« フランス便り第5報 サン・シル・ラボビとフィジャック | トップページ | ネパール通信13-2-1 »

乾徳山 2013.10.28

乾徳山は、なぜか塩山から登山口に行く朝のバスが遅い時間にしかないため行き辛い山で、しばらく敬遠していた。しかし2000m位まで上がればこの時期でも紅葉が楽しめるかなと思い、思い切ってタクシーを奮発して行くことにした。せっかくタクシーを使うなら、黒金山を越えて西沢渓谷まで歩くことも頭をよぎったが、2ヶ月のブランクを考えて自重した。富士山や南アルプスなどの展望はちょっと物足りなく、紅葉も素晴らしかったとまではいかなかったが、ほぼ1日天気が良くて楽しいそして気持ちの良い山歩きができた。

Pa283078s Pa283089s

○ 乾徳山 2013.10.28(月) 晴

 塩山(7:00)=タクシー終点(7:207:25)-登山口(7:40)-錦晶水(9:109:20)-国師ヶ原(9:30)-扇平(10:0510:15)-乾徳山(11:1011:50)-扇平(12:25)-道満山(13:35)-徳和峠(14:10)-登山口BS(14:4515:08)=塩山(15:40)

 朝、駅近くの電光掲示の温度計が9℃を示していた。寒いわけだ。塩山で電車を下りてタクシー乗り場に行くと、タクシーがいない。ちょっと焦ったが、周囲を見回すと駅のすぐ前に営業所があった。そこへ行って無事に登山口まで連れて行ってもらうことができた。タクシーを下りて両側がスギ林になっている林道をしばらく進むと「乾徳山登山口」と書かれた大きなそして立派な看板が立っていた。そこから山道に入る。スギ林の中の登山道を上がっていく。林道を横切った少し上で銀晶水という水場があったが、細々とした流れで汲むのは大変そう。その先で、人工林をぬけて広葉樹林帯になった。その後2回林道を横切る。標高が1200mを越えた頃から色づいた葉が見られるようになってきた。今度は錦晶水と言う水場があったが、先ほどの銀晶水と違ってこちらは水量が豊富。周囲にカラ松の木が何本かあったが、色づき始めたかなと言う感じ。歩いているときには暑く感じるくらいだったが、一本取ってじっとしている寒くなってくる。水場からさらに上がった国師ヶ原では上部の展望が開けて、上の岩場が見えるようになった。さらに上がって振り返るPa283083s_2
と、富士山が見えた。鮮明でないのがちょっと残念。右側には南アルプスも見えだした。やがて道満尾根に出て尾根歩きになる。ここまで上がってくると木々の葉はかなり色づいていてきれいだ。大きな岩が露出していて、ルートがわかり辛い。適当な間隔でビニールテープのマーキングあってそれを追っていく。髭剃り岩と言う標識がある岩の先で鎖の着けられた岩を越える。さらにしばらく行ってから、スラブ状の傾斜のきつい岩を、鎖を頼りに上がると乾徳山の頂上に出る。雲が広がってきて太陽が遮られるようになってしまった。富士山は一応見えているが、先ほどよりPa283102s
さらにボンヤリとしてきてしまった。南アルプスは甲斐駒と北岳、地蔵岳のオペリスクは見えているが南部の方は雲の中に入ってしまった。しばらくすると、頭の上の雲はなくなり太陽の光を十分に感じるようになったが、南アルプスや金峰山にかかった雲は取れてくれない。下りは頂上すぐ下の岩場には迂回路があったので、そちらを下る。扇平からは道満尾根をそのまま下っていく。広葉樹林帯の中の尾根道で、時折真っ赤な葉を着けた木があって目を楽しませてくれる。「熊注意」と書かれた大きな目立つ看板があったので、慌てて熊鈴を出した。標高が下がるに従って色づいた葉が見られなくなり、また樹林帯の中なので展望がなく、かなり単調になってきたなと思っPa283155s
ていると、道満山への登りが出てきて刺激を受けた。道満山の満は萬が正しいようだ。三富村の公文書(山名標識)では、萬の字を使っていた。急な傾斜の下りが続くようになり、浮石があったり、滑りそうな箇所があったりで気が抜けなくなり、単調などと言っていられなくなった。峠を過ぎ少し下るとやがて自動車道路に出る。バスの時間まで余裕があるのでゆっくりと歩いていく。徳和の地域には古民家やお寺の本堂、仏像など文化財がいくつかありそれらを見ながらバス停まで時間をかけて歩く。バス停近くにベンチがあったので、今日の山の記録のチェックをしながら日向ぼっこをしている(日陰ではなく日向が気持ちの良い季節になってしまった)と、やがてバスが来たのでそれに乗って塩山駅に向かった。
Pa283067s Pa283069s Pa283077s Pa283086s Pa283092s Pa283118s Pa283124s Pa283136s





|

« フランス便り第5報 サン・シル・ラボビとフィジャック | トップページ | ネパール通信13-2-1 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランス便り第5報 サン・シル・ラボビとフィジャック | トップページ | ネパール通信13-2-1 »