の中に入ってしまっている。これだけ確認して、先ほど上がってきた急傾斜を一気にP7102076s下る。登山道の脇にはバイケイソウがかなり咲いていた。分岐に戻り、八島ヶ原湿原に向かう。やはりシカの食害に会っているというレンゲツツジが見られた。今日は車山湿原を散策してみようと思っていたが、ここまで想定していたのより若干時間が掛ってしまっているので、通過。前方を見ると蝶々深山に向かう山道に行列ができている。八島ヶ原湿原では花を観賞しながらゆっくりと歩きたいと思っているのでこの集団に呑み込まれたくないと思い、とにかく追い越そうとちょっと急ぎ足になる。蝶々深山でほぼ半分、物見岩で皆追い越したようだ。必死に歩いP7102078sた間は、展望はなく、花も見られなかったのが幸い。ゼブラ山への分岐、奥霧小屋(跡?)を過ぎ、湿原に入る。まずグンナイフウロが出てきた。続いてオダマキ。反対側から、一眼レフを持ったカメラマンが次々と来る。花の写真が目的の人が多いのだろうか。池や湿原、その先の車山などの眺めを楽しみながら進む。ここまでかなりとばしてきたので、時間に余裕ができて、これから先は花を楽しみながらゆっくりと歩けそう。八島ヶ池の先ではアヤメが多く見られた。その他にもグンナイフウロやオダマキ、イブキトラノオ、ウツボグサなどが次々と出てきて、それらを楽しみながら進む。しばらくで、シカ柵の外に出て湿原は終わり、やがて諏訪神社(跡?)へ。インターチェンジ、強清水を示す標識があったのでそれに従って進む。エアリアマップで確認したが、コースとしてはエアリアには示されていない道のようだ。標識が何度か出てくるのでそれを頼りに進む。自然林の中の山道を進んでいくとやがて車道に出た。車道に沿って砂利道があるので、そちらを行く。再び車道に出たが、砂利道はインターチェンジをショートカットして真っ直ぐ強清水方向に行く道だったようだ。しばらく車道を歩いて強清水のバス停に着いたが、バスの時間まで1時間ある。車山湿原の散策ができたなとちょっと後悔。忘れ路丘に上がってみた。展望台になっていて、八ヶ岳、北、中央、南アルプスなどが展望できるようだが、今日はいずれもモヤの中に辛うじて見えている感じ。霧鐘塔の鐘を鳴らすなどして時間をつぶしバス停に戻った。
P7102080s P7102082s P7102092s P7102093s P7102103s P7102114s P7102117s P7102122s P7102128s P7102129s







|

« ロンドン便りその6 | トップページ | ロンドン便りその7 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

鹿対策に早く狼の導入を! 懸念がある人はこのページを参照 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/697065/221774?page=3
http://japan-wolf.org/content/faq/

投稿: 名無し | 2013年7月23日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロンドン便りその6 | トップページ | ロンドン便りその7 »