« ネパール通信13-2-7 | トップページ | ネパール通信13-2-8 »

丹沢・ミツバ岳~屏風岩山 2013.11.23

先週の奥多摩の様子では標高が1000m以下の紅葉が見頃のような感じ。丹沢湖周辺の1000m前後の山を物色し、富士山の展望と併せて期待できそうなミツバ岳を歩いてきた。期待どおりで、楽しい山歩きになりました。
Pb233265s Pb233285s Pb233320s Pb233324s

○ 丹沢・ミツバ岳~屏風岩山 2013.11.23(土) 晴

 新松田(7:15)=浅瀬入口(8:108:15)-ミツバ岳登山口 (8:45)-ミツバ岳(9:5510:05)-権現山(10:5011:00)-二本杉峠(10:25)-屏風岩山(12:2512:30)-大滝峠上(13:10)-一軒屋避難小屋(12:35)-大滝橋(14:2014:35)

 新松田に向かう電車の窓から、真っ赤に周囲の空を染める日の出を見て今日の好天を確信する。新松田の駅では富士山がきれいに見えて期待がさらに増してきた。バスの出る時間の30分ほど前に着いたのだが、既にバス停には長い列ができていた。増発便が出て少し早めに出られたのでちょっと儲けたなという気がしたが、帰りのバスが心配になってきた。近くあるのだろうか、丹沢湖マラソンに係わる看板が頻繁に出てくる。玄倉でかなりの乗客が降りた。通行止めになっていたユウシンまでの林道が最近開通になり、紅葉がきれいだというのを何かで読んだような記憶がある。それが目当てで来た人たちだろうか。浅瀬入口でバスを下り、トンネルを抜けて少し行くと前方の山の上に富士山が顔を出している。空気はヒンヤリとしている。滝壺橋を渡ってすぐにミツバ岳への登山口を示す標識があったのでそれに従って山道に入る。階段がありその先は急傾斜の斜面にジグザグにつけられた山道を上がるようになる。やがて人工林に入ると傾斜が少し緩んで尾根の上の山道になる。人工林の中の広い尾根の上につけられた踏み跡を、高度を稼ぎながら上がっていく。「水源の森林神奈川県」と書かれた杭や、「神奈川県水源森林づくり契約地」と書かれた看板の前を通る。尾根の北側は人工林だが、南側は広葉樹林で、色づいた葉を着けた木が見られる。北側の人工林が自然林に変わると、一旦傾斜が緩み左側にシカ柵が出てくる。広い尾根をさPb233295s_2らに上がっていくとミツバ岳頂上。頂上から少し南方向に行くと、富士山のビューポイント。青空に映える白い富士山が印象的。遠くからエンジン音が聞こえてくるが、富士スピードウエイだろうか。新松田からスピードウエイ行きのバスが出ていて、多くの乗客が乗って行ったが、レースがあるのかな。山の上まで騒音が聞こえてくるのは、せっかくの静かな雰囲気を壊されて、かなり嫌な気分。ミツマタには早くも蕾が着いていた。富士山の展望をしばらく楽しんでから頂上を後にして権現山に向かう。広い尾根で踏み跡が薄く、マーキングを頼りに尾根の芯を外さないように注意しながら下って行く。正面に権現山が高く見える。スギ林に入り展望が効かなくなったが、登りになると右側が自然林になり下に丹沢湖が見えるようになった。動物の糞があり、クマのものだとやばいなと思って熊鈴を出して、鳴らしながら歩く。急な登りにしばらく喘ぐと権現山からの尾根に合流した。さらにしばらく上がって権現山の頂上に登りつく。2名の先客がいた。自然林に囲まれた静かな雰囲気の頂上。樹間から富士山が見えた。このあたりでは、紅葉よりも枯葉が目立っていて、下にも落ち葉がかなり積もっていた。急傾斜を一気に200mほど下る。下りきった次のピークとのPb233306s
コルに橙色と真っ赤と2色に色づいた、超きれいな紅葉が見られた。反対から来たパーティーの一人が「グラデーションしている。」そうか、そう言えばよいのか、と思わず感心。849のこぶを越えてさらに急傾斜を下って、二本杉峠へ。細い尾根の時折トラロープが張ってある急な登りを踏みしめながら登っていく。急な登りが続き息がはずんでくる。やっと傾斜が緩み、呼吸を整える。しばらく上がって、951のピークへ登りつく。人工林に囲まれて殆んど展望がないが、木の間から檜洞丸が望めた。その後小さなこぶをいくつか越えて、最後緩く上ると屏風岩山の頂上。上空に小さな雲がいくつかできていて時折太陽を隠してしまう。また、風も出て来て寒く感じるようになった。今日は時間が押してきて、帰りのバスの時間が気になるので、東峰はパスして大滝峠に向かって下り始める。かなりの急な傾斜になり変だなと思いながらも下っていくと沢の音が聞こえ始めたので、間違えたことを確信。左側に見える尾根が正解のよう。急な登りを、「山林管理道 立入禁止」と書かれた看板のあるところまで引き返してコンパスで確認すると、屏風岩山から来ると少し左方向に向きを変える尾根が、北に向っていて正解だった。「山林管理道 立入禁止」の看板は、「この先は登山道ではないから入るな。」ということを、暗に教えてくれていたようだ。大滝峠から大滝沢に下る分岐までの登りが辛かった。道を間違えたことで14時台のバスは諦めたのだが、エアリアでコースタイムを確認すると少し急げば間に合いそう。ということで一生懸命歩く。避難小屋の先でリンドウが咲いていてビックリ。もっとも、11月22日の誕生日の花だそうなので、咲いていて当然ですね。大滝橋のバス停には一生懸命歩いたおかげで、余裕で着くことができた。時間があるので記録の整理などをしながらのんびりとしていたら、増発便が来たので慌てて乗った。玄倉ではバスを待っている人たちが長蛇の列を作っていて、車内は通勤時間帯のラッシュ並みに。私のように平日でも山に来られる人は、週末は遠慮すべきかと反省した。

Pb233281s Pb233294s Pb233297s Pb233304s Pb233313s Pb233318s Pb233321s Pb233322s























|

« ネパール通信13-2-7 | トップページ | ネパール通信13-2-8 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信13-2-7 | トップページ | ネパール通信13-2-8 »