« ネパール通信13-2-4 | トップページ | 多摩川~湯殿川(ポタリング) 2013.11.13 »

フランス便り9便 サルサ

フランス便り9便のタイトルは「サルサとラ・ロック・がジャックの帆船クルーズとベイナック城」です。ちょっと長いので省略させてもらいました。

サルサは中世からルネッサンス17世紀の建物が混在している街並
1962年の(マルロー法)歴史的町並み保存の法律適応第一号となり、グルメの里ペリゴール南部の中心地として知られています。
街のレストランの店先には、秋の味覚を告げる様々な茸が展示されていて、お料理してくれます。
写真のセップ茸はイタリアではポルチーニ茸、日本ではヤマドリ茸といわれている茸です。
今回はサラダと、炒め物で食べました。サルサはフォアグラ料理でも有名で街のあちこちに専門店があり、店先にはガチョウのオブジェが出ています。
0101 0102 0103

茸のサラダと名物の鴨のコンフィーです
0201 0202 0203 0204 0205 0206 0207

サルサから近いドルトーニュ川沿い断崖に張り付く様に家々が連なるラ・ロック・ガジャックの帆船クルーズです。
0301 0302 0303 0304 0305 0306


ドルドーニュ川を見下ろす岩の上にそびえるベイナック城
0401 0402

|

« ネパール通信13-2-4 | トップページ | 多摩川~湯殿川(ポタリング) 2013.11.13 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-2-4 | トップページ | 多摩川~湯殿川(ポタリング) 2013.11.13 »