« 北イタリア巡りその4 | トップページ | 北イタリア巡りその6 »

北イタリア巡りその5

北イタリア巡りその5は、haruさんがミラノで宿泊したホテルの紹介です。

ボローニャからミラノ中央駅へは電車FRECCIAROSSA1時間で到着です
予約してあるホテルへ地下鉄で移動。ホテルはレオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」で有名なサンタ・マリア・デッレ・グラーツィエ教会のすぐ近くのマジェンタ通りにあります。
16番トラムが走っている大通りの扉を空けた中庭の先にホテルの入り口がありました。
ホテル「アンティーカ・ロカンダ・レオナルド」は、1800年代建造のアンテークな建物の中にあり 、落ち着いた洗練された雰囲気のある小さなホテルです
外からは想像できない広がりと素敵な空間、ミラノではこのホテルに3泊と中央駅前のホテルに1泊しました
0101 0102

大通りを一歩中に入ると、中は静かな別世界です
0201 0202 0203

案内に出てきたホテルのイタリア人は日本語ペラペラでビックリ!
ホテルオーナーの奥様が日本人で、ホテル内部は、細やかな心使いで快適な空間を生み出しているプチホテルです。お部屋のベランダからの眺めは緑が綺麗で、庭先には高級住宅街の家々が望めます。
ミラノで宿泊するならこのホテルがお勧めです
0301 0302

ブラジルから来ていたお客さんと、片言の英語でワールドカップの話をしました
0401

ミラノ最終日は翌日のリビエラ海岸への電車出発が810分なので、ミラノ中央駅の側にある近代的なホテルに宿泊しました
0501 0502

花がモチーフのウォールアートを取り入れたモダンな内装これが一枚の壁紙だなんて!
すがにデザインの国イタリア! 日本に持って帰りたいです
0601_2 0602

|

« 北イタリア巡りその4 | トップページ | 北イタリア巡りその6 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北イタリア巡りその4 | トップページ | 北イタリア巡りその6 »