« 2014年の初日の出 | トップページ | 沼津アルプス 2014.1.3 »

伊豆・城山~発端丈山 2014.1.2

2014年の初山歩きです。沼津に帰省中に山歩きをしたいなと思い、持ってきた伊豆のエアリアマップの範囲内から物色して、しばらく行っていない、城山~発端丈山のコースを選択した。お目当ては富士山の展望。靄った感じで、ちょっとクリアではなかったが楽しんできました。

P1023556s

○ 伊豆・城山~発端丈山 2014.1.2(木) 晴

 大仁(7:25)-城山登山口(7:45)-尾根(8:20)-城山(8:358:50)-分岐(9:00)-葛城山背面登山口(9:30)-葛城山(10:1010:20)-益山寺分岐(11:05)-発端丈山(11:2512:00)-三津(12:45)

 電車の中から見た富士山は、なんとなくモヤがかかっている感じでクリアでない。大仁の駅を下りると朝日の当たった城山の岩が大きく見える。空の低い位置には雲が見られるが上空は真っ青。強めの風が冷たくて、歩き始める時にフリースを脱ごうと思ったが、脱げなかった。狩野川を渡って田んぼの中の道を岩の壁を目指して進む。子育て地蔵尊の先に「城山登山口 300m」と書かれた標識があった。登山口には、コースの案内地図が書かれた看板が設置されている。登山道は竹林、スギ林の中で風を防いでくれる。しばらく歩いて体が温まってきたので、やっとフリースを脱いだ。30分ほど歩いたところに、「寄って休んでいきなさいよ。」という感じでベンチが置かれていた。やがて尾根にのるとお地蔵さんが置かれていたので、楽しい山歩きを願って手を合わせた。城山の頂上に上がるとまず今日お目当ての富士山が目に入る。その前には沼津アルプスの鷲頭山と大平山、さらに金時山や駒ヶ岳などの箱根の山々。天城の万二郎岳、万三郎岳は逆光でちょっと見づらい。狩野川には太陽が当たって光っている。風は相変わらず吹き続けているが、ここではちょうど風が吹いている方向が樹林帯になっていて、ほとんど感じることはない。大仁への分岐に戻り、葛城山方向に向かう。常緑樹の樹林帯の中の山道で、風をP1023524s 感じないのは良いが、展望が全くなくて単調。「外山の観音様」という石仏の前を通る。「葛城山背面登山口」と書かれた標識が出てきた。姥目樫の自然美林ありとも書かれていたので、それに魅かれて入る。しばらくは急斜面だがしっかりとした踏み跡のつけられた道だったが、やがて道を外れてしまったのか踏み跡が薄くなり獣道かと思われるようになってしまった。とにかく上がっていけば頂上に着くだろうと、木に摑まってやっと体を持ち上げて急な斜面と暫く格闘する。傾斜が緩み、やがて東側の展望が開けて吹き流しや風力計が設置されている草地の斜面に出た。ここからは、きれいな道形となりやがて展望台が出てきた。頂上からの遊歩道になっているようで、しばらく進むと葛城山の頂上に登りついた。頂上にも展望台がありほぼ360度の展望。まずは富士山。その左には南アルプスが見えているが、残念ながら稜線には雲がかかってしまっている。下には、駿河湾の海岸線がきれい。山の上から海が見えるというのはなかなか良い感じだ。発端丈山へは何故か電気柵を越えていく。益山寺への分岐を過ぎ急な斜面にしばらく喘いで発端丈山の頂上へ。ここでも富士山がまず目に入る。前に雲が出てきたが、それはそれでよい感じ。海方向では、大瀬崎の先端が見えている。南アルプスの稜線上の雲は少し取れてきた。休んでいる間に富士山の前の雲が広がって来てやっと左側の稜線が見えるだけになってしまった、風はようやくおさまってきたようだ。頂上から少し下るとそれぞれ長浜、三津と書かれた標識が立つ分岐が出てきた。三津シーパラダイスの前に下りるのはどちらかかなり迷ったが、長浜方向には三津中央、三津方向には三津北とも書かれていたので三津中央の長浜方向を選択した。急な斜面をぐんぐん下っていくと今度は長浜方向と三津中央方向の分岐が出てきた。エアリアマップには三津の地名は出てこない。ここでも迷ったが、三津中央を選んだ。シーパラダイスの少し沼津よりの地点に下り立った。富士山はすっかり雲に覆われてしまった。

P1023540s P1023549s P1023552s

|

« 2014年の初日の出 | トップページ | 沼津アルプス 2014.1.3 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年の初日の出 | トップページ | 沼津アルプス 2014.1.3 »