« 三国山 2014.6.15 | トップページ | 北イタリア巡りその15 »

北イタリア巡りその14

今回は、ムラーノ島、ブラーノ島の話題です。

ルネッサンスの時代からベネチアングラスの島として有名なムラーノ島へは本島からウアポレットに乗って移動します
20年ほど前にこの島で買ったベネチアングラスのお店は当時と変わらずにそのままありました
その時には思い切って高価なベネチアングラスを買ったのですが、フィレンチェで車上荒らしの泥棒にワインと一緒に盗まれてしまった事を懐かしく思い出しました
0101 0102 0103 0104 0105 0106 0107

更にウアポレットに乗ってレース編みとカラフルな家並みで知られるブラーノ島へ
ブラーノ島は緑、赤、ピンク、青、紫、黄色等の様々な家並みで、まるで絵本の世界です
カラフルな家並みは、その昔漁に出た漁師が霧の中でも自分の家を見分けられるように鮮やかに塗られたのが始めと言われています
その色使いは日本人の思い浮かばない世界?
本島とは又違った世界です
0201 0202 0203 0204 0205 0206 0207 0208 0209 0210
0211

|

« 三国山 2014.6.15 | トップページ | 北イタリア巡りその15 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三国山 2014.6.15 | トップページ | 北イタリア巡りその15 »