« ネパール通信 14-1-2 | トップページ | 北イタリア巡りその20 »

北イタリア巡りその19 ヴィンチ村

ヴィンチ村というのは、レオナルドダビンチが生まれたところだそうです。生家が残っていて、博物館もあるようです。

ヴィンチはフィレンツェから西に25キロのところにあり、天才レオナルド・ダ・ヴィンチの生まれた村として有名で、レオナルド博物館やレオナルドの生家などがあります。
ヴィンチ村のある地域はトスカーナの風景がよく残っている最も美しい地区の一つといわれています。
今回はパオロの車でボローニャからトスカーナへ約2時間
トスカーナ特有の整然と並んだブドウ棚とオリーブ畑が美しく、何百年も変わらない風景を見せてくれます
0101 0102 0103 0104

まず初めにヴィンチ村のレオナルド博物館へ
ダビンチは本当に様々な物を発明しているんですね
0201 0202 0203 0204 0205 0206 0207 0208

鳥の飛ぶ姿からヒントを得て、飛行機の原型を考えたらしい
0301 0302

潜水服まで発明していたのにはビックリです
0401 0402 0403 0404

ダビンチが洗礼を受けた教会がそのまま残っています
0501 0502 0503

ヴィンチ村から少し離れた山の中にダビンチの生家があります
0601 0602 0603 0604 0605 0606

ヴィンチ村からトスカーナ特有の糸杉の丘を少し走ると、小高い丘の上には中世のお城がありました
0701 0702

ここはシェーナ~ローマと続く中世からの巡礼街道だった様です
0801 0802

お城の中庭のレストランでお昼を
トリフ、オリーブ、ポルチーニ、トマトのブリスケス、クルミとカボチャのトルテッリ、猪肉のパスタ等すべて美味です
0901 0902 0903 0904 0905 0906 0907 0908

|

« ネパール通信 14-1-2 | トップページ | 北イタリア巡りその20 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネパール通信 14-1-2 | トップページ | 北イタリア巡りその20 »