« 沼津の花 | トップページ | 御坂・黒岳~清八峠 2014.5.10 »

浜石岳 2014.5.4

愛鷹では叶わなかった富士山の展望を期待して、由比の浜石岳を歩いてきました。今回は、期待に違わず富士山や、少し靄ってしまっていたが駿河湾の展望などを楽しむことができました。また、薩埵峠からは安藤広重が浮世絵に残したという、富士山と駿河湾を同時に眺めるという展望を楽しむこともできました。

P5044477s_2

○ 浜石岳 2014.5.4(日) 晴

 由比(6:40)-新幹線(7:00)-浜石岳(9:159:40)-立花池分岐(10:00)-車道(12:00)-薩埵峠 (12:1012:55)-由比(13:40)

 由比駅から見える富士山には少しもやっている感じ。駅前の道を線路に沿って富士の方向(北方向)へしばらく行くと、浜石岳方向を示す大きな標識が出てきたのでそれに従って路地に入る。やがて出てくる新幹線の線路の上を越えてさらに上がるとミカン畑が出てくるが、そP5044470s_2 れと同時に傾斜が急になってきた。まだ実をつけたミカンの木がある。夏みかん?八朔?振り返ると駿河湾の海が見え、水面が太陽の光が当たって光っている。右に大きな富士山が突然見えてびっくり。駅で見た時より、靄がとれたのかクリアーに見えるようになった。道路わきには、ホウチャクソウやシャガが見られる。藤の花びらが落ちているのが見られたが、見上げても花は見つけられなかった。やがて駐車場が出てきて、三本松・浜石岳と記載された標識があったのでそれに従って車道から離れて山道に入る。ヒノキ林の中を上がっていくと、やがて野外センターに出た。センターの敷地を抜けてさらに人工林の中の登山路を上がっていく。クサイチゴが咲いている。しばらく進むと山道は平坦になってしまって登っていかないので、心配しながら進むと浜石岳方面を示す標識が出てきてホッとする。少し行くと但沼コースは道が崩れていて通行を禁止している旨P5044473s の看板が出てきた。頂上に着くと登山コースを示す地図が設置されていたので、確認をすると但沼の集落に下りる登山路がありそれを但沼コースと言っているよう。今日我々が歩く予定のコースと途中までは一緒だが、予定している薩埵峠へ行くのには支障がないようでホッとする。頂上からの展望は素晴らしい。南アルプスの赤石岳、悪沢岳、北岳をはじめとした白峰三山、甲斐駒ヶ岳さらに前衛の笊ヶ岳等。さらにその前には十枚山から真富士山、竜爪山への尾根が横たわっている。愛鷹山や伊豆の山々は靄の中に辛うじて見えている。下には清水港さらに富士から三保の松原などの駿河湾のきれいな海岸線が眺められる。そしてなんといっても富士山が素晴らしい存在感を示している。しばらく展望を楽しんで、頂上を後にする。人工林の中の急傾斜の山道をぐんぐん下っていく。但沼への分岐を過ぎると、高圧線の下を通る。左方向に展望所の標識があったが、もやった駿河湾の展望だろうと思いパスした。この先で小さなこぶを越えると傾斜が緩み、緩やかに下っていくようになる。展望のない山道を時折小さなこぶを越えながら、単調に下っていく。やがて人工林の中のスギ(ヒノキ)の木が何本も倒れているところを通る。さらに下ると竹林の中に入った。モノレールの残骸があったが、タケノコを運ぶためのものだったのだろうか。やがて車道が出てきて横切るところでは、海が真下に見えた。さらに下って、再び車道に出たところからは車道を歩くようになりやがて駐車場のある薩埵峠へ。この時間ではさすがにぼんやりとしてしまっているが、富士山と駿河湾の海岸線を同時に望む景色は素晴らしい。安藤広重がこの場所からの富士山の眺めを浮世絵に残しているそうだ。ここからはミカン畑の中の舗装路を由比駅に向かって下っていく。ミカン畑といっても、実に袋を被せたビワの木が目立っている。車が時折通るが、狭い道なので煩わしい。サクラエビを買って帰りたかったのだが、途中にも駅近くにも売っている店がなかった。ビールも手に入れることができず、お預けになってしまった。

P5044467s P5044471s P5044472s P5044478s P5044483s P5044488s

|

« 沼津の花 | トップページ | 御坂・黒岳~清八峠 2014.5.10 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 沼津の花 | トップページ | 御坂・黒岳~清八峠 2014.5.10 »