« 八重のドクダミ | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2014.6.20 »

北イタリア巡りその16 ベネチアの宿

ベネチアの宿はサン・マルコ広場やリアルト橋から徒歩5分位の便利な場所にあり、サンタ・マリア・フォルモーザ教会のすぐ脇のゴンドラが行き交う運河が見える16世紀の建物を利用したBBです
0101 0102 0103

3階の部屋の窓からは運河を行き交うゴンドラが見えます
0201 0202

16世紀の建物をリノベーションした小さなホテルのスイートルームは部屋も広く、置いてある家具類も骨とう品の様です
お風呂や洗面所は最新式に改装してありますが、一人で泊まったらベネチアのお化けが出そうな雰囲気です
0301 0302 0303 0304 0305 0306 0307

朝食は部屋付のダイニングルームで頂けるとの事でしたが、翌朝に問題発生です!朝食は8時にお部屋に用意してくれるとの事でしたが、9時過ぎてもホテルの人の気配無し
電話しても誰もでないのでフロント迄見に行ってみたのですが、誰も居ません
仕方がないのでホテルを予約したサイトの日本ブッキングコムに電話をしている間にホテルの人がSorry,Sorry,Sleeping)と言いながらやって来ました、何と1時間半の遅刻です
イタリアの小さなホテルや、BBでは珍しい事ではないそうですが、日本では在り得ないことです!
日本ブッキングコムの話では、この様な事はイタリアではよくある事で、いくら改善するように言っても治らないとの事
イタリアらしいと言えばイタリアらしい出来事でした
日曜日の午前中には、ホテルの直ぐ近くのサンタ・マリア・フォルモーザ教会で、子供達の洗礼式(日本の七五三の様なもの)が行われてました
イタリアらしく家族一同勢揃いで教会前の広場は賑やか
0401 0402

|

« 八重のドクダミ | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2014.6.20 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八重のドクダミ | トップページ | 東高根森林公園(ポタリング) 2014.6.20 »