« 北イタリア巡りその3 | トップページ | 北イタリア巡りその5 »

北イタリア巡りその4

北イタリア巡りその4は、イタリアの鉄道の話題です。チケットの確保の方法などについてレクチャーしてくれています。 

イタリアの鉄道ネットワークの大部分はトレニタリア (Trenitalia) が運行しています
イタリアの鉄道で日本と違うのはホームページTrenitalia - HomePageで、4か月前から乗車券や指定券を買えるシステムです
買えるのはFrecciarossaFrecciaBianca、インターシティー(Intercity)、インターシティー・プラス(Intercity Plus)、インターシティー夜行(IC Notte)、エキスプレス特急(Espressi)のみです。
その他の準急(Diretto)やローカル線(Regione)はインターネットからのチケット購入は可能ですが一週間前でないと買えません
 ホームページを開くと入力画面が現れ、入力開始

英語画面もありますので出発地と行先、日程、時間を入力すると、購入可能な電車が出てきます
但し出発地等の地名を正確に入力しないと先に進めません。Bologna Bologna Centraleと入力、Venezia Venezia SLuciaと入力しないと受け付けてもらえないのが解るまで半日も掛かってしまいました
いつもは、いい加減なイタリアなのに妙な所が厳格です
支払カードを入力して、チケットがゲット出来ればメールが送られてきますので、画面を印刷して持参すればそのまま何もしないで電車にのれます
電車で車掌さんが廻って来たときに画面印刷した紙を見せればオッケー!
またスマホの画面を見せるだけでも大丈夫でした。
このシステムの面白いのは、早ければ早いほど料金がかなり安く買える事です。その差は目を見張るものがあります。
たとえばベネチア~ボローニャ間を約1時間半で走るFrecciabianca旧エウロスター・イタリアで使用していた高速対応の機関車牽引で運行している客車列車で全席指定、日本の新幹線の様な電車)
4か月前だと正規料金2等車30€が、何と1等車19€で買えてしまうんです!しかも好きな席を選べます(但し画面上の席の番号表示がいい加減なので二人なら横並び席を選んだ方が安全かも?最悪背中合わせになってしまう可能性もあるので要注意です)

FBFrecciabianca フレッチャビアンカ
101

ネットに出ている座席表の進行方向が不明で、出発直前まで1号車が先頭方向なのか、後ろなのかが解りません?(進行方向だと思って選んでも反対方向だったりして)
又ホームで電車を待つ時も発車直前まで、1号車が先頭方向なのか、後ろなのかが解りません
同じホームでもそのたびに変わってしまうのにはビックリです!
イタリア人は進行方向は全然気にしていないみたいですし、予約席でも適当に座っていたりしますので、(この席は私の席です)と強く言わないとダメの様です
201 202

驚くべきことは、何事もノンビリシテいるイタリアなのにネットでチケットを購入した次の日にはカードから料金が引き落とされている事です。何たる早業!
又同じ1等車でも路線によってサービスが違うみたいです。(他の路線は何も出なかった)
フィレンツェ~ボローニャ間は途中で男性2人の車内販売みたいな人がカートで廻ってきて(飲み物は何にしますか?)と聞くので、有料だと思ってNonと言おうとしたら、無料サービスでした。ワイン、ジュース、コーヒー、スナック菓子が貰えます
301 302

 何回も乗り降りしたことが在るボローニャ駅、乗り換えは大丈夫だと思っていたのですが、友人宅のあるクレバルコール行きのローカル線(Regione)の1番ホームが、ボローニャ駅には3か所もあったのです。単なる1番線と、ovest1番線、est1番線,しかも同じ時刻に発車なんて信じられない?何とも解りにくい事この上なし!しかも日曜日夕方には極端に本数が間引かれてしまい、在るはずの時刻の電車が運休です
401 402

又イタリアでは電車が遅れることは当たり前
遅れた場合は、高速、特急電車が優先となるので、準急(Diretto)やローカル線(Regione)は増々遅れていくようです。
ボローニャからベネチア行きの電車のホーム掲示にはすでに5分遅れと出ていました。
この程度の遅れは日常茶飯事
501

イタリア出発の1か月前にネット予約してチケットを取ったのは次の区間です。もっと早く予約出来れば全部、1等車に乗れたかもね?
ボローニャ  →ミラノ              Frecciarossa      2等車  19€
ミラノ     →S Mリグレ          Intercity         1等車  19€
S Mリグレ モンテロッソ       Intercity        1等車   9€
モンテロッソ ピザ              Intercity         2等車   9€
ピザ     フィレンツェ       Diretto           2等車  5.6€
フィレンツェ  →ボローニャ        Frecciarossa      1等車  15€
ボローニャ  ベネチア      Frecciargento     2等車   9€
ベネチア      →ボローニャ        FrecciaBianca     1等車  19€                      

 昨年からはイタリアと言う意味のイタロー(Italo)も走っています
この会社は、フィアットの会長ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロと、トッズのデッラ ヴァッレ社長が共同出資した鉄道会社で車体はフェラーリの赤を使い社内はイタルデザインによるもので、見た目はカッコイイのですが、近くで見ると掃除が行き届かずに汚れていたりもして、やはり日本との違いを感じます
今回は残念ながらイタローには乗りませんでしたが、次回は是非乗ってみたいものです。
601 602

|

« 北イタリア巡りその3 | トップページ | 北イタリア巡りその5 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北イタリア巡りその3 | トップページ | 北イタリア巡りその5 »