« フランスからの便り第4報・カオール | トップページ | 乾徳山 2013.10.28 »

フランス便り第5報 サン・シル・ラボビとフィジャック

フランスの最も美しい村のひとつサン・シル・ラボビはフィジャックからロット川沿いの曲がりくねった道の先にあり、切り立った断崖に張り付くように、中世の家々が建っています。
村の入り口からは細い石畳の路地の両側に15~16世紀の家々が並び、どこを見ても絵葉書の様な景色です。

0101 0102 0104 0105 0106 0107 0108 0109 0110 0111 0112

坂を登った丘の上の城から見下ろすロット川の渓谷風景もすばらしいです。
0201 0202

セレ渓谷沿いの古い中世の市場町フィジャック
0301 0302 0303 0304 0305

|

« フランスからの便り第4報・カオール | トップページ | 乾徳山 2013.10.28 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスからの便り第4報・カオール | トップページ | 乾徳山 2013.10.28 »